FX侍テンプレート・Sindyの1ロットの取引条件を楽にクリアする方法

FX侍です、こんにちは。

FX侍テンプレート・Sindyが欲しいけど、1ロットの取引完了の条件が厳しい…

そういった初心者さんの声をたまに頂きます。

合計1ロット以上になればOKなので、小ロットのトレードをコツコツ積み上げてもいいんですが…

どうせなら早く欲しいですよねw

でも取引条件をクリアする為のトレードで損失を出してしまうのは避けたい所。

問い合わせを下さった方には簡単な解決法をお伝えしているんですが、同様の悩みを抱えている人も多いかなと思い、ブログでシェアをします。

簡単な方法なんですが、意外と知らない人も多いので。

という訳で…
損失を出すリスクを極限まで抑え、そこそこの確率で利益を出すトレード手法をお伝えします。

損失リスクを抑えた両建てトレード

損失リスクを抑えて1ロットの取引条件を満たすために最も簡単なのが「両建てトレード」です。

買いポジションと売りポジションを同時に持つって事。

この両建てのメリットは、売りと買いの量が同じであれば証拠金を使わない点です。
つまり証拠金維持率が全く減らないんです。

◆両建ての例
1.同時に売りと買いで0.5ロットずつポジションを建てる
2.5分以上保有する
3.適当な場所で決済すれば、実質スプレッド分だけの損失で1ロット達成

この方法が誰でもできる両建てトレードです。

ポイントとしては、スプレッドが狭いユーロドルやドル円がお勧めです。
(スプレッドが大きい通貨ペアだと僅かでも損失が増えますので)

0.5ロットもトレードするのは怖い…というのであれば、ロット数はご自身で調整すればOKです。

この方法でも全然いいんですが、どうせならトレードで利益も出したい!という方向けの両建てトレードも紹介します。

利益を狙う両建てトレード手法

次に利益を狙う両建てトレード手法を紹介します。

まずは先程と同様に、適当な場所で0.5ロットずつポジションを持ちます。

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
売りと買いの両建てポジションを建てる

 

で、両建てをした後に…
現在の価格から「サポレジとなりそうな場所」「サポレジを抜けた後の次のサポレジ」を探します。

価格の上下で目立つ高値安値を探すイメージです。

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
ユーロドルでのサポレジ

上記チャートであれば、黄色がサポレジ候補、赤色がサポレジを抜けた後のサポレジ候補です。

はい、ここまで来れば後は簡単。

価格が動くのを待つだけです。

下記はサポートをブレイクした場合の決済方法です。

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
両建てトレードの決済方法

サポートを下抜けしたので、次のサポートまで到達する確率が高くなりました。
そこで含み損になっていた買いポジションを決済し、売りポジションの利益を伸ばします。

上記チャートでは赤いサポートも下抜けしていますが、手堅くサポートの手前で決済してもOKです。

この両建てトレード手法を用いれば、比較的簡単に利益を上げられます。

まとめ

・スプレッド分の損失ならOK=同時にポジションを建てて同時に決済する両建て
・少しでも利益を出したい=サポレジを活用して決済に時間差をつける両建て

紹介したサポレジを活用する両建てトレード手法は、ごく簡単なチャート分析で利益を狙えるので、初心者の方でもぜひ挑戦して欲しい所です。

サポレジ候補を見つけて、決済に時間差をつけるだけです。

実はこれ、リアルトレードでも普通に使える手法ですw

トレード手法は唯一の正解が無いので、いろんな手法が存在するのもFXの魅力です。

 

今回の両建てトレード手法を活用して、サクッと1ロットの取引条件をクリアして下さい。

FXで活路を見出したい方からのお申込み、お待ちしています(*´ω`*)

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. セルザファクトが起こる裏側の原因
  2. 欧州勢とアメリカ勢が入り乱れるNY時間の戦い方と注意点
  3. FXで勝てない多くの人に欠けているあるスキル
  4. セットアップとトリガー
  5. ストップ(損切り)の基本ルール5ヶ条
  6. FXの勝ち方が分からない人に必要なたった2つの要素

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP