MACDを使ったトレード手法まとめ

MACDを使うトレード手法まとめ

FX侍です、こんにちは。

今回は当ブログで紹介した手法の中で「MACDを使うトレード手法」をまとめました。

MACDは言うまでもなく、世界中で使われている最もメジャーなインジケーターの代表格です。
だからこそ「あれ?MACDの0ラインって意識されてる?」的な動きを見せるケースも多いです。

まぁ訳のわからないインジを見るより、MACDを見てる方がお勧めですw

では時間足別に紹介します。

時間足を問わないMACD手法

時間足は特に問わないトレード手法です。
ただトレンドが出ている通貨ペアでトレンドフォローするので、そこは外してはダメです。

▼3本の移動平均線とMACDだけの簡単トレンドフォロー手法
3本の移動平均線とMACDだけの簡単トレンドフォロー手法のチャート

非常にシンプルなトレードルールなので、初心者の方でもトライしやすいです。
MACDの設定を変え、上昇下降で色が変わるタイプを使っているのもポイントです。

 

▼アリゲーターとMACDを使ったデイトレード手法
アリゲーターを使ったデイトレード手法のチャート

アリゲーター(MA)とMACDでトレンド判断するのは一般的ですが、i_Trendというインジ(+DIと-DIのようなもの)で、買いと売りの力関係を把握するのがポイントです。

15分足のMACD手法

短期足のトレードなので、時間帯によって動きのある通貨ペアに偏りが出るのに注意が必要です。

▼CCIとMACDを使うスキャルピング手法
CCIとMACDを使うスキャルピングのチャート画像

CCIとMACDという上限のない2つのインジケーターを使うユニークな手法。
狙う値幅が小さく瞬間的な伸びを狙うので、比較的勝率は高くなりやすいのがポイントです。

 

▼Slope Direction Lineを使うトレンドフォロー手法
Slope Direction Lineを使うトレンドフォロー手法

ビックリするぐらい簡単な手法ですが、トレンド相場では勝てちゃいます。
レンジには弱いけど適度な押し戻りがあるトレンド相場で威力を発揮するのがポイントです。

30分足以上のMACD手法

短期足のような騙しが減ってくるので、目先の値動きに翻弄されやすい人は、こういった大きめの時間足のトレードを試してみるのもお勧めです。

30分足以上で有効な簡単デイトレード手法のチャート

デフォルトのインジケーターのみを使うので、チャートが読めればスマホでもOK。
ノイズが減ってくる30分足以上でトレードするのがポイントです。

まとめ

MACDはトリガーにもフィルターに使える非常に使い勝手の良いインジケーターです。

見方のコツを覚えれば、トレンド終焉を察知したりトレンドとレンジを見分けたりという使い方もできます。

その辺りについては、下記を参考にどうぞ。


 

また、MACDでトレンドを判断する人は結構多いですが、チャートを見た時に「既にそこそこ動いた後…」という悔しい経験…ありますよね。

特にNY時間しかトレードができない副業トレーダーには多いはず。

そんな時にはMACDのデッドクロス・ゴールデンクロスを活用しましょう。

と言っても、世間で言われているような0ライン以下でのGC・0ライン以上でのDCという逆張り的な使い方ではありません。

詳しくは下記を参考にどうぞ。

 

その他のトレード手法については下記でまとめているので参考にして下さい。

→ 時間足別のトレード手法まとめ
→ 移動平均線を使うトレード手法まとめ
→ RSIを使うトレード手法まとめ
→ ブレイクアウトを狙うトレード手法まとめ

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. SMA200が最強の移動平均線である理由とトレードへの活用法について
  2. EMA・RSI・ストキャスを使う30分足トレンドフォロー手法
  3. 近日公開の新しいサイン「アプロス」のトレード結果
  4. ピンバーが作られる工程の裏側を大衆心理と大口目線で考える
  5. 騙しの少ない最強の時間足である日足の転換点を使うトレード手法
  6. ストキャスティクスと3本の移動平均線を使う簡単スキャルピング手法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP