FX侍の新手法のトレード結果を公開

新しい手法の途中経過…気になるでしょw

FX侍です、こんにちは。

取り組み始めた新手法…

正式稼働たった2日で控えめに言ってかなりの手応えを感じております(笑)

まだ全貌は明かせませんが、2日間での結果をチャート画像付きで解説します。

まずは初日。
裁量目線を加えずに、最も基本的なルールに従ってトレードした結果がコチラ。

◆初日1/28の結果◆
ユーロドル:1pips
ポンド円:9pips
ユーロ円:8pips
オージードル:-1pips

いや、ショボいだろw
って感じるかもしれませんね。

確かに初日は大した成果ではありませんが、実は既に手応えを感じてました。

というのも、ある程度の裁量目線を加えることで利益を伸ばすのが簡単だと感じちゃったんです。

そして迎えた2日目の結果がコチラ。
ポジションの半分を利確して、残りを裁量判断で引っ張るスタイルでいきました。
(2ポジ入って、1ポジ利確したら残りの1ポジを裁量判断で伸ばす感じですね)

◆2日目1/29の結果◆
ドルスイス:8pips、22pips
ポンドドル:6pips、13pips
NYダウ:30pips、100pips

初日と比べて獲得pipsが明らかに増えてますよね。

ちなみに裁量判断を加えたと言っても、それも比較的シンプルなものなので大した内容ではありません。

では次に、新手法の概要とチャート画像を使ってトレード内容を解説します。

FX侍の新手法の簡単な解説

新手法の正体は極秘開発のサインツールです。

当然ですが『サインツール通りにトレードすれば…あなたも億万長者!』なんて怪しい話じゃありません(笑)

・サインの取捨選択
・利確の見極め

こうした部分に裁量目線を加える事で、サインツールは威力を発揮します。
まぁ、元々のロジックがお粗末なサインツールは論外ですけど。

それでは、サインツールのトレード結果をどうぞ。

 

初日の結果をチャートで紹介

1月28日の欧州時間にエントリーしたユーロドル15分足。
1/28ユーロドルでショートエントリーした画像

で、こちらがユーロドルを決済した場所と結果。
利確サインが出たので決済しましたが、裁量目線を加えたら普通に保持して下落を待てた結果です。
1/28ユーロドルで決済した場所と結果

欧州時間にエントリーしたオージードル15分足。
1/28オージードルでショートエントリーした画像

で、こちらが決済した場所と結果。
利確サインで小さな損切をしましたが、こちらも簡単な裁量判断を加えれば微益は取れたかなと。
1/28オージードルで決済した場所と結果

欧州時間にエントリーしたユーロ円15分足。
1/28ユーロ円でショートエントリーした画像

で、こちらが決済した場所と結果。
これもエントリー後に決済サインが直ぐに出たので利確しましたが、もう少し利益は伸ばせましたね。
1/28ユーロ円で決済した場所と結果

欧州時間にエントリーしたポンド円15分足を決済した場所と結果。(エントリー時のキャプチャを撮り忘れましたw)
決済サインで利確しましたが、こちらも裁量目線を加えれば下落は取れました。
1/28ポンド円で決済した場所と結果

もっと取れた…って言い訳ばっかじゃねーか!(゚Д゚)コラァ!って思いますよね。

まぁ初日で様子見なんで、そこはグッと堪えて下さい(笑)

ここからが本番ですから。

 

2日目の結果をチャートで紹介

欧州時間にエントリーしたポンドドル15分足。
1/29ポンドドルでショートエントリーした画像

こちらが決済した場所と結果。
最初の利確は決済サイン、2本目は裁量で保持しましたがレンジになって利益は伸びずでした。
1/29ポンドドルで決済した場所と結果

欧州時間にエントリーしたドルスイスフラン15分足。
1/29ドルスイスでロングエントリーした画像

最初の利確は着実に、2本目の利確は裁量判断で上手に伸ばせましたね。
奇跡のように天井で利確してますが、まぁ裁量判断の賜物です(笑)
1/29ドルスイスで決済した場所と結果

欧州時間にエントリーしたNYダウ15分足を決済した場所と結果。(エントリー時のキャプチャを撮り忘れましたw)
最初の利確はサイン通り、2本目の利確は裁量判断で上手に伸ばせましたね。
1/29NYダウで決済した場所と結果

ポンドドルは大して伸びませんでしたが、ドルスイス・NYダウが動いてくれたので利益が伸びましたね。

どちらも奇跡的に天井での利確となりましたが、これもシンプルな裁量判断を加えただけです。

とりあえずのまとめ

今回の新手法は、サインツールを活用するのに必要な裁量判断の部分も、シンプルにロジック化してトレードしています。

その結果が上記で解説した内容です。

裁量トレードと同じで勝率100%なんて事はありませんが、月トータルでマイナスになる事はまず無いかなという肌感覚です。

「ほんでサインツールはいつ貰えるの?(´・ω・`)??」

と気になると思いますが…
配布条件なんかも考えないといけませんし、解説書など諸々の準備もあるので、もうしばしお待ち下さい。

ちなみにFX侍のtwitterでも、余裕がある時は今回の新手法のトレード結果も掲載してます。

よければチェックしてみて下さい。

→FX侍のtwitterはコチラです(別窓で開きます)

サインのもう少し詳しい解説を知りたい方は、下記の記事をお読み下さいね。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 反発を示唆する長いヒゲを活用したトレード実例の根拠を解説
  2. ロールリバーサルの優位性を利用した高勝率な逆張りエントリー事例
  3. ピボットを活用した簡単なサポレジトレードのやり方を解説
  4. Schaff_Trend_CycleのMTFを活用したトレード手法
  5. FX侍テンプレートとSindyの比較

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP