IS6FXのキャンペーンの賢い活用方法

IS6FXのキャンペーンを徹底活用する賢い使い方

FX侍です、こんにちは。

今回は「IS6FX」として誕生したブローカーの紹介。
超絶太っ腹なボーナスキャンペーンがあるので、活用しないのは勿体ないかと。

IS6FXは、旧is6comがITコンサルティング企業「TECWrold」グループに買収されて、2020/10/12(月)からサービスを提供する新生ブローカーです。

前々から問題視されてた金融ライセンスが無いという懸念点は続いていますが、IS6FXとの賢い付き合い方を解説します。

とりあえず、キャンペーン内容は超豪華です。

IS6FXの信頼性

IS6FXは、旧is6comが買収されて誕生したブローカーなので、信用性に関してはまだ未知数。

しかし旧is6comでの体制を維持すると考えて、信頼性に関する評価をまとめます。
主に旧is6comでユーザー側が感じていた不安点は2つです。

金融ライセンス登録が無い

旧is6comは2016年に設立した新興ブローカーでしたが、金融ライセンス登録が無いのが懸念点でした。

金融ライセンスがないと、顧客の資金を経営資金とは別で管理する「分別管理」が義務付けられていないので、お金の部分での不透明性が高まります。

新興ブローカーの中には、どこかのタイミングで顧客の金を持ってトンズラする悪徳業者が潜んでいるのも事実です。

出金拒否のトラブル

SNSなどに出金拒否の報告がたまに出ていましたが、この点については個人的には危惧していません。

悪質業者を除いて、出金拒否の事例はユーザーに問題があるケースが大半です。

旧is6comでは、10ロット以上のトレードをする際にはサポートに連絡の必要があります。
(この点がNDDではなくDD業者じゃないか?という疑念を生んでいたのも事実ですが)

FX侍自身もサブ口座として利用してますし、周りの億トレ含むトレーダー仲間からも出金拒否の報告は聞いた事がありません。

IS6FXのボーナスキャンペーン

IS6FXはオープン記念として、大々的なボーナスキャンペーンを展開しています。

・新規口座開設6万円ボーナス
・何度入金しても100%ボーナス
・レバレッジ6000倍口座(※限定100口座のみ)

他にもお得なボーナスキャンペーンはありますが、目を引くのはこの3つですね。

このキャンペーンは、新たにIS6FXに口座開設する人が対象です。
まだ口座開設していない人は大チャンスですね。

ここまでのボーナスに出会う機会は1年に1回あればラッキーぐらいの激レアです。

IS6FXの激アツボーナスの詳細を確認する→
利用しないのは勿体ないレベルかと。

IS6FXの賢い使い方

IS6FXが旧is6comと信頼性が向上しないとしても、今回のリニューアルに伴うボーナスは魅力的です。

つまり、金融ライセンスが無いという不安よりも、ボーナスを利用するお得度の方が高いです。
ここまでの太っ腹のボーナスキャンペーンは、そう巡り会えるものではありませんので。

そこでFX侍お勧めのIS6FXの活用方法は以下の通り。

・IS6FXはサブ口座という立ち位置で使う(=リスク回避)
・口座開設ボーナスの6万円はしっかり貰う
・無くなっても困らない金額を入金して100%ボーナスを活用する

口座開設、入金ボーナスをフル活用して、サクッと稼いで出金するのが賢い使い方と言えます。

3万円とか5万円を入金して、ハイレバで短期勝負するのも全然アリです。

国内証券とは違ってゼロカットがあるので、追証になることもありませんし。
特にこれからはアメリカ大統領選に伴って、相場のボラティリティは上がると考えられています。

10万円ぐらい稼いで温泉でゆっくりするのもいいですね~(*´ω`*)
GoToキャンペーンで安くなりますし。

あくまでサブ口座として

旧is6comはFX侍自身もボーナスを活用する「サブ口座」という使い方です。

大きな資金を入れるメイン口座として使うのは正直不安です。
やはり金融ライセンスが無いのは大きな心理的障害となるのは事実ですので。

しかし少々高めのレバレッジを掛けて、ボーナスを活用するギャンブル的な使い方には最適です。

そうした使い方も海外FXの魅力の1つですので。

激アツキャンペーンが終わらないうちにどうぞ。

5種類のボーナスの詳細を確認する→

IS6FXは2020/10/12(月)に正式オープンです。
ダイヤモンド付きの高級時計ウブロが当たるキャンペーンもあるので、当選したら教えて下さいw

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 海外FXで使えるメイン口座はココだ!
  2. 海外FX業者のボーナスキャンペーン
  3. 国内と海外口座はドッチがいい?問題にお答えします

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP