FXにおいて重要なメンタルとは

FXにおいて重要なメンタルを解剖する

FX侍です、こんにちは。

今回はFXとメンタルについてのお話です。

トレードにおけるメンタルの重要性は、いまさら言うまでもありませんよね。

 

とは言え…
メンタルさえ問題なければ勝ち組トレーダー!って訳じゃありません。

メンタル云々の前にしっかりとしたトレード技術を身に付けないといけません。
適当なトレードしかできない状態でメンタルを整えても結果は変わりませんので。

その辺りの話は下記を参考にどうぞ。

トレード技術が伴った上でメンタルを整えることが勝ち組トレーダーへの道です。

じゃあそのメンタルって何なの?ってお話です。

 

メンタルがトレードに悪影響を与えるよくある事例

大前提としてトレードには『冷静なフラットな心』で取り組む必要があります。

言い換えると【心が平熱の状態】ってイメージでしょうか。

・今日はあんまり時間が取れないけどトレードしなきゃ!
・今日も会社のクソ上司がイラついた!
・さっきの負けを何とか取り返してやるぜ!
・連勝の波がきてるからドーンと増やすぞ!
・本当にここでエントリーして大丈夫かな…

こういった精神状態はいつもより熱が高かったり低かったり、と平熱とは異なる状況と言えます。

 

そこで問題となるのが視野が狭くなるという弊害です。
(バイアスがかかる、思い込みというフィルターが掛かるとも言えるでしょう)

そんな状態でトレードすると…

・普段のトレードなら見落とさないものが抜け落ちる
・普段はしないのに自分の都合よくチャートを解釈する
・悪い意味での握力を発揮して損切りできず傷口を広げる
・特定の通貨ペアに固執して他にあるチャンスに気がつかない
・冷静にコントロールできないロットでエントリーするetc…

あなたにも思い当たる節がありませんか?

胸を張っていうことじゃありませんが、FX侍もちゃんと経験済みですw

メンタルに問題があるとトレードには悪影響しかありません。

 

じゃあメンタルってどうやって整えるの?という方法論に移りましょう。

 

トレードに対する平常なメンタルの整え方

自分が思い描いたシナリオ通りのチャンスが来たからシナリオ通りにトレードする。

これがトレード時の理想的なフラットなメンタルです。

チャンスが来たからトレードするだけ。
チャンスが来ていないのに無理矢理エントリーはしません。

この大人の余裕が大切です。

余裕を生むためには『論理的なシナリオが立てるスキル』が求められるので、メンタル云々の前にトレード技術が必要なんですね。

この辺りの記事を参考にどうぞ。



 

そして「今日がダメでも明日チャンスが来たら取ればいい」という考え方も大切。

それはFX以外の日常生活で心の平熱が保てない時も同じです。

無理矢理なトレードで負けて資金を減らすぐらいなら、大人しくしてる方が賢明と言えます。

だからこそFXは余剰資金でやるのが鉄則。
「来月お金が必要だから」「生活に必要なお金だから」という焦りや欲は禁物なんです。

今更いうことでもありませんが…
FXは人生を好転させるきっかけにもなりますが、その逆もあり得るのでご注意ください。

 

メンタルを整えるのに大切なトレードルール

常に万全の状態でトレードに臨むためにもトレードルールは大切です。

ルールに沿った正しいトレードで負けたのであれば大きな問題にはなりません。
(ただその負けで心が大きく乱れたのであれば、先ほどの大人の余裕を思い出してくださいw)

しかし問題となるのはこんな欲。

シナリオ通りじゃないから見送ったけど、エントリーしてればやっぱり勝てたな…

はい、この考えは危険信号。

エントリーすれば結果的に勝てていたかもしれませんが、自分のシナリオ外での値動きはただの運です。

FXの怖いところは自分で気づかないうちに悪い癖がついてしまうこと。

今まで通用していたシナリオを相場にカーブフィッティングし過ぎると歯車が狂います。

シナリオの精度を上げたり幅を広げたりという努力は必要ですが、全ての値動きを追うのは不可能であることは理解しておきましょう。

 

トレードが今まで通り問題ないのかズレてきているのか、自分で判断しながら時には調整をして…という高度なスキルがトレーダーには必要です。

(それができない人が多いので、FX侍塾のような環境が貴重な理由の1つなんですけどね)

トレードルールはメンタルに振り回されるトレードをしないためのものであると同時に、トレードの精度や質を一定レベルで保つために存在します。

だから大切なんです。

ズレに気づいて自分で修正するってなかなか難しいですからね。

 

 

まとめ

トレード技術とメンタル。

どちらか片方だけじゃなく、両方とも備わっているのが勝ち組トレーダーの条件です。

方法論はいくつか記載しましたが『経験からくる自信』もメンタルを作り上げるうえで必要です。

・最近のトレード成績は実力なのか運なのか
・成績が安定しないのは相場のせいなのか

こうした悩みの壁を突破した先にある経験を経た自信ですね。

いずれにせよ、トレード技術とメンタルを手にするには当然ながら相応の努力と覚悟が求められます。

夢を抱いてFXの世界に足を踏み入れる人は多いですが、本当の勝ち組トレーダーになれるのは全体の5%前後。
(トータルプラス程度であれば10%ぐらいには増えますが)

しかし厳しい道を正しく進んで勝てるトレーダーになると、大袈裟ではなく人生は大きく変わりますよ。

このページに書いたトレード技術とメンタルの関係を意識しながら頑張ってくださいね(・∀・)

 

回り道をしないため、独学で道に迷わないため、5%に入るためにプロから直接教われるFX侍塾があります。

何らかの打開策を模索している時と募集タイミングが合えばラッキーですよ。

FX侍塾9期の募集は終了いたしました。

次回の募集は最短で2024年7月中旬ごろを予定しています。

当ブログでしか手に入らないトレード手法
EA小次郎の詳細

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 自由度の高さがFXを難しくする
  2. FX会社の利益はどこから出るのか?
  3. トレード手法は何でもいい
  4. FXの残酷な現実をお伝えします
  5. 月単位・年単位プラス収益の壁
  6. 0.01ロットでFXを続ける弊害

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP