バカラ村氏セミナーDVD「変動幅と乖離率」レビュー

バカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】レビュー

FX侍です、こんにちは。

今回はバカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】のレビュー。

2013年5月発売ですが、バカラ村氏のセミナーDVDはどれも色褪せる事がありません。

久しぶりに見直しましたが、積み重ねた知識が再構築されます。
『点と点が繋がって線になる』という例えと似た感覚です。

FX初心者だけでなくある程度の経験者にも、バカラ村氏のセミナーDVDはお勧めです。

煽りだらけの教材を買うよりも学べる点は多いです。
(もちろん教材の中にも一握りの良いものはありますけどね)

それではバカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】のレビューを。

勝てないデイトレーダーは有無を言わさず買って下さいw

バカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】で学べる内容

バカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】で学べる内容は、以下の通りです。

  • 天井で買う、底で売る傾向がある人への対処法
  • 安全な順張りと逆張り方法
  • 利食いのタイミングの考え方

ある程度の経験者なら「そんな事は知ってるよ~」と思われるかもしれませんが、【変動幅と乖離率】を元にロジカルに考える方法が今回のDVDの肝となっています。

宣伝用Youtubeで中身が少し見えるので、チェックしてみて下さい。

▼クリックで視聴できます

天井で買ったり、底で売ったりする失敗は誰でも経験があるはずです。
ただし高値掴み、突っ込み売りを恐れていると大きな動きを逃してしまうリスクがあるのも事実です。

高い場所で買わずに引きつけて買わないとダメ!と言う人もいますが、それだけじゃダメなんですよね。

・高い場所でもトレンドフォローで買える根拠を探し出せる
・高い場所から逆張りで売れる伸び代が無い根拠を探し出せる

重要なのは、高い場所でも買える(買えない)根拠を見つけられるか?という裁量判断の引き出しです。

「高い所まで来たから…」という雰囲気ではなく、明確な判断基準ですね。

変動幅と乖離率を加味することで、合理的な判断ができるようになります。

チャート表面から分かる事だけでなく、テクニカル指標の一歩踏み込んだ使い方に触れて、初めてDVDを見た時にワクワクしたものです。

FX中級者ぐらいの方でも、今回の内容は学びになる点は多いはずです。

初心者にもお勧めできるポイント

サポレジ転換がどういった過程で起こるのか?という重要な点を理解していない初心者の方は、ぜひこのDVDで正しい知識を付けて欲しいと思います。

バカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】DVDでの1コマ

サポレジ転換の背景を理解することで、チャート分析の精度が上がるだけでなく、天井で買ったり底で売ったりする確率が下がります。

初心者の方こそ正しい知識を付ける意味でもバカラ村氏のDVDはお勧めです。

少々レベルの高い内容も含まれていますが、理解できるように頑張って勉強しましょうね(笑)

バカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】レビューまとめ

バカラ村式FX短期トレードテクニック【変動幅と乖離率】は、勝てないデイトレーダーには是非見て欲しいですね。

下記は後半部分の1コマですが、デイトレでの考え方が凝縮されています。
バカラ村氏による「デイトレードに必要な目線」

画像の吹き出しは勝手に付けたものではなく、バカラ村氏が実際に話した内容ですw
ここを再認識するだけでも、デイトレードのスキルアップになるはずです。

 

もう一度、今回のDVDで学べる内容を。

  • 天井で買う、底で売る傾向がある人への対処法
  • 安全な順張りと逆張り方法
  • 利食いのタイミングの考え方

それぞれに断片的な知識を持っている人は多いでしょうが、【変動幅と乖離率】の考え方を加味すればテクニカル分析の精度は勝手に上がります。

高値掴みや突っ込み売りで負けることが多い方やデイトレで負けている方には、特にお勧めです。

→トレーダーズショップの販売ページへ

→AMAZONでも購入できます

ロビンスカップで優勝し、世界中が注目しているトレーダーの手法が学べることを考えれば、非常にコスパが良い投資です。

 

購読歴2年ほどになるバカラ村氏のメルマガについては、下記の記事を参考にして下さい。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ココスタのゴールドの売買ポイントを特定する方法レビュー
  2. バカラ村氏の有料メルマガを評価しました
  3. プライスアクションの3大法則レビュー
  4. ローソク足で高収益トレードレビュー
  5. 西原宏一氏の有料メルマガを勝手に評価

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP