シンプルな手法をバカにする人、FXで勝ててない説

FXでシンプルな手法では勝てないという固定概念

FX侍です、こんにちは。

FXでシンプルな手法を馬鹿にする人、多いですよね。
「いやいや、相場はそんなに簡単じゃないんだよ」って。

・シンプルな手法を小馬鹿にする人ほど勝ててない割合が高い
・逆にシンプルな手法を突き詰めている人ほど勝っている割合が高い

これはFX侍の経験と、億トレを含むトレーダー仲間から聞く話をまとめた結果です。
(当社比なので実際の所は分かりませんw)

「え?そんなシンプルな手法で勝ってるんですかw」という億トレも実在します。

シンプルな手法で稼げるのは事実ですが、その順序や背景を勘違いしている人が多いのも事実。

そこで今回は「シンプルな手法で稼ぐ為に必要な考え方」を紹介します。

トリガーよりもフィルターが大事

トレードする際には、下記のような順序があります。

エントリーフィルターを満たした
   ↓
「何か」をトリガーとしてポジションを持つ

例えば、RSIが買われ過ぎ水域に入った後で、移動平均線がデッドクロスしたから売り。

RSIの買われ過ぎ=フィルター
移動平均線のデッドクロス=トリガー

こういう関係性です。

多くの人がトリガーを重要視する傾向がありますが、重要なのはフィルターです。

トレンド方向さえ合っていれば、どこでポジションを取ったとしても勝てる(負けない)

なんて聞いた事がある人もいると思います。

要するに、トレンド方向を見定めるフィルターが合っていれば、エントリートリガーの多少の誤差は問題ないという事。

トレンドが助けてくれるってやつです。

トリガーばかり気にする人ほど、シンプルな手法を軽視しがちです。

ゴールデンクロス・デッドクロスで勝てれば苦労しないよ!って。

でもエントリートリガーとしては優秀ですよ、フィルターさえしっかりしたモノであれば。

どんなフィルターを掛けるか?

仮に「移動平均線のクロス」をエントリートリガーとしましょう。

▼移動平均線のクロスでサインを表示させたチャート
移動平均線のクロスでサインを表示させたチャート

上記のサインを見て、どう感じますか?

レンジで負けてるじゃん(゚Д゚)
って思う人も多いですよね。

でもそういう人って、トリガーとフィルターは別物として認識できていません。

上記はあくまでMAクロスのサインと言うトリガーであって、フィルターは別で必要なんですよね。

どんなフィルターを掛けてエントリートリガーを精査するか?という視点が重要です。

例えば既存のオシレーター等を組み合わせて見るとか。
移動平均線のクロスのサインにADXを組み合わせた例

例えば上位足のチャート形状を分析してみるとか。
ポンド円の1時間足チャート分析事例

こうしたチャートのテクニカル分析を行い、フィルターを探すのは基本中の基本です。
そうすればトレンドフォロー手法なのにレンジでエントリーするということは無くなりますので。

テクニカル分析が間違っていなければ、優秀なフィルターとなって精度の高いトリガーを炙り出せます。

そうした裁量目線を養う為に、テクニカルに関する知識を学ぶ訳です。

 
実は上述のようなただのMAのクロスでも、あるフィルターを加えることでバリバリ使えるトレード手法に化けるんですよw

シンプルな手法でもFXは勝てるという事実

FX侍の師匠でもある億トレは、「FXなんてシンプルな手法で十分勝てる」と言い切ります。

先ほども言いましたが…

エントリートリガーは移動平均線やMACDのクロスでも十分。
そこにどんなフィルターを加えて、トリガーを精査するのかが重要です。

↑この区別が大事。

それが理解できてない人も多いので、この点を腹落ちさせるだけでもレベルアップになります。

よくある勘違いとして、ダイバージェンスで売り!とか買い!ってのがありますね。
ダイバージェンスはエントリートリガーではなく、フィルターでしかありません。

大事なので繰り返しますが、トリガーとフィルターは別物です。

トレンド方向さえ合っていれば、どこでポジションを取ったとしても勝てる(負けない)

この方向性を見定めるのがフィルターです。

有効なフィルターを探求する為に、一通りの知識を学ぶ必要はあります。
学びの結果、Aというトリガーに有効なBというフィルターが見つかる訳です。

そこで「シンプルな手法でもFXで勝てる」という結論に辿り着くってイメージですかね。

トレード手法を作り上げる工程イメージ

このような違いも明確に区別できない人が「シンプルな手法なんかじゃ相場で勝ち続けられない」って小馬鹿にしたように言うんですよね。

ちなみに上記の図式は、裁量のトレード手法だけでなくEA開発でも同じことが言えます。

ただしこのフィルターは奥が深く、表面上のテクニカル以外が含まれる事もあります。
その辺については、長くなるのでまたの機会に。

 

シンプルな手法といえば、下記で紹介したような手法もありますね。



どのような過程でシンプルと思われる手法に辿り着いたかは人それぞれでしょうが、大丈夫です。

変な固定概念や先入観に囚われないで下さい。

シンプルな手法でもFXで勝てます。

その実例をいずれ公開するかもです。
ただし予定は未定w

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 1日20pipsで1億円に到達するのは1年半後
  2. ストップ(損切り)の基本ルール5ヶ条
  3. セルザファクトが起こる裏側の原因
  4. 急落リスクのある大型連休の立ち振舞に要注意!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP