インジケーターを入れた状態で新規チャートを開く設定方法
  • MT4

MT4の新規チャートをインジが入った状態で開く設定方法

FX侍です、こんにちは。

今回はMT4の基礎知識「新規チャートを開く際の設定変更」について。

好きなインジケーターを予め入れた状態で新規チャートを開く設定ですね。

通常のMT4で新規チャートを開くとこんな感じですよね。

▼新規チャートを開いた様子
MT4の新規チャートを開いた様子

非常に見にくいチャートが開かれるので、ローソク足に変更したりインジケーターを入れたりと毎回の作業が面倒ですよね。…ってか、なんでこのチャートが標準なんですかねw

でもこの新規チャートを『自分好みの状態で』開けるように設定ができるんです。

・時間足
・チャート右側の余白
・チャートの表示倍率
・グリッドの有無
・追加したインジケーターの設定

こういった設定を保存し、新規チャートを開く際に自動的に読み込んでくれるんです。

毎回のプチストレスから解消できるので、MT4の必須作業と言えます。
意外と初心者の人は知らない人が多いんですが^^;

MT4の新規チャートをインジが入った状態で開く設定

設定は3ステップだけなのでかんたんです。

まずは「この状態で新規チャートを開きたい!」というチャートを作りましょう。

▼Step1.自分好みのチャートを作る
新規チャートを開く際のお好みのチャートを作る
※チャート右側の余白や表示倍率も保存できます。

 

チャートが完成したら、右クリックから「定型として保存」を選択します。

▼Step2.右クリックから「定型として保存」を選択
右クリックから定型チャートとして保存を選択

 

名前を付けて保存画面が立ち上がるので「default」という名前で保存します。

▼Step3.defaultという名前を付けて保存
defaultという名前で保存

 

はい、お疲れさまでした。
設定はこれだけでOKです(・∀・)

今後、新規チャートを開く際には「defaultテンプレート」が読み込まれた状態で開くようになります。

▼新規チャートを開いた様子
defaultの定型チャートを読み込んだ新規チャート

まとめ

MT4はインストールしたままの状態でも使うことはできますが、ちょっとしたカスタマイズを覚えると操作性が格段によくなります。

プチストレスを減らせるので、覚えておいて損はありませんよ。

下記で紹介したインジの設定を読み込む機能もその典型例です。

MT4は稼ぐための相棒なので、意のままに操れるようにしておきましょうね。

FX侍塾のご案内
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. インジケーターの変更設定をワンクリックで呼び出す方法
  2. インジケーターをMT4に追加する方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP