FX侍独自開発のインジケーターまとめ

FX侍です、こんにちわ。

当ページでは、FX侍が開発したオリジナルインジケーターを紹介します。

FX侍オリジナルインジケーターまとめ

いずれも自分のトレードで使うために作ったものなので、机上の空論ではなく実際のトレード現場で使えるものになっています。

まぁ探せば似たようなインジはあるかもしれませんが、面倒なので自分で作ったというのもありますw

下記にオリジナルインジケーターの使用方法なども載せた記事のリンクを貼っておくので、是非トレードにお役立て下さい。

Sindy

500億円以上を運用する大手ファンドのトレード手法がロジックとなっている15分足専用サインツール。
サインの勝率を高めるインジケーターや詳細なマニュアルも配布しているので、裁量のスキルアップにも。
バージョンアップでメール配信機能も搭載したので、スマホにサイン通知を飛ばせます。

FX侍テンプレート

FXテンプレートご利用者様の中で条件を満たした方へ、秘密のオリジナルインジケーターを配布しています。
(※現状は5種類のインジケーターを配布していますが、これは恐らく公に無料配布はしない予定です)

MA-CrossAlert-Trend

トレンドフィルターを加えた移動平均線のクロスでサイン表示・アラート通知をしてくれます。
通常の移動平均線のクロスではなく、トレンド判別フィルター用の移動平均線を加えたのが特徴。
設定次第でサインの場所が大きく変わるので、使い込むほど味が出るインジケーターですw

3TF-Bollitouch-Alert(5分足用・数量限定)

マルチタイムフレームのボリンジャーバンド(5分・15分・60分)にタッチでアラートを鳴らします。
デフォルトは±2σタッチでドット状のサインを表示しますが、ボリバンの期間・偏差は変更可能。
ボリバンは逆張りのイメージが強い人もいると思いますが、順張りにも逆張りにも利用可能です。

BB-text

指定したボリンジャーバンドの幅を数値化して画面左下にpipsで表示します。
ボリバンの幅だけじゃなく、ミドルラインまでの距離も表示してるのがポイントです。
地味だけどボリバンを使う人には便利なインジケーターです。

Yesterday-OHLC(数量限定)

前日の四本値(OHLC)と始値と終値の50%の位置にラインを引くインジケーターです。
シンプルですがサポレジとして機能するので、結構トレードに役立ちます。
各線の表示はON/OFFできるので、前日の高値安値だけを表示することも可能。

200sma-kairi

どの時間足でも意識されるSMA200からの乖離幅(15分・30分・1時間・4時間・日足)をpipsで表示。
環境認識だけでなく、サポレジとして機能するので反発狙いのトレードにも使えます。
乖離幅の対象となる移動平均線の期間・種類は変更可能です。

BB-island

ボリバンのアイランドリバーサルを検知してサインとアラートで通知。
多くのトレーダーが利確の目安としているので、ポジション決済サインとして有用です。
ノーポジの時には大局のトレンドに沿った短期逆張りとして使えます。

MTF-RSI-text

5分足〜日足までのRSIの数値を画面右上にテキスト表示。
RSIの買われ過ぎ・売られ過ぎとして広く認知される30以下・70以上になると赤文字で表示します。
特に長期足になる程RSIは意識されるので、環境認識のお供に使えます。

この記事も読まれています

    Youtubeチャンネル
    PAGE TOP