ローソク足とサポレジだけを使う15分足トレード手法

FX侍です、こんにちは。

今回はローソク足とサポレジだけを使う15分足トレード手法を紹介します。

非常にシンプルな手法なのでトレーダーの腕による差が大きくなりますが、シンプルだからこそ裁量スキルを鍛えられるのが特徴です。

ポイントとなるのは、ローソク足形状とサポレジです。

まぁ…それしか使わないので当たり前なんですがw

 

サポレジを見つけるのが苦手という人も多いですが、そんな方にはFX侍テンプレートをお勧めします。

適当なトレードで大事な資金を減らすより、さっさと申し込んで使った方がいいですよ。

転換を示唆するローソク足形状に注目

サポレジをFX侍テンプレートで見た場合、直近のポンド円では下記のようなエントリーができます。

▼直近のポンド円15分足(クリックで拡大します)
ポンド円15分足

細か~く見ればエントリー場所はもっとあるかもしれませんが、ザッと見るとこんな感じですね。

いずれも反転を示唆するローソク足形状がエントリー根拠となっています。

具体的には下記の3タイプに分類できます。

転換を示唆するローソク足形状

実際のチャートではもう少し複雑な形状となるケースもありますが、概ねこの3タイプが基本となります。

ピンバーは誰でも知ってて見つけやすい反転サインですが、だからこそ騙しとなるケースもあります。
騙しを有効活用する方法については下記を参考にどうぞ。

 

個人的にはローソク足2本で反発前の陰線を超えるかに注目しています。

転換を示唆するローソク足形状のポイント

ローソク足1本1本には意味があるので、それをイメージすれば分かりやすいかと。

・下落を止めたローソク足
・反発する意図を示すローソク足

この2本が組み合わさった時に、反発をする確率が高くなるということです。

 

転換を示唆するローソク足形状にサポレジを組み合わせる

先程の転換を示唆するローソク足形状の3タイプは「どこで出るか?」が非常に重要です。

何の抵抗もない場所で出ても意味がありません。

重要なのはサポレジを背景に転換形状が出ることです。

サポレジで転換を示唆するローソク足形状が出るのが重要

反発する理由がある場所で反発するのが絶対条件です。

ではケーススタディとして、分かりやすいSMA200をチャートに当てはめて見てみましょうか。

▼SMA200を表示したユーロドル15分足(クリックで拡大します)
SMA200を表示したユーロドル15分足

さて、このチャートでエントリーできそうな場所はどこでしょうか?

先程の転換を示唆する3パターンを思い出してくださいね。

 

 

何となく目星は付きましたか?

 

それでは正解発表~(・∀・)

SMA200付近での反発を狙うなら、下記の場所でエントリーが可能です。

▼SMA200付近での反発を狙うトレード事例(クリックで拡大します)
SMA200付近での反発を狙うトレード事例

全部で5ヶ所のエントリーポイントがありますが、いずれも狙い通りの方向に進んでますね。

利確についてはまた別のステージの話になるので今回は省略しますが、15分足なんで利確は15pips程度を狙えば、ストレス無くトレードできます。

ローソク足とサポレジだけを使う15分足トレード手法まとめ

今回のトレード手法は驚くほどシンプルですが、テクニカルの基本中の基本とも言える内容です。

ローソク足の転換形状は基本の3タイプを覚えればいいだけなので簡単ですよね。
(複合的な判断が必要となるケースもありますが)

ただしそれだけでは安定した成績にはなりません。

トレードの精度(優位性)を左右するのが「サポレジ」です。

当ブログでも事ある毎に書いてますが、サポレジが分からない人はトレードで勝つのは難しいです。

・サポートを背にして買う
・レジスタンスを背にして売る

上記の売買ポイントでチャート形状と流れ(トレンド)を加味してエントリーするのがFXの定石です。

 

言葉にするとシンプルですが、多くの人が難しく感じる理由は「サポレジに唯一絶対の正解が無い」から。

ボリバン、ラウンドナンバー、高値安値など、サポレジになり得る場所は様々あります。

言うまでもなく「多くの選択肢」を知っておくのはトレードを有利に勧めます。
必然的にトレード手法の幅にも精度にも繋がるので。

 

そ・こ・で

冒頭でも書いたように、サポレジがよく分からない…という人は、サポレジとして意識されやすい反発ポイントを可視化したFX侍テンプレートをお勧めしています。

根拠の薄いトレードで資金を減らすなら、1日でも早く使った方がいいですよ。

テンプレートを表示して、今回の転換形状を組み合わせるだけでも手堅いトレードになります。

「あぁ…これが根拠のあるトレードなのかぁ…(*´ω`*)」

FX侍テンプレートを使うと、こう思えるはずですよ。

FX侍塾のご案内
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. トレンドに乗り遅れてももう大丈夫!簡単にできるHMAを使う押し目買い・戻り売り
  2. ストキャスティクスと3本の移動平均線を使う簡単スキャルピング手法
  3. SMA200が最強の移動平均線である理由とトレードへの活用法について
  4. EMA・RSI・ストキャスを使う30分足トレンドフォロー手法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP