シングルぺネトレーションで急騰急落を高勝率なチャンスに変える

FX侍です、こんにちは。

今回はジョーの手法である「シングルぺネトレーション」を解説します。

あ、ジョーはディナポリのことですw

リスクリワード的には微妙ですが、勝率が高いので『天の恵み』とディナポリ自身が称える手法です。

 

なんだか必殺技みたいな名前みたいで、初めて聞いた時はちょっとワクワクしたものです(*´ー`*)

でもその中身は非常にシンプルなので、難しくありません。

一定期間続く急騰・急落後の押し目や戻りの一部をサクッと狙う手法です。
しかも使うのはDMAとフィボナッチリトレースメントだけというシンプルさ。

 

イメージとしてはこんな感じ。

▼ポンド円15分足(クリックで拡大します)
シングルぺネトレーションを狙っていたポンド円15分足

前回のフォールスブレイクアウトの記事で、「あわよくばシングルぺネトレーションも狙っていた」と書きましたが、その時のチャート画像です。

 

非常に簡単な手法なので、確実に覚えておきましょう( ・∇・)

よ〜く目にする急騰・急落後のトレードのバリエーションが確実に広がりますよ。

 

シングルぺネトレーションの狙い方

では実際のチャートでシングルぺネトレーションの狙い方を解説します。

なんとたったの3ステップという簡単さですw

1.スラストを探す

チャートのDMAはSMA3を3本先行させたもので、ディナポリ的にはDMA3×3と言います。
MT4で期間3・表示移動3・移動平均の種別:Simpleで表示できます。

▼ユーロ円15分足(クリックで拡大します)
ユーロ円15分足でのスラストの事例

【DMAを割らずにローソク足8本以上が上昇または下落している状態=スラスト】であり、力強い上昇・下落と判断します。

なお、スラスト=8本以上の定義はありますが、下記のように若干の幅を持たせて判断します。

・ローソク足の終値でスラストを判断する(=終値でDMAを割らなければスラスト継続)
・1〜2本程度が終値でDMAを割っても、その値幅が小さい場合はスラスト継続と考える

 

2.フィボナッチリトレースメントでトレード場所を探る

終値でDMAを割り込んだら、フィボナッチリトレースメントを引きましょう。

▼ユーロ円15分足(クリックで拡大します)
シングルぺネトレーションでのエントリー・損切り位置を探る

スラストが始まった高値と安値でフィボナッチを引き、38.2と61.8がエントリーと損切りとなります。
(過去から現在に向かって引きます)

 

利確目安を探る際にもフィボナッチを引くので(詳しくは後述)、38.2と61.8に目印のラインを引いてフィボナッチは消してしまいましょう。

▼ユーロ円15分足(クリックで拡大します)
シングルぺネトレーションでのエントリー・損切り位置を探る

このフィボナッチを引いた時点では、実際にどこまで戻すのかはまだ分かりません。
戻しが38.2に届かなかったり、61.8を超えたりする場合はエントリーは見送りましょう。

そして38.2タッチで無条件でエントリーというのはお勧めしません。

勝率を高めるためのエントリー根拠が必要です。

・61.8で跳ね返されて38.2を割っていく
・チャート形状的に38.2を抜けられなさそうな形になった
・38.2を少し超えたけど反転を示唆するプライスアクションが出た

上記は一例ですが、このような『38.2を背にして売れるタイミング』を待つ方が勝率は高くなります。

 

3.フィボナッチリトレースメントで利確位置を探る

エントリー後、スラストの安値と戻しの高値をフィボナッチで結び、61.8を利確目安とします。

▼ユーロ円15分足(クリックで拡大します)
シングルぺネトレーションでの利確位置を探る
※このフィボナッチも過去から現在に向かって引きます

61.8でサクッと全決済するのもアリですし、半分だけ利確して利益を引っ張るのもアリですね。

 

シングルぺネトレーションまとめ

シングルぺネトレーションは時間足が小さくなるほど、当然ながら狙える値幅も小さくなります。

でもありがたいことに、どの時間足でも使えちゃうんです。

という訳でフラン円4時間足を復習がてら見てみましょう( ・∇・)

 

まずはスラストを見つけるところから。

▼フラン円4時間足(クリックで拡大します)
フラン円4時間足

終値で見ると15本のスラストになってますね。

ちなみにスラストが長く値幅が大きいほど、シングルぺネトレーションで狙える値幅も大きくなります。

 
 

終値でDMAを割り込んだらフィボナッチを引きます。

▼フラン円4時間足(クリックで拡大します)
フラン円4時間足でシングルぺネトレーションを狙う

 

エントリー目安の38.2と損切りの61.8にラインを引いて、邪魔なフィボナッチは消しちゃいましょう。

▼フラン円4時間足(クリックで拡大します)
フラン円4時間足でシングルぺネトレーションを狙う

大きな時間足で見た場合、エントリーは時間足を小さくして細かくチャート形状を見るのもアリです。
今回のチャートの場合は38.2で出た包み足でエントリーとしましょうか。

 
 

利確位置を探るためにもう一度フィボナッチを。

▼フラン円4時間足(クリックで拡大します)
フラン円4時間足でシングルぺネトレーションを狙う

38.2の包み足確定でエントリーしても、61.8まで約50pipsほど値幅がありました。

半分利確して、残りをスラストの高値付近まで引っ張れば合計150pipsほど。
(ま、たらればですけどw)

 
 

同じフラン円で他の場所でのシングルぺネトレーションもまとめました。

▼フラン円4時間足(クリックで拡大します)
フラン円4時間足でのシングルぺネトレーション

矢印で差している部分のスラストに対するシングルペネトレーションです。
(黄色のフィボがエントリー位置を探るもの、水色のフィボが利確を探るもの)

こんな感じで大きめの時間足でトレードする人でも活用できるのが大きなポイントです。

 

急騰急落の際、トレードの引き出しが無いからただ見ているだけ…という方も多いと思います。
安易な飛び乗りや逆張りをせず、見ているだけならまだいいんですけどね。

そこで今回紹介したシングルぺネトレーションの出番です。

たった3ステップでできる手法なので、ぜひ覚えてください。

急騰急落を発見したらDMA3×3を入れて、チャンスを狙っちゃいましょう( ・∇・)

当ブログでしか手に入らないトレード手法
トレーダー養成メルマガ

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 通貨強弱を使っても勝てない当然なワケ
  2. ストキャスティクスと3本の移動平均線を使う簡単スキャルピング手法
  3. レンジ好き必見!誰も言わない通貨強弱ツールの使い方
  4. FX侍の最高傑作アプロス登場

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP