運営者紹介とFX侍の思い

FX侍です、こんにちわ。
当たり前ですが仮名です(笑)

愛知県在住の30代後半。
やんちゃながら可愛い2歳半の息子と嫁さんと楽しく暮らしています。

独身時代は建築の設計事務所で働いていましたが、毎日遅くまで働いてるのに給料はさほどという業界です。
定時って何ナノ?ていじ?じょうじ?何て読むの?美味しいの?って感じ。

土日の休日出勤は別に普通でしたし、日付が変わった頃に会社を出る事も珍しくありませんでした。

このまま設計業界にいたら、結婚して子供ができても明るい未来が描けそうにないと感じていました。
子供と週末は遊びたいし、小さい頃こそ一緒に過ごす時間を沢山持ちたいと思っていたので。

「仮に会社務めを続けるにしても、会社に頼らずに自分で稼げる力も必要だ」と思い、何かないか?と探した結果、株式投資に辿り着いたのが2006年頃です。

会社の先輩で株をやっている人がいて、飲み会の時に30万円の利益が乗った携帯画像を見せられて衝撃を受けました。

まだ当時はスマホじゃなかったので、小さな携帯の画像でしたがインパクトは十分でした。
(後から聞いた話では、その先輩は勝った時だけ自慢をするとの事でしたが)

すぐに株初心者向けの本を買って読み込みましたが、株を始めるには何十万円という種銭が必要です。

私が最初に投資を検討した際に購入したザイの株入門の本

薄給の私がその元金を用意するにはどれだけ先になるんだろう…?と、暗い現実と向き合ってみると徐々にモチベーションは下がっていき、ただ株の本を買っただけで終わりました。

その後、夜はカフェをやりながら昼間はホームページ作成でお金を稼いでいる3歳年上の知り合いと出会い、これまた衝撃を受けました。

それまでインターネットなんて大人の動画を見るぐらいの用途でした(笑)
しかしネットには大きな可能性があるのを感じてワクワクしたのを覚えています。

その後は私もネットで稼ぐ力を身に付けたいと思い、仕事から帰ってきてから明け方までホームページ作成の勉強。
そんな睡眠時間を削った生活を2年ほど続け、思い切って会社を辞めました。

それが今から10年ほど前の話です。

現在でもホームページ作成は続けており、そのスキルを活かしてこのブログを更新しています。

富裕層のSさん経由で株と再開

実はFXに出会う前、2017年に半年ほど株式投資をしていました。
ある程度の種銭ができたのと、知り合いのSさんが仲間内に株を教えてくれるというのがきっかけです。

このSさん、私がこれまで出会った人で最上級に凄い人です。
ホームページ関連の飲み会で出会って以来、偉い人なのにフランクに付き合って頂けるので本当に感謝です。

Sさんはこれまで経験した複数の仕事で必ず結果を残しており、とある業界では日本でトップ5(もしかしたらナンバーワンかも)に入るほど。

「天才じゃないから昔ながらの根性論で努力しただけ」と本人は言っていますが、何をやっても人並みの何倍もの成果を残す凄い人です。

当然ながら株でも結果を出しており、1日で3000万円以上も稼いだのを目の当たりにしました。

そのSさんに株を教わって、半年ほど株のトレードをしていました。
何もわからない状態でスタートし、Sさんから聞いた銘柄で1日20万円ほど稼げた事もありました。
(当時資金が入って賑わっていたゲーム株銘柄でストップ高を取れました)

ライブスター証券のキャプチャ。44万円以上の利益が乗っている日の記念画像

しかし株で難しいのは、素人に毛が生えたような仕手筋が相場を動かす事が多々ある点です。

効率的に資産を増やしていこうとすると、値動きの大きな銘柄に手を出す必要があります。
そう言った銘柄はtwitterで影響力のある人の発言によって、突如として上にも下にも大きく値段が動きます。

本来は金融庁が不正に株価を操作する行為を取り締まるんですが、twitterは無法地帯と言っていい状態。

株で儲かっている雰囲気を出してフォロワーを増やして、後は同類の仲間うちで情報統制をすれば準備OK。
予め買い集めた銘柄情報をフォロワー(信者)に流して、信者の買い注文に自分の売り注文をぶつれば儲かる。

一度でもこんな簡単に稼げる事を知ってしまえば、人間だから癖になります。

このtwitterが株の厄介なところです。

数千万~数億円の資金があれば、時価総額が低い銘柄の株価ならある程度動かせてしまうんです。
しかもそういった銘柄は、短期で稼ごうとしている個人投資家に人気の銘柄なので、ご多分に漏れず私も被害を受けました(笑)

そんな株の世界で半年ほどトレードをしていましたが、Sさんが株よりも資金が効率的に増やせるFXに転向してしまったんです。

で、そのSさん。
FXでも直ぐに資金を何倍にも増やす事に成功し、飛躍的なスピードでスキルアップしていきました。

お気づきでしょうが、私が株を辞めてFX侍に転向したのはSさんがきっかけです(笑)

FXを始めて1ヶ月後。1週間で100pips獲得を達成

FX侍として生まれ変わったのが2018年3月。
Sさんが内輪だけで主催するFX塾がきっかけです。

自分が学んだ事を仲間に伝えてくれるのがSさんのライフワークのようになっていて、みんなの先生的な存在です。

塾では『毎日20pips、1週間で100pips獲得』が目標。

Sさんは1週間で764pips、278pips、400pips、721pipsと桁違いの数字を叩き出していました。

最初は「それぐらい行けるでしょ!」と思い毎日トレードしていましたが、まぁそりゃ酷い結果が出てきました。
3日目に-239pipsの損失を出して、最初の2週間で-491pipsの損失(笑)

しかし私が損失を出す間、EA(自動売買プログラム)が損失をカバーしてくれていました。

裁量トレードで負けてもEAが損失を補填してくれている様子が分かるターミナルの画像

裁量の負けをカバーするためにEAを回しておくのも塾の肝でした。

最初は小さめのロットで裁量をしていますが、それでも負け続ければ資金は減ります。
それを気にするとトレードに影響するので、EAで負けを補填してくれるのは精神的にもプラスでした。

塾でみっちり様々な手法を教わり、徐々に裁量でも勝てるようになり、目標の1つであった「1週間で100pips」も達成できました。※月~金曜まで毎日20pipsは達成できませんでしたが…

ちなみに1週間で100pips達成したのは、FXを初めてから1ヶ月でした。
あ、EA込みではなく裁量だけで100pipsですよ。

Sさんが最初にしっかりした内容を教えてくれたので、FXを始めて1ヶ月のペーペーでも週間100pipsを達成できたんですね。

塾終了後もSさんやFX仲間で情報交換しながら、楽しくトレードをしています。

チャンスの神様を見送る人が多い

投資の世界で儲けられるのは1割、などと世間では言います。
勝てない人の大半は独学で始めて、荒波に揉まれてひっそり引退するパターンです。

FX侍が幸運だったのは、Sさんという存在がいたから。

よくネットで「師匠との出会いが私の人生を変えた!」なんて話を見かけますが、FX侍もそれと同類でしょうね。

あ。ただ、勘違いしないで下さいね。
FX侍はそういった怪しい話をしたい訳ではないという事。

多くの人は気付いていないだけなんです。
意外と師匠となり得る人と出会っていても、それがチャンスだと気付かないだけ。

チャンスの神様は前髪しかない、って言いますからね。

別にFXに限った話をしているんじゃないですよ。

自分に無いモノを持っている人と出会う事って多いはずです。
そこに自分のアンテナが反応するか否かだけの違い。

人生を少しでも良い方向に変えるチャンスはゴロゴロ転がっているけど、それに気付かないで見逃している事が多いはず。

Sさんと関わった人の多くは、大なり小なり人生に影響を受けています。
その理由は、会えば分かりやすく自分のアンテナが反応するから。

FX侍は自分のアンテナが反応したから、SさんのFX塾に入る選択をしただけです。

その選択が間違っていなかったので、FXで利益を出すことができ、よりFXの世界を知ろうと思った次第です。

別にFX侍はあなたの師匠になりたい訳ではありません。
責任は負いたくないので(笑)

これまで学んだFXの手法や勉強の成果をブログに書き綴っていくだけです。

目的は「周りの友達」と「チャンスを感じられる人」の為です。

これから先、日本の景気が悪くなる条件が出揃ってきています。
GDPの数字も芳しくないですし、人口減少を迎える中で外国人労働者の受け入れ法案が可決され、消費増税がほぼ決定事項となっています。

折角景気が上向きかけたのに、賃金アップを嫌う経団連のおかげで恐らく日本人の所得は増えないし、財務省が大好きな増税で日本人の生活は苦しくなっていきます。

FX侍の周りでもお金に困る友達が、近い将来出てくると思っています。
そうなった時に「FX侍のブログを読んでみて、やるなら教えてあげるよ」と言えるのが1つの目的。

そしてFX侍のように人生をより良くする方法としてFXを選択した人、しかもブログに訪れてきた人。

こんな人を特別扱いをしない理由がありません。
わざわざ貴重な時間を使ってブログを見てくれるんですからね、これも縁です。

ブログ読者さんにチャンスを感じて貰うのも目的なので、勝って欲しいから情報発信をする。
それ以外の人はどーでもいい。

FXという選択は間違ってなかった!と思ってくれれば、同じくFXを選んだ私としても嬉しいです。

同じ目標を持つ者同士は仲間ですから。

2018.12.10 FX侍

この記事も読まれています

    PAGE TOP