ピンバーのだましを逆手に取る高勝率トレード手法

FX侍です、こんにちは。

今回はピンバーのだましを逆手に取る高勝率トレード手法を紹介します。

言い方は悪いですが「ピンバー=反転サイン」と頭に刷り込まれている初心者を食ってしまうって事ですね。

チャートはこんな感じ。

▼ピンバーのだましを逆手に取る手法のチャート
ピンバーのだましを逆手に取る手法のチャート

ぶっちゃけ目視でピンバーが分かれば検出サインも不要ですし、トレンドが分かればアリゲーターもMACDも不要ですw

ただそれだと難しい!って方もいるはずなので、各種インジケーターを入れてます。

このだましを逆手に取る考え方が身に付けば、ピンバーをじっくり判別する目が養われるので結果的にピンバーの勝率も上がります。

 

ちなみにピンバー検出サイン(pin-bar)は下記で配布しているものです。

当記事の最後でインジケーター・テンプレートファイルをダウンロードできるようにしてあります。

ピンバーのだましを逆手に取る高勝率トレード手法の詳細

ピンバーのだましを逆手に取るのは難しくありません。

ただ単に「多くの人が考えるピンバーのあるべき姿の反対」を狙えばいいだけです。

チャートで解説すると下記のイメージです。
(売りの場合は反対に考えて下さい)

▼ピンバーのだましを逆手に取る手法の概要
ピンバーのだましを逆手に取る手法の概要

トレンドに乗らず逆張りのタイミングを伺っている勢力は一定数います。

ピンバーが出たから反転するぞ!というポジションの逆を行き、本来のトレンドに乗るのが今回の手法です。

1.アリゲーターとMTF MACD(1時間足のMACDを表示)が上昇を示している
  ↓
2.下落を示唆するピンバーが出る
  ↓
3.下落せずだましとなって上昇したら買う

 

具体的なエントリーポイントは下記のようになります。

▼ピンバーのだましを逆手に取る手法の買いルール
ピンバーのだましを逆手に取る手法の買いルール

下落のピンバー(上髭ピンバー)の高値を3pipsほど上に抜けたら買いで付いていきます。

高値を抜けなければ見送りなので、ピンバーが出たからと言って反射的にだまし方向にエントリーするのはNGです。

高値を抜けずに下がれば付いていってもいいですし、高値を抜ければだましに付いていってもOK。
要するに、ピンバーが出た後の方向性を見極める癖が付くので、結果的に勝率が高くなります

 

利確・損切りについて

利確や損切りルールは特に決まってません。
まぁそこは裁量ですね。

利確に関しては、短期足なら通貨ペアのボラに合わせて10pipsとか15pipsで利確ってのもアリです。

利益を伸ばすのであればサポレジを意識する必要が出てきますし、アリゲーターの間隔が狭くなったりMACDが下落し始めたりってのも目安になります。

利確の考え方については下記も参考にどうぞ。

 

損切りはピンバーの高値安値ってのが最も損切り幅は浅くなりますが、ノイズで狩られるリスクも考慮しておく必要があります。

その他の損切りについての考え方は、下記も参考にどうぞ。

 

ピンバーのだましを逆手にとる事例

直近のチャートでいくつか事例を紹介します。

▼ポンドドル15分足でのピンバーのだまし事例
ポンドドル15分足でのピンバーのだまし事例
上記チャートのポンドドルは比較的ピンバーのだましが多いですね。

 

▼オージードル15分足でのピンバーのだまし事例
オージードル15分足でのピンバーのだまし事例
オージードルはアリゲーターが絡み合っている部分も多く、あまりチャンスはありませんね。

 

▼ユーロドル15分足でのピンバーのだまし事例
ユーロドル15分足でのピンバーのだまし事例
騙しになっている部分もありますが、ピンバーの数も少なく素直に反発している部分もありますね。

 

▼ドルキャド15分足でのピンバーのだまし事例
ドルキャド15分足でのピンバーのだまし事例
素直に反発していたり、アリゲーターとMACDと方向性が合わなかったりでチャンスなしですね。

まとめ

今回のピンバーのだましを逆手に取る手法は、時間足・通貨ペアは特に問いませんが短期足なら15分足ぐらいが使いやすいかと感じます。

ピンバー検出サインは万能ではないので、最終的には自分の判断が必要です。

ピンバーはプライスアクションとして分かりやすいので、多くの人が注目している形状です。

今回の手法は裁量余地が多いですが、ピンバーでのトレードの幅を広げるのに覚えておいて損はありません。

ピンバー=反発サインとして機能する場面ももちろんありますが、だましを考慮してピンバー出現後の流れをしっかりと見るようになれば、結果として直近の流れに沿ったトレードとなるので勝率が上がります。

インジとテンプレは下記からダウンロードして下さい。

→インジケーターとテンプレートファイルのダウンロード(ZIP形式)

 

ピンバーに関しては下記の記事も併せて読むことで理解が深まります。
特に出来高についてはネットであまり書いてない内容なので、知らない人も多いです。



サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 勝率9割!?移動平均線のクロス手法のヒミツ
  2. 3種類のトレード手法を使い分けてますか?
  3. FX侍の新手法のトレード結果を公開
  4. 30分足以上でお勧めの簡単デイトレード手法
  5. FX侍の最高傑作アプロス登場
  6. 反発を示唆する長いヒゲを活用したトレード実例の根拠を解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP