15日間で資金が2倍になった口座で意識したポイント

15日間で資金が2倍になったトレード戦略

FX侍です、こんにちは。

今回は15日間で資金が2倍になった口座が出てきたので、何をやって増やしたのかを軽くシェアします。

しばらく使ってなかった口座に10/21に資金を入れて、今日で2倍を達成しました。

下記が取引履歴の詳細レポートで出てくるグラフ部分です。
(※金額部分は消してます)

資金2倍になった口座

PF(Profit Factor):11.92
勝率(Profit Trades):90.48%
トレード回数(Total Trades):21

ざっくりこんな結果ですが、21回のトレードで倍になってるので、そこそこハイレバだったのがバレますねw

「ハイレバなら資金が直ぐに倍になるんだ!」って勘違いしないで下さいね。
そういう捉え方だと、恐らく資金が無くなりますので(*´Д`)

どういう考えでトレードして、何を意識して勝率90%を出したのか、という部分を掴んで下さい。

15日間で資金を倍にした口座のトレード戦略

どーせブログに公開してない飛び道具を使ったんだろ(-_-メ)

21回のトレードで資金が倍になったのを見ると、特別なテクニカルを使ったんじゃないかと思いますよね。

でも答えはNoです。

このブログで全て公開しているテクニカルを使った結果ですよ。

トレードスタイルとしては、5分足15分足を使うスキャルピングで、獲得pipsは10~20ぐらいが多いです。
(テクニカル的な反発ポイントにTPを置いて、結果的に50pips取れたというトレードもありますが)

なるべく短い保有時間で10~20pipsを狙うスタイルです。

通貨ペアはドル円2割、ポンド系2割、ゴールド4割、その他2割って感じです。
テクニカル的には、Sindyが3割、FX侍テンプレートが5割、完全な裁量が2割ぐらいでしょうか。
基本はトレンドフォローですが、3~4割ぐらいは逆張りでの反発を取っています。

適当な値ごろ感での逆張りはサクッと焼かれますが、反発ポイントが分かれば10pips程度を取るのはそこまで難しくありません。

反発ポイントはエントリーに用いるだけでなく、利確にもフル活用しています。

下記のように短時間でサクッと20pips取って利確。
反発ポイントからの下落に付き合わずに、利益を確保した上で次のチャンスを待つのが効率的です。

▼ゴールド5分足でのスキャルピングの考え方(クリックで拡大します)
スキャルピングの考え方

数時間保有する前提のデイトレードなら大きな波を狙いますが、サクサク利益を積み重ねていくスキャルピングでは、上記チャートの黄色い反発ポイントの間を取れればOKです。

とにかく負けにくい場所で利益を積み重ねていくのを意識しました。

半分利確して残りを引っ張る方法も全然アリですが、双子と4歳児の世話で時間があまり取れないので、現状はこのスタイルが合ってるという理由もあります。

トレードで重要な2つのポイント

トレードで重要なのは、資金管理を除けば下記の2つです。

1.方向性(=トレンド)を把握する
2.反発ポイントを知る

トレンドが上なら、下落からの反発(=押し目買い)を狙って、次の反発ポイントまでを取るだけです。

その方法はブログでも様々な参考例を挙げて解説していますが、やっぱり最も反発ポイントが分かりやすいのはFX侍テンプレートです。

先程のゴールドのチャートでの反発ポイントも、FX侍テンプレートのテクニカルですので。

アメリカ大統領選で荒れた相場でも、要所要所でテクニカルが機能していたので、我ながら流石や~んと感じました(*´ω`*)

テンプレートの詳細は下記を参考にどうぞ。

ハイレバについて

基本的にハイレバは破綻への第一歩なのでお勧めはしません。

ハイレバで含み損の金額に躊躇して損切りができず、意味不明なナンピンをし始める人は確実に破綻します。

また、不幸にもハイレバで勝って証拠金が一気に増えてしまった人は、その感覚が忘れられずロットを落とせなくなる傾向があります。

トレードに応じたロットコントロールもできない人がハイレバに染まるのは危険なので止めましょう。

ギャンブル的な感覚で無くなってもいいお金でやる分にはいいですけどね。

破綻するのは個人の自由なので別にいいんですが、しっかりとしたトレード技術を身に付けたいなら適当なハイレバは厳禁です。

 

そう言いながら、お前さん。ハイレバで倍にしたんだろ?

 

それはその通りw

しかし倍にした口座はメイン口座ではありませんし、実験的なチャレンジ要素もあってハイレバでやっただけ。
双子が生まれて車が手狭になったので、買い替え資金を稼ぐチャレンジをしてましたw

もちろん最悪ゼロになってもいいと割り切った上でです。

言うまでもないですが、自分の勝率やパフォーマンスをある程度は把握した上でのチャレンジですよ。

反発確率が高い場所でデイトレよりも大きなロットで攻めた結果、15日間で資金が倍になっただけです。

まとめ

トレードスタイルは人それぞれなので、FX侍のようにスキャルピングをやれ!という事ではありません。

今回お伝えしたかったのは『反発ポイントを抑えたトレードをすれば着実に資金は増える』という点です。
(※反発ポイントとはサポレジとも言い換えられます)

このブログに答えは書いてあるので、しっかり読んで頂ければと思います。

秘密のテクニカルを使って、口座資金を倍にした訳ではありませんので。

断片的な情報を組み立てるのが苦手な方は、FX侍テンプレートの使用をお勧めします。

 
PDFマニュアルと解説動画で、基礎的な使い方とテクニカルの見方は学べます。

 

あ…
そう言えば、テンプレートのテクニカルでブログには書いてないものが1つありましたw

ま、それは利用者様の特権ということで(・∀・)

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 騙しの少ない最強の時間足である日足の転換点を使うトレード手法
  2. Slope Direction Lineを使うかんたんトレンドフォロー手法
  3. TMAバンドを使った押し目買い・戻り売りトレード手法
  4. bollitoucherを使った簡単ブレイクアウト手法
  5. ロールリバーサルの優位性を利用した高勝率な逆張りエントリー事例

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP