やるべき事がクリアになる!トレードスタイルを固める重要な考え方

やるべき事を明確に!トレードスタイルを固めるのに必須の考え方

FX侍です。

今年はFXとしっかり向き合っていっぱい勝つぞ!と意気込んでいるはず。

しかしトレードスタイルが明確に固まっていないという初心者や勝てない経験者は多いです。

だから常に自分の知らない情報を求めてあっちこっちふらふら…

簡単に勝てそうなサインツールを見つけたらポチッと買っちゃう…
で、3〜4回使って1回でも負けたら諦めてまたあっちふらふら…

ぎくっとするイラスト

あ、いや、別にあなたを名指しで取り上げている訳じゃありませんw

独学で取り組んでいるとこんなループに陥るのはよくある話ですので。

 

今年こそ地に足をつけて頑張ろう!と思っているなら、今回の記事を参考にやるべきことを明確にしましょう。

目標を達成するのに必要なのは明確なゴールを目指して進む事です。

漠然とFXに取り組んでいてはダメですよ。

 

目標金額を考える

まずは「どれぐらいの金額を目標としているのか?」を決めてください。

月5万円ぐらいでOKなのか、月100万円以上を狙うのか。

その数字によってその後の選択肢が大体決まります。

 

ざっくりロットと獲得pipsで利益を計算するとこんな感じですよね。

0.1ロット(1万通貨)で100pips=1万円
0.5ロット(5万通貨)で100pips=5万円
1ロット(10万通貨)で100pips=10万円

この計算を自分の目標に合わせて調整します。

例えば…

FXで月10万円稼げればOKという方。

1ロット張れる証拠金があるなら、1ヶ月で100pipsが目標となります。
0.1ロットしか無理!というのであれば、1ヶ月で1000pipsが目標となります。

 

FXで月100万円を目指すという方。
1ロットの場合は1ヶ月で1000pipsが目標となります。
2ロットの場合は1ヶ月で500pipsが目標となります。

 

まずはこのように、目標金額から月間で獲得すべきpips数を逆算しましょう。

この時に自分の資金量に合わせたロットで計算することが大切です。
(無茶なハイレバで計算しても、それはただの絵に描いた餅にしかなりません)

資金量とロットの関係に正解はありませんが、【10万円で0.1ロット】を1つの目安として考えてみましょう。

「もう少し増やしても大丈夫かな」「ちょっと怖いからそれより減らそう」というご自身の判断で、目安から微調整すればOKです。

 

まだ0.01ロットしか無理なんですけど…

今は0.01ロットしか無理だけど、月100万円以上稼ぐようになるんだ!という目標は全然アリです。

しかし現状の0.01ロットで月100万円を目指すのはどうやっても無理ゲーです。
月間で10万pips取らないとダメですから。

現状からいきなり高い目標を設定するのではなく、段階を追って最終目標にたどり着く順序が大切です。

とはいえ、0.01ロットのままトレードを続ける弊害は大きいです。
トレードを構成する3つの要素が雑になりやすい危険性を理解しておきましょう。

その辺りは下記で解説しているので参考にどうぞ。

 

0.01ロットしか張れない方は、トレードを続けながらも入金して証拠金を増やすことに力を注ぐべきです。

先ほどの【10万円で0.1ロット】でも、複利でロットを上げていけば下記のような計算になりますので。

 

月間の目標pips数からトレードスタイルを考える

目標金額から月間の獲得pips数が決まれば、トレードスタイルが決まる補助線が見えてきます。

『何回ぐらいのトレードで月間の目標pipsをクリアするのか?』

ここを考えましょう。

 

例えば…

月間500pipsの場合、トレード回数と値幅の関係は以下の通り。

・500pipsを1回
・250pipsを2回
・100pipsを5回
・50pipsを10回
・33pipsを15回
・25pipsを20回

 
月間300pipsの場合、トレード回数と値幅の関係は以下の通り。

・300pipsを1回
・150pipsを2回
・60pipsを5回
・30pipsを10回
・20pipsを15回
・15pipsを20回

かなり現実的なイメージができてきましたね。

 

次に『自分がどれぐらいFXと向き合うのか』を加味して考えます。

・本業の傍らで毎日3時間はFXに時間を割く方
・生活に支障のない程度に週1〜2日ぐらいトレードしたい方

この両者では、必然的にトレード回数に差が出ます。

月に5日ぐらいしかトレードしない方が20回もトレードするのは無理がありますよね。
(先ほどの例で言えば25pipsを20回、15pipsを20回は非現実的ってこと)

1日に1〜2回程度のトレードで堅いと思われる場所でエントリーするのが、現実的に考えて妥当なところ。
(スキャルピングの場合はもっとトレード回数は増えます)

 

以上の点を踏まえると、自分に合うトレードスタイルが大体見えてきます。

・1回で数pipsを狙うならスキャルピング
・1回で10〜20pips程度を狙うならデイトレード
・1回で50pips程度を狙うならセミスイングトレード
・1回で100pips以上を狙うならスイングトレード

値幅とトレードスタイルに厳密な定義がある訳じゃありませんが、このように考えるとイメージしやすいです。

 

トレードスタイルに合わせた時間足と手法を選ぶ

トレードスタイルが決まれば、見るべき時間足やトレード手法が決まります。

FX侍はトレードスタイルと時間足をこんな風に考えています。

・スキャルピング:1分足・5分足
・デイトレ:(5分足)・15分足
・セミスイング:15分足・1時間足
・スイング:4時間足・日足

デイトレの場合、5分足よりも15分足の方が素直なのでお勧めです。

 

こうして見るべき時間足が決まったら、後はトレード手法を決めていくだけ。

当ブログで公開している時間足別のトレード手法から選べばOKです。
かなりの数があるので、自分に合いそうなものを選んでください。

4日間で389pipsを出した「煌星」や2週間で741pipsを出した「しんじ」など、N氏の手法も上記のまとめページに記載してあります。

 

ちなみに…
「環境認識が〜」「マルチタイムフレームが〜」と言うような上位足絶対主義の人も少なくないですが、目的と手段を混同させてはいけません。

上位足なんて見なくてOKなケースもありますし、逆に上位足を見ないとダメなケースもあります。

その辺りは下記で解説してるので参考にどうぞ。

 

まとめ

このように目標金額から逆算していけば、自分が取るべきトレードスタイルが見えてきます。

そうして実践を進めていく中で、弱点を潰しながらブラッシュアップさせましょう。
そのための知識は当ブログにたくさん眠っていますので( ˘ω˘ )スヤァ…

FX侍のブログを読んで勝てるようになった!と言う読者さんと実際にお会いしてます。

闇雲に情報収集するのであれば、このブログを徹底的に読み込んでください。

 

ただ…勘違する人も多いので改めてお伝えしておきますが、
FXの知識量と稼げる金額が必ず比例する訳じゃありません。

勉強するのはいいことですが、X(旧Twitter)みたいなSNSで情報収集するのはお気をつけください。

下記で書いたような詐欺師が混ざっていますので。

 

最後にもう一度、トレード手法のまとめ記事を載せておきます。

かなりの数があるので、自分に合いそうなものを選んでください。

4日間で389pipsを出した「煌星」や2週間で741pipsを出した「しんじ」など、N氏の手法も上記のまとめページに記載してあります。

当ブログでしか手に入らないトレード手法
トレーダー養成メルマガ

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 聖杯探しの旅は終わらない
  2. トレードルールって本当に大事なの?
  3. ビギナーズラックで大勝した人の末路
  4. FXで勝てない多くの人に欠けているあるスキル
  5. FXで勝てるようになるまでの道のりを分かりやすく解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP