FXで勝てるようになるきっかけ

FXで勝てるようになるきっかけ

FX侍です、こんにちは。

今回はFXで勝てるようになるきっかけについて。

最初に言っておきますが、人それぞれにステージ(スキルや知識)が違うので「唯一の答え」なんてありません。…っていうか相場に正解を求めるのは危険なので止めましょうね。

・FXを始めて1週間の人
・FX歴3年でトントンの成績の人

この二人が同じキッカケで勝てるようにはなりません。

微妙なニュアンスですが…

トレーダーのレベルを問わず、正しいノウハウを知れば勝てるようになるにはなります。
しかし自信を持ってトレードできるようになるには、その人なりの気付きや変化が絶対にあります。

それがブレイクスルーのきっかけです。

FXで勝てるようになるきっかけで多かったもの

FX侍自身と周りを見てきた経験を元に、勝てるようになるきっかけで多かったものを紹介します。

ネットに書いてある適当な内容よりもヒントを与えてくれるはずです。

 

シンプルに相場を考えるようになった

ランダムな相場でもシンプルに分解すると「トレンドとレンジ」で成り立っていることが分かります。

となれば、

トレンド時にはトレンドフォローの手法を。
レンジでは逆張り又はブレイクを狙う手法を。

その時の相場状況に最適なトレード手法を選ぶことで勝率が高くなります。
言い方を変えればトンチンカンなトレードをしなくなるって事ですね。

要はトレード手法ってのは「トレンド・レンジ・ブレイク」の3つのどれかを狙っているだけです。

それが腹落ちすることで、自分の手法が通じるチャンスを待つ事もできるようになるので、必然的に厳選したトレードができるようになります。

状況に応じた手法を選べるようになることで勝てるようになったというごく当たり前なきっかけですね。

下記でも解説しているので参考にどうぞ。

 

ロットを小さくした

稼ぎたいという欲が先行しすぎて、証拠金に対してロットが大き過ぎるのは初心者あるあるです。

ロットが大きいと含み損にも耐えられませんけど…
エントリー後に逆行しないスキルがありますか?

トレード技術が未熟にも関わらず身の丈に合わないロットでトレードしていれば、想像以上のスピードで資金が減っていきます。

・含み損の金額にビビって精神的苦痛を理由に損切り
・含み損の金額にビビって損切りできなくなる

どちらも負ける人の典型的なパターンです。

FXでは勝つことも大切ですが、それ以上に負けないことが重要です。

しっかりとスキルが身に付いた後で、複利でロットを増やしていけば加速度的に資金は増えてきます。

ロットについては下記を参考にどうぞ。


 

チャートの縮尺を小さくした

ローソク足の動きが気になってチャートを大きく拡大して見ちゃう…これも初心者あるあるです。
FX侍も最初はそうだったので気持ちはよく分かりますw

▼初心者がやりがちなチャートの拡大表示
チャートを拡大して表示した例

拡大すれば確かにローソク足の動きはよく見えますが、ぶっちゃけそれってほぼ意味ありません。

ローソク足の動きだけでトレードしているなら話は別ですが、目先の値動きに翻弄されるだけなので止めたほうが良いです。

 

チャートの縮尺を小さくすると「流れ」が見えるようになります。

その結果、方向性やサポレジも見やすくなるので、状況に応じたトレードをしやすくなるって事です。

嘘のような話ですが、これだけで勝てるようになったトレーダーは実在します。

下記はドルキャド15分足ですが、縮尺を最小にしています。
この状態って1時間足で見える範囲とほぼ同じなんです。

▼ドルキャド15分足(縮尺最小)
チャートの縮尺を小さくして表示した例

▼ドルキャド1時間足
ドルキャド1時間足

ね、ほぼ同じでしょ(・∀・)

デイトレーダーなら環境認識に1時間足チャートを使うのをお勧めしていますが、実は15分足をMAXで小さくすると1時間足と同じチャートになるんです。

MTF分析で頭が混乱する人も多いです。

縮尺を最小にして流れを掴む(環境認識)
  ↓
縮尺を少し大きくしてエントリー

15分足を執行足にしているなら、こうした方法もオススメです。

 

時間足を大きくした

スキャルピングでサクッと勝って短時間でトレードを終わらせたいから1分足や5分足を使う。

それ自体を否定するつもりはありません。

でも…短期足のスキャルピングってそこそこ難易度は高いですよ。

5分足と15分足では、ローソク足1本が作られるのに3倍の時間差があります。
つまりそれだけ求められる判断スピードが違うってことです。

それに短期足になるほどノイズも目立つようになるので、目先の値動きに振り回される人ほど損切り貧乏になりやすいです。

5分足で大きな陰線になったからロングを損切りしたけど、15分足で絶好の下ヒゲのピンバーだった…なんて事はあるあるです。

1分足や5分足を使ったけどダメだった…という方には15分足でのトレードをお勧めしています。

下記で時間足別にトレード手法を掲載しているので参考にどうぞ。

 

ネットでの情報収集を止めた

はい、コレができていない人が圧倒的に多いです。

勉強熱心な人ほど要注意。

勝てないうちはどうしてもネットの世界で正解を探してしまいますが、情報の取捨選択ができなければ頭の中にゴミばっかり溜まります。

今はYoutubeにFX関連の動画が沢山ありますが、見てる時間があったら自分の頭を使ってチャートを見てる方が有益です。

ただし業界内で信頼の置ける人物の動画は見た方がいいです。
(例えばバカラ村氏や西原宏一さんなど、世界的にも一目を置かれている人ですね)

まぁ投資の世界は色々とある業界なので、あんまり公のブログでは言えないことも多いですが(*´ω`*)イヤン

 

あ、そうそう。FX会社のホームページなら正しいことが書いてあるはず!という思い込みもダメですよw

教科書的な内容だけで勝てるなら、勤勉な日本人こそFXで勝ってるはず。
でも実情は全く正反対ですよね。

「色んなサイトで同じようなことが書いてある=正しい」

この認識は思いっきり間違っているのでご注意下さい。

下記でも解説してますが、FXの常識っぽいものは信用しない方がいいです。

 

特に日本のサイトを対象にした情報収集は止めた方がいいですね。

「あんたのこのブログはどうなのよ?」と思われるでしょうが、FX侍のブログは読んだ方がいいですよ。

トレーダー仲間からも意外と評価されてますので 照
閲覧いただきありがとうございますm(_ _)m

まぁ気に入らないなら無理して読んで頂かなくて結構ですw

 

FX侍が提供する武器を使うようになった

手前味噌ですが、当ブログで提供している武器で勝てるようになった人は少なくありません。

そりゃ現役トレーダーの手法を形にしているので勝って当然なんですけどね(*´ω`*)

ただFX侍塾(現在は募集停止中)とは違ってコンサル的な内容ではないので、武器を手にした全員が活用できるという事ではありませんが、完全な独学で取り組むより圧倒的に効率的な学びとなるのは間違いなしです。

お勧めはこの2つです。


変なFX商材に無駄金を払うよりオススメですw

まとめ

FXで勝てるようになるきっかけは個人差もあり様々ですが、当ページに掲載した内容はすべて机上の空論ではなく実話です。

どれも難しい話ではなく至ってシンプルで簡単なものばかりです。

ある程度の経験やスキルがある人にとっては、意外と見落としがちな簡単なきっかけで勝ち始めるというのは珍しい話じゃありません。

ただしまだFXを始めて間もない人は、色々と覚えることも多いです。

全くの初心者の人は、一番最初に掲載した「シンプルに相場を考える」という事から始めてください。

大枠を理解してから細部を覚えていくってのが効率的ですからね。
(最初から細部にこだわるのは絶対にNGです)

色々とショートカットしたいなら、FX侍が提供している武器をお勧めします。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 少ない資金でもFXやる意味ある?
  2. FX=殺人事件の捜査
  3. 1日20pipsで1億円に到達するのは1年半後
  4. 年末年始でポジションが無くなったイメージ
  5. 汚いチャートと綺麗なチャート

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP