FX侍の独自開発サイン「Sindy」を限定公開

FX侍の独自サインツール「Sindy」の解説と入手方法

FX侍です、こん◯◯は。

いよいよFX侍の独自開発サインツール「Sindy」を公開します。

500億円以上を運用する大手ファンドのトレード手法がロジックとなっているので、ぶっちゃけ勝てます。
1日20pipsぐらいを取るハードルは相当下がるかと。

twitterには掲載しましたが、Sindy公開前の1月31日はサインで244pips獲得しました。
1月31日のSindyでのトレード結果

上記の結果は、Sindyのサインに裁量目線の利確判断を加えております。

その裁量が難しいんだよ!ヽ(`ε´*)ノ ブーブー!!

という声も聞こえますが、ご安心を(笑)

ほぼロジカルに対応できるような裁量ルールも用意してありますので。
つまり、簡単な方法で利益を伸ばせるような仕組みは整ってます。

 

ちなみに、トレンドが弱くSindyでは大きく取れない日はこんな感じです。
2月10日のSindyでのトレード結果
サインを見送った通貨ペア、サインが出た時にチャートの前にいなかった等の事情もあって、全サインでエントリーしている訳ではありません。

獲得pips数はもう面倒なので数えてませんw

上記は、値動きを見て「今日はあんまり伸びないな…」と思ったので、手堅く利確した1日の結果です。

うっかりしていて余計な損切りもありますが^^;
間違えエントリーや不要な損切りがなければ20万円ほどの利益ですね。

 

全てではありませんがその他のトレード結果は、時間がある時はtwitterに掲載しています。
twitterに掲載したSindyのトレード履歴の一例

…我ながら、結構勝ってます(*´ω`*)

そもそもSindyは「難しくない」というコンセプトが名前の由来。

sin=スペイン語でwithout(~が無い)
dy=difficult(難しい)

Sindyはこの2つの単語を組み合わせた造語で、労力対効果が非常に高い優れものです。

誤解を恐れずに言えば、簡単に勝てちゃう代物です。

Twitterでも嬉しいご報告を頂いております。
ほぼ無裁量で1週間で資金を4倍に増やしたという猛者もいますw

Twitterで頂いたご感想

別に毎日100pipsを取る必要はなく、手堅い所をコツコツ取って積み上げていけば、この方のように十分に利益は増えていきます。

Sindyの概要

Sindyは15分足専用のトレンドフォロー型の王道サインツールです。

1時間足でトレンドを判断し、15分足の方向性が合致した時のみエントリーサインが出る仕様です。
Sindyのロジックイメージ

Sindyは「難しくない」をコンセプトにしているので、表示するサインも3種類でシンプルです。
Sindyで表示されるサイン

白い矢印  :エントリーサイン
黄色のバツ印:決済(目安)サイン
黄色のドット:内緒w

決済サインでの利確もアリですが、『裁量判断で利益を引っ張る方法』もマニュアル化しています。
ごっそり利益を取る快感に浸って頂けたらと思います( ´∀`)

エントリーサインが表示されるのは、毎時00分、15分、30分、45分です。
15分足の確定時に1本前の足にサインが出る仕様なので、基本的には確定サインはリペイント(※)はしません。

※リペイントとは?
サインが出た後に消えたり、位置が変わったりする現象。
リペイントが必ずしも悪ではありませんが、使いこなすハードルが上がるのは事実です。

Sindyのエントリーサインの特徴
※レアケースとして、値幅が狭いレンジで●時12分など、中途半端な時間にエントリーサインが出たり消えたりする現象を確認しました。

 

Sindyの弱みと強み

優秀なサインツール「Sindy」にも弱点は当然あります。

裁量でも同じですが、トレンドフォローの弱点は以下の通り。

・トレンドが出ない(レンジ相場)
・トレンド転換する局面

まずはトレンドが出ないレンジ相場の例を。

下記はオージーニュージー。
レンジで損切りにならないケースでも、利益が伸びずに微益撤退という結果になる事が多いです。
レンジ相場でのSindyのサイン

次はトレンド転換する局面の例を。

下記はドル円の110円付近の天井圏。
損切りや同値(又は微益)撤退となりやすい局面です。
ドル円の天井圏でのSindyのサイン

こうしたレンジ相場やトレンド転換局面では、流石のSindyでも勝てません。

ま…トレンド転換時は裁量でも負けやすいですし、勝率100%はあり得ないので割り切るしかありません。

トレンドの終焉を見極める目安や見送るサインの判断事例はマニュアル化しているので、ある程度の裁量判断は誰でもできる仕組みとなっています。

 

1つの通貨ペアで負けたとしても、他の通貨ペアで勝って、大きくプラスで終わる事も多々あります。
また、負け越した翌日にしっかり取り返して、結果的にプラスで終わる事もありました。

日計りで負ける事はあっても、1ヶ月トータルで負けることは無いでしょうね。

重要なのは、負けは負けと認めて経費を払って、勝てる時に大きく取る事。

要するに損小利大って事ですね。

利益を大きくする方法は、既にマニュアル化してあるので、裁量目線に自信がない方でも問題ありません。

トレンドが出た時にガッポリ取れるのがSindyの最大の強みです。

下記はポンドドルの15分足。
ポンドドルでのSindyの結果

エントリーサインは全18回。
勝率は78%(負け4回、勝ち14回)となります。

ツール通りの成績では約200pipsのプラスとなります。

この結果だけでもサインツールとして優秀ですが、更に裁量を加えると約390pipsの上乗せが可能です。

・サインツールとしても優秀なSindy
・開発者であるFX侍の裁量テクニック

この2つを掛け合わせることで、Sindyでの利益をグッと伸ばせるのがミソです。

こちらはポンドオージー。
ポンドオージーでのSindyの結果

サイン通りでの利確でも十分に勝てていますが、裁量を追加することで大きく利益が伸びているのがお分かり頂けると思います。
ちなみにこの裁量の利確方法も非常にシンプルで、マニュアル化済みです。

 

そして裁量での利確が結果的に天井圏での利確となるケースもあります。

こちらは1/29のドルスイスフランのトレード結果。
1/29ドルスイスで決済した場所と結果

こちらは1/29のNYダウのトレード結果。
1/29NYダウで決済した場所と結果

どちらも根拠のある場所で利確をした結果、天井圏だったという事例です。

こうした裁量にも活きるノウハウが知れるのも、Sindyを使うメリットですね。

事実、利用者様からも「裁量トレードも上手くいくようになった」という感想も頂いております。
これは裁量目線で必要不可欠なインジケーターを活用した影響かなと。

勝率は裁量判断が苦手な方で7割程度。
裁量判断がしっかりできる方で8割以上という感覚です。

Sindyの入手方法

冒頭でも述べたように、Sindyのロジックは500億円以上を運用する大手ファンドのトレード手法が元となっています。

言うまでもありませんが…
それなりの開発費用が掛かっており、販売するとま~ま~の金額になってしまいます。

それを無料でお使い頂くために、以下の条件を満たした方へ配布致します。

1.XM Tradingでの新規口座開設(※スタンダード口座が対象となります)

・XM口座を作るのが初めての方
上記バナー画像をクリック後、口座開設をして下さい。

・既にXMに口座をお持ちの方
下記リンクから会員ページにログイン後、追加口座を作成して下さい。
→ XM会員ページにログイン後に追加口座を作成
XMでは合計8つの口座を作成できます

 

2.開設した口座で1ロット以上の取引を行う
XMで新規口座(又は追加口座)を開設後、入金をして1ロット(10万通貨)以上の取引を行って下さい。

なお、エントリーから決済が5分以下の取引の場合、こちらで取引の実態を確認することができません。
1ロットの取引完了が確認できない場合、Sindyをお渡しできませんのでご注意下さい。

以上の条件を満たした方は、以下のリンクからSindyを申請して下さい。

→ Sindyの申請フォームへ

※注意点※
口座開設ボーナスだけを利用したトレードは、配布対象外となりますのでご了承下さい。
また5分以内の決済する取引の場合、こちらでトレードの実態確認ができず、正常に1lotがカウントできませんのでご注意下さい。
 
最近こちらからの返信メールが、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースが多々あります。
お手数ですが申請後は、迷惑メールフォルダの確認もお願い致します。

1ロットの取引条件が自分にはハードルが高い…という方は、下記の参考にどうぞ。
リスクを極限まで抑えたトレードで1ロットが達成できます。

 

使用期限について

Sindyを費用負担ゼロでお使い頂く為、また、不正流出防止の為に2つの制限を組み込んでおります。

・使える口座は1つのみ(口座番号を認証致します)
・使える期限は1ヶ月(1ヶ月毎の利用延長)

最初にお渡しするSindyには、『1ヶ月間の使用期限』が設けてあります。

その期間中に申請して頂いた口座で1ロット以上の取引をされた方のみ、1ヶ月の使用期限を延長したSindyを配布致します。

Sindyの利用イメージ

要するに…
月額課金の費用を、お金ではなく「トレード」で支払って頂くという仕組みです。

これによって費用負担ゼロで、高勝率なSindyをお使い頂けます。

Sindyが必要だと感じた方は、1ヶ月の間に1ロットを取引して「延長申請」をして頂くだけ。
逆にSindyが不要だと思った方は、何もしなければ期限切れとなって使えなくなるだけです。

Sindyを使う前に代金を払う必要はありませんし、Sindyに満足できなかった場合に「変なツール買っちゃった(T_T)」という悔しい思いをすることもありません。

配布物の内容

Sindyをフル活用して頂くため、PDFマニュアルと解説動画をご用意致しました。

配布物の内容
・1ヶ月の使用期限を設けたSindy(インジケーター)
・利益を伸ばすテクニカルを追加したテンプレート
・秘密のインジケーター紹介記事の閲覧パスワード(→こちらの記事です
・解説PDFマニュアル
・動画マニュアル

マニュアルには「あるテクニカルを用いて利益を伸ばす方法」「見送るべきサインの判断方法」について詳細に解説しています。

更に秘密のインジケーターを使えば、瞬時にサインの優位性が分かるようになっています。

また、見送ったサインが結果的に伸びて取り逃がした…という際の対処法についてもお伝えしています。
こちらは裁量トレードとなりますが、マニュアルを見れば簡単に取れるはずです。

監視する通貨ペア数にもよりますが、Sindyのサインが出ずに1日が終わる事はまずありません。

チャンスは毎日やって来ます。

無理して全サインでエントリーする必要はありませんし、トレンドが伸びる日にガッポリ取ればOKです。

Sindyに関するQandA

Q.FX初心者でも使えますか?
A.サインツール自体はシンプルなので、特に難しくはありません。裁量判断についてはマニュアルに掲載した内容を理解すれば特に問題は無いと思います。
また、追加で配布した秘密のインジケーターを使えば、簡単にサインの取捨選択ができるようになっています。

Q.推奨通貨ペアはありますか?
A.基本的には通貨ペアは問いません。しかしボラティリティが小さくレンジになっている通貨ペアはお勧めしません。

Q.XM以外の口座を解説したいのですが。
A.今の所はXMのみを対象として考えております。(状況を見ながら変更する可能性はあります)

Q.現在FX侍テンプレートでXMを使っていますが、新たに口座を作る必要がありますか?
A.FX侍テンプレートとは別管理となるので、追加口座をお作り頂けますと幸いです。(XMは8個まで口座を作れます)

Q.サインは通知されますか?
A.MT4のポップアップでアラートが鳴りますし、メール送信機能を使ってスマホにサイン通知を送ることも可能です。

Q.MT5に対応していますか?
A.MT4専用のインジケーターとなります。

 

Sindyはサインツール単体でも優秀ですが、FX侍による裁量手法を加えることで、トレンドが出た際には化け物級のpipsを獲得できるポテンシャルを発揮します。

ロジック自体はシンプルですが、500億円以上を運用する大手ファンドが用いる手法を組み込んでいます。

当然100%の勝率はあり得ないので、負ける日もあります。

しかし「勝てる日に大きく勝ち越して、結果的にプラスで終わる」

まずは1週間続けて使ってみることで、FX侍が言ってる事が実感として伝わると思います。

Sindyを使って稼いで頂ければ、開発者として幸いです。

↑ Sindyの入手方法を再度チェックする(該当部分にジャンプします)

 

このインジケーター配布は金融商品取引法29条が規定する投資助言・代理業には該当しません。
インジケーターを使用したトレードによる利益・損失ともに、全て自己責任にてお願い致します。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 7/14~27のSindyサインを公開
  2. FX歴1ヶ月少々の素人が資金を2割アップさせた裏側
  3. Sindy+秘密のインジケーター
  4. Sindyユーザー限定!裁量スキルアップ動画公開

コメント

  • コメント (21)

  • トラックバックは利用できません。

  1. 初めてご連絡差し上げます、中村と申します。
    今回のSindyを使ってみようと思います。今まで5年近くFXをやったり、日経225をやったりですが、全く利益になりません。
    このままでは時間がたっていくだけ、またお金をXMへ入金して毎回減っていく、そしてまた入金して減っていくだけという悲しい状況の毎日です。
    今後FX侍様の作られたSindyを使って、毎日僅かずつでも増やしていかれればこれこそありがたいことだと考えています。

    そこで質問ですが、XMはいつも使っているので問題はないです。
    毎月1ロットの件ですが、毎月まとめて1ロット以上使うということではいけませんでしょうか?
    例えば0.2ロットを5回以上とかです。

    なにせまだ少額でエントリーしているので、1ロット100.000通貨を一度に使ったことは無く、もしものことがあったら少額でやっているので、お金が無くなってしまうのではないかと気にしています。
    毎月まとめて1ロットならば、Shindyにより儲けられれば、1か月か2か月程度で1回で1ロット程度はエントリーできてくるのではと思います。
    しかしまだこれからのことなので不安です。

    ご連絡お待ちしています。どうか今後ともよろしくお願いいたします。

      • FX侍
      • 2020年 4月 14日

      中村様
      コメントありがとうございます。

      1ロットに関しては「合計1ロット」という意味なので
      少額エントリーでもトータルで1ロットになれば問題ありません。

      コメントにあるような「0.2ロットを5回以上」でもOKです。

      何かご不明点があれば、またご連絡下さい。

      宜しくお願い致します。

    • 水野
    • 2020年 5月 02日

    はじめまして。
    貴殿開発のShindyを利用しようと考えてますが、XMの追加ページへのリンクエラーが発生していますが
    リンクURLをご教示ください。

    宜しくお願いします。

      • FX侍
      • 2020年 5月 02日

      水野様
      コメントありがとうございます。

      リンクを確認しましたが、現時点では正常に追加口座へのリンクは機能しております。

      先ほどはXMのシステム側の影響で、正しくページが遷移できなかったのかもしれません。

      今一度、ご確認して頂けますでしょうか。

      お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

    • 小泉
    • 2020年 7月 21日

    はじめまして。
    小泉と申します。

    こちらのサービスを使わせていただきたいのですが、
    申し込みはまだ受付ておりますか?

      • FX侍
      • 2020年 7月 21日

      小泉様
      コメントありがとうございます。

      Sindyは現在でも受付中です^^

      【Sindyの入手方法】を参照の上、お申し込み頂ければと思います。

      宜しくお願い致します。

    • 山川
    • 2020年 8月 08日

    FX侍様

    はじめまして、山川と申します。
    こちらのサイトを拝見して、
    Sindyの事で気になる事がありメール致しました。

    ①Sindyの矢印マークはローソク足と同時に出るのでしょうか?もしくはそのローソク足が終わったらでしょうか?

    ②損切りはいくつにしていますか?

    以上、この二点を教えて頂けたらと思います。
    忙しい中、申し訳ないのですが
    よろしくお願い致します。

    山川

      • FX侍
      • 2020年 8月 08日

      山川様
      コメント、ありがとうございます。

      ①Sindyの矢印マークはローソク足と同時に出るのでしょうか?
      もしくはそのローソク足が終わったらでしょうか?

      →矢印サインの点灯タイミングは、現在足が始まるタイミングで1本前の足にサインが点灯します。
      厳密には始値での終値でも時差はほぼありませんけどね。
      Sindyのサインを過去チャートで検証する際には、矢印サインが出ている足の終値でエントリーするイメージとなります。

       

      ②損切りはいくつにしていますか?

      → 詳細はノウハウにも関わる部分なので差し控えさせて頂きますが、損切りは固定幅で何pipsという決め方はしておりません。

      サインの点灯タイミングについては、言葉では説明しにくい部分なので
      分かりづらいかもしれませんが、また何かありましたらいつでもコメントを頂ければと思います。

        • 山川
        • 2020年 8月 10日

        FX侍様

        こんにちは。
        Sindyに申し込もうとしたのですが
        上のリンクからXMにログインしようとしましたが出来ませんでした。(エラー?)
        試しに自分がいつも使ってるリンクでXMにログインしましたが、こちらでは出来ました。

        口座とパスワードを入力してたので
        少し不安です。

        返信お待ちしてます。

        山川

          • FX侍
          • 2020年 8月 10日

          山川様
          こんにちは。

          >上のリンクからXMにログインしようとしましたが出来ませんでした。(エラー?)
          >試しに自分がいつも使ってるリンクでXMにログインしましたが、こちらでは出来ました。
          >口座とパスワードを入力してたので少し不安です。

          当ブログに掲載しているのは正規のXMのリンクです。
          怪しいサイトに遷移することはありませんので、その点はご安心下さい。

          ログインできなかった理由は私の方では分かりかねますが、キーボードの「F5」を押すなどして再読み込みした上で、口座番号とパスワードを入力してみて下さい。
          またブラウザーのCookieが何かしらの影響を与えている可能性も考えられます。

           

          コメント欄に書きにくい情報などは、下記のお問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません。
           →お問い合わせへ進む

          お手数をお掛けしますが、ご確認お願い致します。

      • 山川
      • 2020年 8月 09日

      FX様

      ありがとうございました!

      山川

    • 山川
    • 2020年 8月 10日

    FX侍様

    パソコンでしてみたら
    無事ログイン出来ました!
    お騒がせしてすみません。

    ありがとうございました!

    山川

      • FX侍
      • 2020年 8月 10日

      山川様
      無事に解決できたようで良かったです(*´ω`*)

    • 蕎麦大好き のぶ
    • 2020年 10月 20日

    固定ツイートにもメッセージしましたが、今でもsindyは申し込み可能でしょうか?

      • FX侍
      • 2020年 10月 20日

      蕎麦大好き のぶ様
      コメント、ありがとうございます。

      すみません、Twitterのコメントを見逃していたようです。

      私のブログには蕎麦好きの方が多いようですねw
      FX侍テンプレートの方にも蕎麦好きの方から過去にコメントを頂いたもので、つい反応してしまいましたw

       

      ご質問を頂いたSindyですが、もちろん今でも申込みは可能です。

      【Sindyの入手方法】を参照の上、お申し込み頂ければと思います。

      宜しくお願い致します。

        • 蕎麦大好き のぶ
        • 2020年 10月 21日

        無事口座開設出来ましたので、条件が整ったら申請しますので、今後ともよろしくお願いします。

          • FX侍
          • 2020年 10月 21日

          蕎麦大好き のぶ様

          承知しました(^^)/
          申請お待ちしてますね。

            • 蕎麦大好き のぶ
            • 2020年 10月 21日

            本日、申請しましたので、よろしくお願いいたします。

            • FX侍
            • 2020年 10月 22日

            蕎麦大好き のぶ様

            先程メールを送付しておりますので、お手数ですが迷惑メールフォルダも併せてご確認下さいm(_ _)m

            • 蕎麦大好き のぶ
            • 2020年 10月 22日

            メール確認しました。
            無事ツールも使用でき、さっそく検証しているところです。
            今後ともよろしくお願いします。

            • FX侍
            • 2020年 10月 23日

            蕎麦大好き のぶ様

            過去チャートの検証では、その時々の値動きの背景が見えない点にはご注意下さい。

            例えばここ最近のポンドは、EU離脱に関するヘッドラインで大きく上下しています。
            そうした時にはトレンドが継続しないので、トレンドフォロー系のサインで利益を引っ張るのは難しくなります。

            相場状況によって利益の引っ張り具合を調整するよう意識すると、上手にサインツールと付き合えますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP