ニュージーラリア販売開始

AUD/NZD専用の4時間足サイン「ニュージーラリア」販売開始

FX侍です、こんにちは。

4時間足のスイングトレード用サイン「ニュージーラリア」をゴゴジャンにて販売開始いたしました。

名前を聞いたらイメージできるでしょうが、AUD/NZD専用サインツールなので他の通貨ペアには使えません。

逆に言うと…
AUD/NZDの特性を解析したロジックとなっているので、非常に勝率が高く安定してコツコツ利益を積み上げることが可能です。

▼ニュージーラリアを表示したAUD/NZDの4時間足
サインツール「ニュージーラリア」を表示したチャート
(※サイン以外のインジケーターは隠しています)

ちなみに直近10戦のトレード結果はこちら。

1戦目:+283pips
2戦目:-57pips
3戦目:-48pips
4戦目:+175pips
5戦目:+194pips
6戦目:+130pips
7戦目:+149pips
8戦目:+83pips
9戦目:+30pips
10戦目:+30pips確定(11/18エントリーの現在進行形)

勝率80%で獲得pipsは969pips(+現在進行系の分)という内容です。
勝率も獲得pipsも算出する期間によってバラツキは出ますが、大体これぐらいの数字に落ち着く印象です。

販売ページに載せてある結果は少し古いものなので、上記の成績が記事執筆時点の最新となります。

 

最近は面倒なのでツイートしていませんでしたが、過去にはこのように結果報告もしてました。
ニュージーラリアの結果報告Twitter

4時間足のスイングトレードなので、スキャルピングにようにトレード回数自体は多くありません。

しかし勝率が高くトレンドが付いた時には大きな利益となるので、少ないチャンスで着実に結果を出すベテラン選手のような安定感があります。

スキャルピングやデイトレの傍らで、着実に証拠金を増やしていくサブ手法として最適です。

ニュージーラリアの解説

ニュージーラリアは、基本的にはサインでエントリーです。

しかし下手すりゃ往復ビンタを食らうレンジ部分のサインは、あるインジケーターを使うことで捨てることができます。

▼ニュージーラリアのレンジ部分でのサイン
ニュージーラリアのサインの取捨選択について

実は上記チャート画像に一切表示していない「更に秘密のインジケーター」もありますw
(※詳細はマニュアルに記載してあります)

 

サインツール特有の難しさでもある「サインの見極め」については、マニュアルで詳細に解説してあります。

ニュージーラリアのマニュアル

・安全第一で使いたい方
・少々アグレッシブに使いたい方

マニュアルはどちらのタイプにも対応できるように書いてあります。

アグレッシブに使いたい方は応用的な裁量判断が求められますが、基本的な考え方も記載してあります。

 

ニュージーラリアに関するQandA

Q.FX初心者でも使えますか?
A.サインツールの中でも簡単な部類なので、初心者の方でも問題ありません。
ただしインジケーターの設置方法などは記載しておりませんので、基本的な操作方法が分かる方が対象となります。

Q.サインはリペイントしますか?
A.リペイントはしません。仮にリペイントしてもスイングトレードなので特に問題はありません。

Q.AUD/NZD以外でも使えますか?
A.ニュージーラリアはAUD/NZD専用設計となっておりますので、他の通貨ペアでのご利用はお勧めしません。恐らく痛い目を見ますw

Q.MT4以外のトレードソフトでも使えますか?
A.ニュージーラリアはMT4専用のインジケーターとなります。
ただしスキャルピングに比べて瞬時の判断を必要としないスイングトレードなので、MT4でサインを確認してからお使いのトレードソフトでエントリーしても十分間に合います。

Q.サインは通知されますか?
A.MT4のポップアップでアラートが鳴りますし、メール送信機能を使ってスマホにサイン通知を送ることも可能です。

最後に

ニュージーラリアは、サインツールとしては地味ですw

AUD/NZDというマイナーな通貨ペアに限定していますし、しかも4時間足専用というスイングトレードです。

そこに派手さは一切ありませんw

しかしトレード回数や通貨ペアと稼げる金額は全く関係ありません。

トレード回数が多いスキャルピングをやっているトレーダーが勝っているかと言えば…決してそんな事はありませんよね。

大半のトレーダーは負けているんですから。

地味ながら手堅くジワジワと証拠金が増えていくのがニュージーラリアの特徴です。

 

スキャルピングやデイトレといったメイン手法とは別で、堅い手法を持つのは精神安定剤としても重要です。

手堅いトレード手法として覚えておいて損はありませんよ。
というか、知らないと損します。

1トレードで200pips取れることもあるんですから。

 

→販売ページへ移動する(新規タブでゴゴジャンが開きます)

 

「持ってて良かったニュージーラリア」

時間が経つほど、そう感じるはずです。

 

FX侍テンプレートの紹介
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 反発を示唆する長いヒゲを活用したトレード実例の根拠を解説
  2. Instant Profit Scalperを使うスキャルピング手法
  3. 騙しの少ない最強の時間足である日足の転換点を使うトレード手法
  4. ブレイクアウトを狙うトレード手法まとめ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP