少ない資金でもFXやる意味ある?

資金が少なくてもFXをやる意味ある?

FX侍です、こんにちは。

今回は小資金でもFXはやる意味があるのか?というテーマ。
(前々から書こうと思ってましたが、某所でこの話題が出てたので取り上げます)

ちなみに小資金の厳密な定義はありません。

無くなったら嫌だけど、無くなっても生活に支障のない金額というイメージです。
→仮にゼロなっても「ま、いっか」程度で済まされる金額だと、確実に本気度が変わってきます。

個人的には、FXは10万円スタートが目安としては分かりやすいと考えてます。

ただ「数万円から始めてみたい!」って人もいるので、とりあえず数万円~10万円前後を小資金として定義して解説していきます。

ま…結論から言えば、小資金でもFXをやる意味はあります。

小資金でもFXをやる意味あるよ!ってイラスト

実践経験を積める

小資金でも自分のお金で実践経験を積めるのは、最も大きなポイントです。

・ポジションを持った時のドキドキ感
・チキン利確しちゃうハラハラ感
・損切りできずに大負けする敗北感
・負けてアツくなって無闇にロットを上げるトンチンカンw

全ては実弾を投入しているからこそ感じるリアルな気持ちです。

これは架空の資金でトレードをするデモ口座では味わえない感覚です。

デモで負けても「自分のお金じゃないから、まだ全然本気出してないし(・∀・)」って言い訳もできますしね。

自分のお金を相場で張っているからこそ真剣に相場に向き合えますし、「上がるか下がるかの2択だから勝率5割は出るでしょ!」という甘い考えを打ち砕かれた結果を真剣に受け止める事に繋がります。

要するに、自分のお金を突っ込んで真剣に向き合わないと分からない事だらけです。

 

また、自分がどれだけFXにのめり込むか、大事なお金を突っ込んでみないと分かりません。

仕事も手に付かなくなるぐらいチャートが気になる…
ポジションを持ってても意外と気にならない

個人の性格によっても違いは出てくるので、自分に合うトレードスタイルも見えてきます。

初めてFXの世界に足を踏み入れて、初めて気が付く自分の性格もあります。
(普段の性格とトレードの世界での性格が違うというのはよくある話です)

そして自分の生活に見合ったトレード時間を考えるキッカケにもなります。

多くの会社員ではNY時間が主戦場になると思いますが。

そこでどんな動きをするのか、実際のお金でポジションを持つことで記憶に定着していきます。

いずれにしても、無くなったら嫌な気持ちになる自分のお金でトレードをすることで、デモでは感じられない真剣さや高揚感、痛みを感じながら実戦経験を積めるのは大きなポイントです。

取引ツールの操作を覚える

取引ツールの操作はデモでも覚えられますが、これも先程と同様に真剣度で言えば少額でも自己資金を入れた方が良いです。

個人的に国内の証券会社は下記の理由で使っていないので、海外ブローカーの主流である「MT4」の使い方を覚えることをお勧めします。(今後はMT5が主流になるかもしれませんが)

 

例を挙げるとキリがありませんが、下記のようなトレードでの必須操作は覚えなければいけません。

・注文、決済方法
・TP、SLの入れ方
・スプレッドや証拠金維持率の理解
・チャートやインジケーターの操作方法

特に資金に直結する操作は優先的に覚えましょう。

最初は分からない事だらけですが、使っているうちに必ず慣れるので心配する必要はありません。

まとめ

FX侍も最初は10万円を口座に入れて、0.01ロットで始めました。

と言っても最初はロット管理も適当で、いきなり0.1ロットに上げてボコボコにされたのも良い思い出ですw

結局はそうやって「自分のお金で痛みを感じながら成長していく」のがスキルアップには必要です。

ロスカットせずに破綻するとこうなるのか…
下手なナンピンすると一気に資金が減るのか…
負けてアツくなると適当なトレードを乱発するのか…

いずれもFX侍は経験済みです 照
(流石にもうやりませんがw)

ただ最初の小資金のうちに、こういった失敗は経験しておくべきです。

知識として知っているのと、実際に経験しているのとは別次元の話なので。

様々な失敗を実際の痛みとして受け入れて、スキルアップをして行くという順序がありますからね。

1.少ない資金で失敗を重ねて経験を積む
  ↓
2.少しずつ自分のトレードの型を作る
  ↓
3.トレードに自信を持ち始める
  ↓
4.資金を投入してロットを増やす

1番をすっ飛ばして、いきなり4番を目指す人は間違いなく散っていきます。

誰でも運で勝てることはあっても引き際も分かりませんし、何より(まぐれで)勝つ事と勝ち続ける事は全くの別物です。

トレンドが続いたり続かなかったりと、1年を通じても相場の動きは様々です。

例えば先月は勝てたのに、相場状況が変わった今月はボロ負け…というのはよくある話です。

将来的にFXで大きく稼ごうと思っているなら、そうした相場の波を実際にトレードしている立場で経験するのも重要です。

という事は、やっぱり少ない資金でもFXをやる意味はありますね。

 

ボーナスやレバレッジを活用すれば小資金のハンデをカバーできます。
口座開設ボーナスや入金ボーナスを上手く使って、実戦経験をドンドン積みましょう。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ロット調整すべき5つの局面
  2. テクニカル分析の限界と円売りが起きた原因のヒント
  3. トレンドフォローのつもりで勝てなくてキレる人のイメージ
  4. リスクリワードの嘘
  5. ロットの壁を壊して見える景色を変える方法
  6. 押し目買いが難しいと感じる5つの原因と3つの改善法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP