トレード手法を知っても勝てない理由

トレード手法を知っても勝てない理由

FX侍です、こんにちは。

今回はトレード手法を知っても勝てない理由について。

勝てる手法をゲットしたのに、実際にトレードしてみると勝てない…

こういう経験がある人も多いですよね。
(まぁ世間一般の情報商材なんかはその典型ですかねw)

ではなぜ手法を知っただけでは勝てないのか、その理由を解説します。

多分あなたも薄々感づいてると思いますが。

FXで勝つのは職人技

相場の流れを読んで優位性のある場所を選びトレードで行いお金を稼ぐ。

FXで稼ぐのは立派な職人技です。

あなたもFXを始めたとき、下記のように感じませんでした?

上か下か50%なんだから結構勝てるんじゃね?
  ↓
意外と負ける(そもそもTP・SLの適切な場所も分かってない)
  ↓
テクニカルをちょっと勉強して勝てる気になる
  ↓
余計に勝てなくなってFXが分からなくなる

FX侍はこんな感じでしたよw

もちろん最初にサラッと勉強はしてトレード手法も携えてイメージは掴めてましたが、いざ自分がトレードをしてみると面白いように負けました^^;

それが最初に立ちはだかる壁ですね。

自己紹介のページでも書きましたが、最初の2週間で-491pipsを叩き出しましたw
→運営者自己紹介(新規タブで開きます)

そこで諦める人・努力をする人で、その後の結果が変わるのは言うまでもありません。
(スパッと諦めた方が本人の為というケースもあるでしょうが)

幸いFX侍には師匠やトレード仲間がいたので、地道に努力を続けることができました。

しかしそういった恵まれた環境がある人は少数派でしょう。
多くのトレーダーは迷いながらも自分1人で相場と対峙しています。

 

そ・こ・で。

迷えるトレーダーの助けになればと思って、このFX侍のブログを開設したって訳です。

FX侍テンプレート、Sindy、アプロスといった優位性のあるトレード手法を提供しています。

・FX侍テンプレートの解説
・FX侍の独自サインツール「Sindy」の解説
・15分足専用サインツール「アプロス」の解説

独学でトレード手法を作り上げるよりも遥かに効率的なのは間違いありません。

しかしトレード手法をゲットしたからと言って、たかが1週間程度で勝ち組トレーダーになれるほど甘い世界じゃありません。

 

さっきも言ったように、FXで稼ぐのは職人技です。

職人と呼ばれる職業は様々ありますが、大工さんを例にしましょうか。

大工さんのイロハを学べば、すぐに一人前の大工として家が作れますか?
まぁ…言われなくても答えは分かりますよね。

しかし何故かFXになると、手法を知ればすぐに勝てると考える人が多いんです。

 

( ・∇・)<手法だけ知っても勝てません

 

手法を身につける訓練期間が必要です。

相場にはリズムがあり、日々ランダムに動いています。
トレンド相場、レンジ相場、閑散相場…など様々な顔があります。
そして時間隊によって動き方にも癖があります。

そうした相場都合を全く考慮せず、ちょっと試してダメだったから次の勝てそうな手法を探す…

勝てる訳がありませんよ、それでは。

勝ちトレード、負けトレードの理由を探りましたか?

なぜ負けたのか?を理解しないまま、新しいトレード手法を探しても同じことを繰り返すだけです。

負けの検証方法については下記を参考にどうぞ。

 

手法の特性を理解し相場状況に照らし合わせて使うことで、優位性のあるトレードとなります。

ただし難しいのは「負け=失敗トレード」とは限らない点です。
(その辺はFX侍塾生さんはよ~く理解していると思います)

ちょっと難しい話になるので省略しますが…

要するにロクに自分のトレード検証もしないで、短期間で職人技が身につくほどトレード技術ってのは甘くないってことです。

最低でも1ヶ月は自分の頭で考えながら手法を実践しましょう。

1ヶ月あればいろんなタイプの相場状況を経験できるってのが理由です。
まぁ本当は3ヶ月ぐらいはじっくり腰を据えて職人技を身につけて欲しい所ですが。

「知識を覚えること」と「知識を元にトレードすること」は、別次元として理解しましょう。

藤川球児のストレートの握り方を覚えたところで、同じストレートが投げられないのと同じです。

全く関係ない話ですが、Youtubeで藤川球児のチャンネルでストレートに握りを公開してるんですよ。
野球に興味がない人はスルーしてくださいw

まとめ

トレードでお金を稼ぐのは職人技。

実社会の職人技は習得するのに何年も掛かるって分かっているのに、なぜかFXになると勝てるトレード手法さえ知れば自分も勝てるようになると勘違いする人が多いです。

もちろん手法と出会うまでのスキルや経験で個人差はあります。

パズルのピースがカチッとハマるように、ふとした何かが結果を大きく変えるケースもあります。
(FX侍が提供する武器でこういった人が何名かいらっしゃいました)

しかし大多数のトレーダーは勝てるトレード手法を知った上で、身につけるための訓練期間が絶対に必要です。

いろんなタイプの相場状況を経験し、負けトレードの原因を検証し、経験の練度を高めることで自信を持ってトレードできるようになります。

早く稼ぎたいという焦りがあるでしょうが、焦りは結果的に自分の首を絞めることが多いです。

地味で遠回りに思える道が、近道になりますよ。

トレード検証は地味なのでやりたくないでしょうが、そういうのを継続できた人がFXで勝てるようになる世界ですから。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 触るな危険!要注意の通貨ペア
  2. トレンドが出にくい東京時間は大きく動く仲値に注意
  3. トレードスタイルによって異なる見るべき時間足の組み合わせ
  4. トレード手法は何でもいい
  5. セットアップとトリガー

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2021年 9月 15日

    こんにちは。

    真面目な内容でいつも読んでます。

    訓練期間、いいですね。

    ちなみにどのくらいの期間でしょう。

      • FX侍
      • 2021年 9月 16日

      葵様
      コメントありがとうございます。

      >ちなみにどのくらいの期間でしょう。

      万人に共通する期間に決まりはありませんが、一応の目安は文中に記載してあるのでご確認ください( ・∇・)

      しっかりと読んで頂ければ見つかるはずですw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP