優位性のトレードの必需品「エントリー根拠」って何個いるの?

エントリー根拠の具体的な探し方~種類が違う3個を揃える意味

FX侍です、こんにちは。

あなたは何個のエントリー根拠が揃ったらトレードしてますか?

この質問に明確な答えを持っている方は、今回の記事は読まなくてもOKです。
逆にエントリー根拠の基準を持っておらず、イマイチ成績が伸びない方は必見です。

FX侍的にはトレードの際はエントリー根拠を3個以上揃えることをお勧めします。

エントリー根拠は多いほど優位性は高くなりますが、それだけエントリーチャンスは減ります。
トレードオフの関係を理解した上で「3個」が現実的な妥協点として適正数値です。

今回は実際のチャートを用いて、エントリー根拠の具体的な探し方を解説します。

実際のチャートでエントリー根拠を考える

では実際のチャートを使って、エントリー根拠を一緒に考えてみましょう。

下記はユーロドル15分足です。
チャートの右側を隠していますが、この状態であなたならエントリーを考えますか?

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
ユーロドル15分足チャート

 

…ま、普通は上位足の環境認識をしてから考えますよねw
というわけで、下記がユーロドルの1時間足です。

▼ユーロドル1時間足(クリックで拡大します)
ユーロドル1時間足での環境認識

1.9600を超えた後に高値更新できずに、大きめの調整が入っています。
200SMAで一旦は止まったものの大きく割り込んで、直近安値にトライする形ですね。

各インジケーターも下降を示唆している状況です。

 

ちなみにユーロポンドでの強弱関係はこんな感じです。

▼ユーロポンド1時間足(クリックで拡大します)
ユーロポンドの1時間足チャート

ユーロポンドでも目立つ安値を大きくブレイクし、各インジケーターも強い下落を示しています。

というわけで、ユーロポンドで見てもユーロが弱い事が分かりましたね。

 

再びユーロドル15分足を見てみましょう。
ここまでの状況を加味して、下記のユーロドルは売れますか?

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
エントリー根拠を考えるユーロドル15分足チャート

普段使っているインジケーターが人それぞれ異なるので、このチャートだけでは判断が難しいかもしれません。

ですが、ここで頭を使って考えることが必ず力になります。
チャートをじっくり見て、自分なりに考えてみて下さい。

 

いいでしょうか?

 

ちなみにFX侍なら、こういったエントリー根拠でショートします。
※先程の環境認識をした上での判断になります

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
エントリー根拠を記入したユーロドル15分足

●エントリー根拠1
下落後に戻りを叩かれた価格帯で下落が始まっており、1つの節目である200SMAを割っている。

●エントリー根拠2
16時過ぎのロンドン勢が参入後に動き始めて、ボリンジャーバンドがエクスパンションしている。

●エントリー根拠3
ストキャスが買われ過ぎゾーンから下落し、タイミング的にも問題なし。

●エントリー根拠4
1時間足と15分足のMACDが共にマイナス圏となり、更なる下落が見込める。

1時間足のRSIは根拠に入れないの?と思われるかもしれませんが、エントリー根拠というよりも環境認識に近い意味合いで使っています。(ニュアンスが若干違いますw)

 

今回はエントリー根拠が4個となりましたが、その後の値動きを見てみましょう。

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
ショート後のユーロドル15分足チャート

エントリーから約40pipsの位置にあった直近安値に到達しました。
※この後も下げが続き、最終的にはショートした場所から約80pipsも下落しました。

異なる種類のエントリー根拠を揃える

エントリー根拠が3個揃えようと思うと、ついインジケーターに頼りがちになります。

極端な例ですが、買われ過ぎ・売られ過ぎを示すオシレーターで3個のエントリー根拠を揃えるのはNGです。

目的は3個のエントリー根拠を探す事ではなく、優位性のあるトレードを見極める事なので、手段と目的を履き違えないように気をつけましょう。

▼同じような場所で反応するオシレーターの例(クリックで拡大します)
買われ過ぎ・売られ過ぎのオシレーターが反応する事例

メインチャート+サブチャートで揃えたエントリー根拠が3個以上になるのが理想です。

メインチャート=ローソク足やチャート形状、サポレジ、プライスアクションなどを見る
サブチャート=エントリータイミングを計る、過熱感を見る

このように種類が異なるエントリー根拠を揃えることが大切です。

その他、IMMポジション、ドルインデックス、イールドなどもチャート以外のエントリー根拠として使えます。
どちらかと言えば「相場観」に近いものですけどね。

ドルインデックスについては、下記を参考にどうぞ。

ぶっちゃけ、ある程度のレベルになるとローソク足とMAだけでトレードはできます。
ただインジケーターやオシレーターはあると便利なので、エントリー根拠の積み重ねとして使えばOKです。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. MAで目線を決める方法
  2. 通貨強弱ツールまとめ
  3. デイトレ向きの環境認識のやり方を徹底解説
  4. MTFを使わず短期足に上位足MAを表示する方法
  5. 見逃せないトレンド転換サインのキーリバーサルデーとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP