海外FXで使えるメイン口座はココだ!

海外FXでメイン口座として使える業者をこっそり紹介

FX侍です、こんにちわ。

今回は海外FXでメイン口座として使える業者について。

海外FX業者はそれなりの数がありますが、その中でも信頼してメイン口座として使えるのはごく僅かです。

FX侍も初心者の頃は「スプレッドが狭いのが最強だぜぃ!」と思っていました。

確かにスプレッドは業者選びの中でも重要な項目です。

それに加えてスワップやレバレッジという基本スペックは勿論のこと、やっぱり約定力・チャートの信頼性というのが気になり始めます。

そして資金が増えた時のリクオートやスリッページの発生度合い、出金に対する信頼度など、本気で使う口座に求める要求がシビアになっていきます。

デイトレ用とスイング用みたいに口座を使い分けるのは勿論ですが、預ける証拠金の大きさでメイン口座・サブ口座を分ける必要もあるんです。

そこで今回は、FX侍がメイン口座として使う海外FX業者をこっそりお伝えします。
(実は億トレと含むトレーダー仲間からも色々とヒアリングもしています)

Titan FX(タイタンFX)

TitanFXのイメージ
タイタンFXはメイン口座として文句なし。最も自信を持ってお勧めできる業者です。

資金が増えても妙な滑りもありませんし、出金に関してもスムーズです。
(師匠が先日ん~千万円を出金した際も特に遅延など無かったそうです)

ちゃんと注文できて、ちゃんと出金できる。という当たり前の信頼性が最も高いです。

車で例えるなら、走る・曲がる・止まるという基本性能が高いドイツ車のイメージ。
タイタンFXを車で例えたイメージ
FX侍がイメージするとこんな感じです(笑)

証拠金が数百万円になるとレバレッジ制限される業者もありますが、タイタンFXは最大レバレッジ500倍のままという点もポイントです。

ただしデメリットを挙げるとすれば、他の海外業者のようなボーナスキャンペーンが無い事。

これから小資金を増やしていくぜ!という方は、口座開設・入金キャンペーンがある業者を使った方がいいかもです。

ある程度増やした証拠金をタイタンで運用、というスタイルがスムーズですね。

いや、最初から信頼できる業者がいい!という方は、タイタンFXからのスタートでも全然OKです。

FX侍も一番最初にタイタンのスタンダード口座を作って、せっせと頑張っていましたので。

ちなみにスタンダード口座(手数料無し・スプレッド広め)とブレード口座(手数料あり・スプレッド狭い)で迷う場合は、恐らくスタンダード口座の方が分かりやすいかと。

ブレード口座を検討するようなレベルになれば、自ずとブレード口座を選ぶようになりますので(笑)

後から口座を追加する事も可能ですし、同一アカウント内での資金移動もスグにできるので、口座の種別であまり悩む必要はありません。

ちなみにタイタンは、他では珍しくゴールドの取引でXAUUSDだけではなくXAUAUD・XAUEURといった種類があるのも特徴です。

タイタンFXの口座開設ページへ移動する→

XM Trading(エックスエム)

XMイメージ

XMもメイン口座として使える信頼性の高い業者です。
FX侍的にはタイタンFXの次がXMという感じですね。

イメージ的にはタイタンが基本スペックで勝負しているのに対し、XMはボーナスやポイント制度などプラスαの部分で勝負している印象です。

ただ、XMもタイタン同様に基本スペックは高いので、トレードしていて不満を感じる事は特にありません。

車で例えるなら、それなりの基本性能に加えておもてなし機能が充実したレクサスのイメージ。
XMを車で例えたイメージ
走りの基本性能はドイツ車(タイタンFX)には敵わないけど、他の部分で支持されているイメージです。
分かりにくいよ!ってツッコミは無しでw

XMのボーナスで魅力的なのは、2段階での入金ボーナスです。

・第1段階のボーナス上限500ドルまでは入金する度に100%ボーナス付与
→ 5万円の入金で証拠金が10万円になる

・第2段階のボーナス上限4500ドルまでは入金する度に20%のボーナス付与
→ 225万円の入金まで20%ボーナスが適用

これを利用して、少額からコツコツと増やしていくのが資金効率的にお勧めです。

そしてXMがメイン口座として使う人が多い理由に、スタンダード口座に限りますがトレード毎にXMロイヤリティポイントが貰える仕組みが挙げられます。

これが地味に嬉しいんですよね(笑)

XMのロイヤリティポイント

ポイントは証拠金に充てる or 換金して出金、という使い方ができます。

トレード実績によって4段階のランク分けがされ、ランクに応じてポイント還元率が異なります。

取引日数に応じて自動的にランクアップしていくので、最小ロットでも早い段階からコツコツトレードしておくと後からポイントの恩恵が受けられます。

こうしたユーザーを飽きさせない企業努力は好印象ですね。

ただしXMのデメリットを挙げるとすれば、口座資金が増えるとレバレッジ規制が入る点です。

総資金 スタンダード口座 ゼロ口座
2万ドル以下 888倍 500倍
2万ドル以上10万ドル未満 200倍 200倍
10万ドル以上 100倍 100倍

複数口座を持っている場合は、入金ボーナスも含めたアカウント内の証拠金を合算した資金額がレバレッジ制限の対象となります。(※出金できない入金ボーナス分も有効証拠金としてカウントされます)

口座種別に関しては、少額投資用のマイクロ口座は特に開設する理由はありません。

ゼロ口座はスキャルピングトレーダー向け、一般のトレーダーはXMポイントが貯まるスタンダード口座をお勧めします。

XMのボーナスページを確認する→

海外FXでのお勧めメイン口座まとめ

メイン口座に使える海外FX業者として、タイタンFX・XMを紹介しました。

もう一度2つの特徴をまとめると…

◆Titan FX
・キャンペーンは無いけど最も基本スペックが高い
・初心者~上級者まで文句なしでお勧め
・小資金の人はXMやゲムの入金ボーナスを使う方がお得かな
 Titan FXの口座開設ページを確認する→

◆XM Trading
・基本スペックはタイタンの次という印象なので、上級者でも問題なし
・入金ボーナスやXMポイント制度などのメリットが大きいので、初心者~中級者の人に特にお勧め
・総資金が2万ドル以上でレバレッジ制限される段階で、タイタンFXに乗り換えがスムーズかな
 XM Tradingの口座開設ページを確認する→

こんな感じでメイン口座を比較すればOKかと。


FX侍の使用感に加えて、億トレを含むトレーダー仲間からのヒアリングも加味しています。

※言うまでもなく、いずれも出金拒否などのトラブルが無い業者なのでご安心を。

色々と問題のあったブローカーは削除してますのでw

それぞれに特徴があるので、ご自身の資金レベルやニーズに合わせて選べば満足度は高くなるはずです。

当ブログでしか手に入らないトレード手法
EA小次郎の詳細

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 出金の信頼性が抜群な海外FX業者は?
  2. 海外のハイレバは危険という嘘や誤解
  3. IS6FXのキャンペーンの賢い活用方法
  4. 国内と海外口座はドッチがいい?問題にお答えします

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP