FXはローソク足だけで勝てるの?

FX侍です、こんにちは。

今回はローソク足だけでFXは勝てるの?というテーマ。

FXの世界に足を踏み入れて様々なテクニカルを試すうちに、大半のトレーダーは「○○だけで勝てるのか?」と疑問が生まれます。

多くの場合はインジケーターだけで(楽して)勝てるのか、という少し横着な考え方とも言えますがw

ただし「ローソク足だけで勝てるのか?」という疑問を持つのは非常にいい傾向です。
裁量スキルを磨くことが前提なので、個人的には真面目な部類の疑問と感じます(*´ω`*)

 

結論から言えば、ローソク足だけでも勝てます。

 

それでは、ローソク足だけで勝つためにお勧めのテクニカルを紹介します。

ローソク足だけで勝つのに必要なスキル

ローソク足だけでチャート分析を行う上で、FX侍がお勧めするテクニカルは「ダウ理論とフィボナッチリトレースメント」です。

プラスアルファで、ラウンドナンバーぐらいでしょうか。
更に欲を言うなら…オーダー状況も把握しておくといいですね。

インジケーターを使う使わないに関係なく、トレードをする上で方向性と反発ポイントの把握は必須です。

流れと価格が止まる場所(サポレジ)が分からないと勝てませんからね。

ダウ理論をお勧めする理由

方向性を把握するのに考え方のベースとなるのがダウ理論です。

綺麗な切り上げ・切り下げをしているダウ理論のイメージ図

特に長期足になるほど押し安値・戻り高値は意識されてサポレジとなりやすいです。

相場なのでダウ理論だけで説明がつかない部分は当然ありますが、トレンド判断の軸として理解しておくのは重要です。

詳細は下記を参考にどうぞ。

フィボナッチリトレースメントをお勧めする理由

反発ポイント(=サポレジ)の把握に使いやすいのがフィボナッチリトレースメントです。

ダウ理論で押し安値・戻り高値となる高値安値だけではなく、フィボナッチを用いたサポレジゾーンを可視化するだけでもトレード戦略は立てやすくなります。

▼ドル円4時間足のフィボナッチを使った分析事例(クリックで拡大します)
フィボナッチリトレースメントを用いたドル円の分析事例

上記は2つのフィボナッチを用いて抵抗ゾーンを把握する手法です。

通貨ペアを問わない考え方なので、かなりお勧めです。
詳細は参考にして下さい。

また、112.9という見慣れない数値で反応しているのが上記チャートで分かります。
その数値の秘密については、下記を参考にどうぞ。

まとめ

ローソク足だけで勝つのにも、様々な手法があります。

下記で紹介したような、ティックに注目して短期的に流れを予想する方法もあります。

しかしローソク足だけでトレードするなら、個人的には数時間保有するようなデイトレードがお勧めです。

短期的なノイズに振り回されずに、サポートから次のサポート(又はレジスタンスから次のレジスタンス)を目指す動きを狙うのが取り組みやすいです。

その方法に最適なのが、先ほど紹介したダウ理論とフィボナッチです。

 

また、チャートを抽象的に捉えるスキルも磨くと良いですね。

レンジ幅を捉えるのが分かりやすい事例です。

▼ユーロドル日足(クリックで拡大します)
ユーロドル日足のレンジ幅

下記でも紹介しているので参考にどうぞ。

 

ローソク足に関しては、ココスタの「ローソク足で高収益トレード」もお勧めです。
※当ブログでお勧めする数少ない教材の1つです。

レビューもしているので、参考にどうぞ。

 

実はインジケーターだけで勝っているトレーダーもいますが、インジケーター沼にはまって迷宮に陥る方も少なくありません。

多くの人は視点が小さくなってしまうのが要因です。

その治療法として基本に立ち返ってローソク足だけでトレードするのは非常にお勧めです。

インジケーターを使わないトレードに慣れると、見える景色は変わりますよ。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 4本のEMAとアレだけの15分足トレンドフォロー
  2. ピボットを活用した簡単なサポレジトレードのやり方を解説
  3. Tether Lineを使うトレンドフォロー手法
  4. RSIとボリンジャーバンドを使って15分足で10pipsを狙う
  5. 近日公開の新しいサイン「アプロス」のトレード結果

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP