N氏によるFXセミナー参加者を人数限定で募集します

FX侍です、こんにちは。

タイトルのように侍塾の講師N氏によるセミナーを開催します。

塾生さんはN氏の異次元さを肌で感じていますが、N氏を知らない方のためにサラッと紹介しておきます。

●FX侍塾講師N氏とは
FX侍塾の講師N氏の紹介
勝率は限りなく100%に近いスキルを持ち、今年はわずか2ヶ月ほどで年間目標を達成。
(普通に不動産が買えるぐらいの金額ですw)

紛れもないプロフェッショナルです。

FX侍塾の優秀なサポーター陣をはじめ、これまで数多のトレーダーの育成経験も持ち合わせています。

 

まぁ簡単に言えば…

スッゲー人がセミナーやるけど、どうする?ってご案内です( ・∇・)

 

セミナーの詳細

今回のセミナーはFX侍塾のイベントの一環です。
塾生さんも参加されるので、一般応募は少人数となります。

セミナー内容

◆2023年7月1日(土)札幌セミナー:蔵出しゴールド手法の解説
N氏は為替だけでなくゴールドにも精通したスペシャリストです。

ゴールドのボラの大きさに魅了される人は多いですが、逆にそれで負ける人が多いのも事実。

今回の内容でトレードが圧倒的に楽になるのは言うまでもありません。
(概要を聞きましたが私も知らない内容ばかりでしたw)

ゴールドを深掘りしての講義はこれが最初で最後になるでしょう。

ちなみにセミナー出席者限定で『特別なおまけ』を配布いたします。

ぶっちゃけ…セミナー代金の何十倍も価値がある内容となっています。

 

◆2023年7月15日(土) 東京セミナー:基本的な相場な見方
基本の見方=初心者向きと思うでしょうが、大半の人は相場の見方が間違っているから勝てないんです。

間違った知識や教科書的な知識を正しいと思い込み、実践での足枷になっている人も大勢います。

まぁここだけの話…
ネット上で正しい知識を得るのは至難の業です。

見定める眼が無ければ、間違った情報でも正しく見えてしまいますからね。

N氏には基本的な内容であっても目から鱗が落ちまくる人は少なくないでしょう。

今後もFXを続けていくなら少しでも早い段階で正しい知識をつけるのは大きな意味があります。

 

日程と募集人数

◆2023年7月1日(土) 札幌セミナー 先着10名様まで
セミナーは13時30分〜16時45分予定
セミナー後に希望者のみで懇親会へレッツゴーです。

札幌セミナーは締め切りました

◆2023年7月15日(土) 東京セミナー 残り2席
セミナーは15時~16時45分予定
こちらもセミナー後に希望者のみで懇親会へレッツゴーです。

会場の詳細はお申し込みいただいた方へ、メールにて1週間前にご案内いたします。
(札幌会場は札幌市内、東京会場は23区内です)

料金

札幌・東京ともにセミナー料金は1,000円です。
懇親会は別途5,000円ほどを予定しております。

※料金は当日会場の受付でお支払いください。

お申し込み

下記のフォームからお願いいたします。

→セミナーお申し込みフォーム(新規タブで開きます)

お申し込みは5月末日までとさせていただきます。

禁止事項

・セミナー内容のSNSやブログ、掲示板等への書き込み
・セミナーの録音、録画
・講師の写真撮影
・販売・宣伝・勧誘行為を目的とした参加
・他の参加者へ迷惑のかかる行為
・会の運営を妨げるような行為
・法律及び公序良俗に反する行為

禁止事項には厳正に対処いたしますが、普通にセミナーを受けていただければ問題ありません( ´ ▽ ` )

 

まとめ

さては…セミナーで塾の勧誘するんでしょ?

と考える人もいるかもしれませんが、そんな気は一切ないのでご安心ください。

てゆーかそんな面倒なことしませんからw

怪しい壺を売る画像

怪しい壺を売ったりもしませんw

塾生さん向けの対面セミナー(+懇親会)が本来の趣旨で、少しばかり枠を一般開放してみようか?という流れなので、わざわざ勧誘目的でセミナーをやる訳じゃありません。

ふつーにFXの話をするだけです。

そこまで大きな会場ではないので、予定の合う方はお気軽にご参加ください。

→セミナーお申し込みフォーム(新規タブで開きます)

※先着順なので思ったより早く募集が終了したらすみませんm(_ _)m

当ブログでしか手に入らないトレード手法
EA小次郎の詳細

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 負け続けてたVさんへのアンケート
  2. FX侍塾の1期生の結果
  3. 大人になってから新しい友達は増えましたか?
  4. FX侍塾の守備範囲の広さをチラ見せ
  5. 更に進化した1期生のKさんへのアンケート

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP