GMMAを使う15分足トレンドフォロー手法

FX侍です、こんにちは。

今回はGMMAを使う簡単15分足トレンドフォロー手法を解説します。

下記のような場所を狙うイメージです。

▼ポンドドル15分足でGMMAを使った押し目買いのイメージ
GMMAで狙う押し目買いのイメージ

GMMAの基本的な見方については、下記で解説しているので参考にどうぞ。

GMMAを持ってない!という方は、ダウンロードして下さい。

→GMMAのダウンロード
ZIP形式でダウンロードできます。

GMMAを使う15分足トレンドフォロー手法の詳細

まずは1時間足で環境認識を行い、狙う方向性を定めましょう。

1時間足でもGMMAを表示させて、下記の3つのポイントに該当するかを確認します。

▼GMMAでの1時間足の見方(クリックで拡大します)
15分足でトレンドフォローを狙う1時間足の見方

・短期EMAの束と長期EMAの束に間隔がある
・短期も長期も各EMAの間にスペースがある

まずはトレンドが強い時に現れる上記の条件に当てはまるかを見ましょう。

そしてそのトレンドを検証した実績(=長期EMAの束での反発)があれば15分足で押し目買い・戻り売りのチャンスを狙います。

 

下記は3つの条件を満たした1時間足を拡大したチャートです。
そして更に直近高値とラウンドナンバーを超えたので、そこから15分足でチャンスを伺います。

▼GMMAでの1時間足の見方(クリックで拡大します)
15分足でトレンドフォローを狙う1時間足の見方(拡大)

GMMAでの3つの条件に加えて、何かしら他のテクニカルでトレンドの裏付けができるのが理想的です。
上記の場合はGMMAの3条件+直近高値超えとなります。

 

1時間足で強いトレンドが確認できたら、15分足で押し目買いを狙います。
(戻り売りの場合は逆に考えて下さい)

▼15分足でGMMAを使う押し目買い(クリックで拡大します)
15分足でGMMAを使う押し目買い

短期EMAの束が長期EMAと間隔がある状態で価格だけが下がってくる
  ↓
長期EMAの束(付近)で価格が反発する
  ↓
短期EMAの束より上で確定したら買い

上昇中に押し目を付ける際、価格がストーンと下がった所を拾うイメージです。

拾う恐怖感はあるかもしれませんが、既に1時間足で長期EMAでの反発を確認していますし、下落からしっかり戻ったのを確認(=短期EMAを超えて確定)してから入るので安易な逆張りとは違います。

 

価格がダラダラ下がってくると短期EMAの束も下落するので、長期EMAの束と絡み合うこともあります。

▼短期EMAと長期EMAの間隔の有無
短期EMAの束と長期EMAの束との間隔に注目

短期EMAも引き連れて価格が下がってくるよりも、ローソク足だけが長期EMAに突撃してきた際には跳ね返される確率が高いです。

仲間(=短期EMA)がいないローソク足だけが落ちてきた所を狙いましょう。

 

別の場所でのケーススタディ

もう1つ別の事例を見てみましょう。

まずは1時間足で3つの条件を満たしているかをチェックします。

▼1時間足での強いトレンドを確認(クリックで拡大します)
1時間足での強いトレンドを確認

 

1時間足でトレンドが確認できたら、15分足で押し目買いチャンスを狙います。

狙うのはローソク足だけが長期EMAに突撃してきた場所ですよ。

▼15分足でGMMAを使う押し目買い
15分足でGMMAを使う押し目買い

長期EMAの束の付近で反発した後、短期EMAの束を超えてローソク足が確定したら買いです。

上記では※が付いた買いポイントが2つありますが、大きな陽線で短期EMAを超えた場所なので急激な反発に要注意な場所です。

 

GMMAを使うとそれだけを頼りに判断しがちですが、チャート形状にもしっかりと注意を払いましょう。

▼ダウ理論やネックラインなどチャート形状にも注目
ダウ理論やネックラインなどチャート形状にも注目

高値で綺麗に反発するケースでは、その後の価格が伸びやすい傾向があります。
詳細は下記で解説しているので参考にどうぞ。

 

また、天井圏でのネックライン割れから売ってくる人も多いので、目線が変わる節目となりやすいです。
ダイバージェンスなどにも注目を払い、GMMAだけではなく複合的にチャートは見るようにしましょう。

まとめ

強いトレンドが出た後に入るタイミングが分からない人は意外と多いですが、今回のGMMAの押し目買い戻り売りは意外と使えます。

利確のルールは特にありませんが、15分足なので20pipsぐらいを目安にするのが分かりやすいですね。
利確に使うテクニカルについては下記で解説しているので参考にどうぞ。

損切り位置はエントリー位置直下の長期GMMA割れでOKです。

 

今回はポンドドルを事例に解説しましたが、他の通貨ペアでも同様のチャンスは意外と見つかります。

GMMAはシンプルながらもトレンド判断がしやすいテクニカルなのでお試し下さい。

→GMMAのダウンロード

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. トレンドに乗り遅れてももう大丈夫!簡単にできるHMAを使う押し目買い・戻り売り
  2. ケルトナーチャネル+RSIの手堅い逆張りスキャルピング
  3. FX侍の新手法のトレード結果を公開
  4. 時間足別トレード手法まとめ
  5. 押し目買い・戻り売りを狙うトレード手法まとめ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP