Trading Made Simpleの基本手法~上級テクまで解説

FX侍です、こんばんは。

今回は「Trading Made Simple」というトレード手法の解説。

実はコレ、海外の有名FXフォーラム「FOREXFACTORY」で最も人気のトレード手法なんです。

アメリカ人のeelfranz氏(通称ビッグE)によって2011年の4月に書き込まれた手法ですが、愛用者が多く今なお活発に議論がされているほど人気のトレード手法です。

「Trading Made Simple」の名の通り、非常にシンプルな点が人気の理由です。

実際のチャートはこんな感じ。

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)
Trading Made Simpleのチャート画像(ユーロドル4時間足)

平均足、表示位置をシフトさせた単純移動平均線、TDI(Traders Dynamic Index)の3種類で構成されているシンプルなチャートです。

推奨は4時間足ですが、デイトレードなら1時間足で、という事です。

4時間足はノイズが少ないという理由からですが、ゆったりトレードをするのに適しています。
FX初心者だけでなく、メイン手法の傍らでTrading Made Simple手法を使うのもアリですね。

基本ルールから上級テク、Trading Made Simpleのダウンロード場所も解説したので参考にどうぞ。

Trading Made Simpleの基本ルール

時間足:4時間足が推奨、デイトレなら1時間足
通貨ペア:特に問わない
時間帯:欧州時間~NY時間

【買いエントリーの条件】
・TDIの緑線が赤線を上抜く
・平均足が赤から青に変わって2本以内ならエントリー

【売りエントリーの条件】
・TDIの緑線が赤線を下抜く
・平均足が青から赤に変わって2本以内ならエントリー

 

下記はTrading Made Simpleの基本ルールを記載したチャート。
※正確にはもっとエントリーチャンスはありますが、分かりやすい場所だけを記載しました

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)
Trading Made Simpleのエントリー条件

エントリーポイントが非常に単純で分かりやすいですね。

TDIの緑ラインの上抜け・下抜けを確認後、平均足が確定したら始値でエントリー。

平均足は色変わりから2本以内が安全性の高い推奨エントリーで、3本目以降の場合は確率が落ちます。
(※ただし後述するバウンスエントリーというやや上級テクニックもあります)

なお、Trading Made Simpleの利確・損切りルールは以下の通り。

【利確・損切りルール】
・TDIの緑線が平らになってきたらエグジットを考える
・平均足の色が変わったら
・SLはローソク足2~3本前の高値安値が目安

最も分かりやすい利確ルールは平均足の色変わりですね。

 

先程のチャートで、平均足の色変わりで利確すると下記のような利益となります。
(平均足だと分かりづらいので通常のローソク足にしています)

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)
平均足での利確事例(通常のローソク足)

もうちょっと利益を伸ばしたいな~という場合には、以下のような目安を加えるのが簡単です。

・上位足の平均足を確認する
・パラボリックが反転する
・ボリンジャーバンドのミドルラインを実体で割る etc…

Trading Made Simpleの上級テクニック

Trading Made Simpleの基本ルールは、TDIがクロス+平均足が色変わりから2本以内が推奨エントリー。

しかし「バウンスエントリー」という上級テクニックも存在します。

バウンスエントリーでは、平均足の色変わりから3本目以降でもエントリーを行います。
(※ただし2本以内のエントリーよりも確率は若干下がります)

TDIの緑線が赤線に接近→クロスせずに再び乖離していく状態がバウンスエントリーの条件となります。

TDIが下記のような状態になった時ですね。
バウンスエントリーする際のTDIの解説

 

このバウンスエントリーは、トレンド中の押し目や戻りを捉える手法となります。

先程のチャートでエントリー位置を追加してみました。

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)
ユーロドル4時間足でのバウンスエントリーの例

バウンスエントリーで新規エントリーする以外にも、ポジションの積み増し(ピラミッティング)のタイミングとしても使えますね。

Trading Made Simpleのまとめ

開発者ビッグEさんによると、別のインジケーターを追加するのは個人の自由と言っています。

ビッグEさん自身は、8・3・3のストキャスを方向を確認する目的でのみ使用しているそうです。

ただし様々なインジを追加すると判断が複雑になり、悪い結果になることが多いとの事なので、Trading Made Simpleのシンプルなチャートで練習を重ねた方が良いでしょうね。

 

より勝率を上げる方法としては…

平均足は視覚的にトレンドが分かりやすいので、上位足のトレンドに沿った方向だけのエントリーに絞る事。

まぁ…言ってみれば普通のトレードですw

ただし、それが思うように出来ない人が多いのも事実。

今回のTrading Made Simpleは、そうした王道トレードが圧倒的にやりやすくなるという事で人気のトレード手法なんですね。

 

各種インジケーターのダウンロード

各種データのダウンロードは以下のリンク先から。

→「Trading Made Simple」のインジケーターのダウンロード

上記リンク先はこんな感じになっており、インジケーターとテンプレートがダウンロードできます。
Trading Made Simpleのダウンロード場所

ちなみに…基本的に手法の詳細は掲示板でのやり取りだけなので、Trading Made Simpleにはマニュアルがありません。

しかしスレッドに参加していたNymb3rs氏がまとめたPDFがあるので、興味がある方は下記のリンク先からチェックしてみて下さい。(全文英語ですがw)

https://www.forexfactory.com/showthread.php?t=292285
(pdfと書いてあるリンクをクリックすればダウンロードできます)

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ASC Trendを使うトレンドフォロー手法
  2. SMA200が最強の移動平均線である理由とトレードへの活用法について
  3. bollitoucherを使った簡単ブレイクアウト手法
  4. ケルトナーチャネルを使うトレード手法
  5. 簡単すぎるMA ribbonのトレード手法
  6. 騙しの少ない最強の時間足である日足の転換点を使うトレード手法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP