【Tradingview講座】チャートを重ねて表示する方法

FX侍です、こんにちは。

今回はTradingviewで異なる通貨ペアのチャートを重ねて表示する方法を図解で分かりやすく解説します。

こういう感じのチャートですね。

▼ドルインデックスとユーロドルを重ねた比較チャート
ドルインデックスとユーロドルを重ねた比較チャート

こうした異なる銘柄を1つのチャートで比較するのは、相関関係を調べるのには必須の操作です。

図解入りで分かりやすく比較チャートの表示方法を解説するので、ぜひマスターして下さい。

慣れてしまえば簡単ですので。

Tradingviewでチャートを重ねる方法

読者さんからリクエストを頂いた、ドルインデックスにユーロドル重ねて表示する方法を例に解説します。

ドルインデックスは全トレーダーが分析すべき必須科目ですが、よく分からない方は下記を参考にどうぞ。
動画でも解説しているので、基本~応用までが学べます。

 

ではまずはドルインデックスのチャートを開きましょう。

Tradingviewでドルインデックスのチャートを開く

上記画像のように、リンク先から「フル機能のチャートを開く」を選択します。
→Tradingviewでドルインデックスを開く(新規タブで開きます)

 

既にTradingviewのアカウントをお持ちの方は、適当なチャートを開いて下さい。
画面左上の検索コマンドに「DXY」と入力してドルインデックスを表示しましょう。

Tradingviewでドルインデックスのチャートを開く

何かのチャート上で「DXY」とキーボードで直接入力してもOKです。

これでドルインデックスのチャートが開けました。

ドルインデックスのチャート

ここにユーロドルを重ねて表示してみましょう。

 

画面上部ツールバーから「比較」をクリックし、重ねて表示する通貨ペア名「EURUSD」を入力します。

チャートを重ねて表示する通貨ペアを入力

 

価格レートの配信元の候補が複数出てきますが、一番上に表示されるのEURUSDでOKです。

マウスカーソルを合わせると「同じ%スケール・新しい価格スケール・新規ペイン」という3種類の選択肢が表示されます。

比較チャートの3種類の表示方法

迷ってしまうかもしれませんが、それぞれの違いを理解すれば簡単です。

同じ%スケール・新しい価格スケール・新規ペインの違い

▼同じ%スケールで表示した場合
同じ%スケールで表示した場合

画面左端を基準(=0%)として、値動きを価格ではなく%で表現したチャートです。
3つ以上の値動きを比較する際に使うことが多いです。

 

▼新しい価格スケールで表示した場合
新しい価格スケールで表示した場合

既存の通貨ペアの価格は右側で表示、重ねた通貨ペアの価格は左側、というように左右でそれぞれの価格が表示されるチャートです。
AとBを重ねて表示する際に、最も使う機会の多い形式です。

なお、新しい価格スケールで表示する場合には「自動スケール機能」をONにして使いましょう。
(通常はデフォルトでONになっています)

▼新しい価格スケールで表示する際の注意点
新しい価格スケールで表示する場合の注意点

 

▼新規ペインで表示した場合
新規ペインで表示した場合

サブウィンドウに個別のチャートを開くイメージです。
それぞれにインジケーターを表示することも出来るので、使い勝手の良い表示方法です。

追加した通貨ペアの表示に関する調整

重ねて表示した通貨ペアは、デフォルトではラインチャートで表示されます。

設定コマンドで、ローソク足に変更したり、色や太さを変えたりという表示に関する調整が可能です。

比較チャートで追加した通貨ペアの表示に関する調整

 

サブウィンドウに表示される新規ペインの場合には、ローソク足表示に変更すると見やすくなりますね。

下記はユーロドルを「新規ペイン」で表示し、ラインチャートをローソク足に変更した場合です。

▼新規ペイン+ローソク足で表示した場合
新規ペイン+ローソク足で表示した場合

上下それぞれのチャートにラインやボックスを書けるので、この表示方法も覚えておくと良いですね。

チャートを重ねて表示する際に役立つTradingviewのテクニック

Tradingviewはただ単に複数通貨ペアを重ねて表示できるだけではありません。

事例に挙げたドルインデックスとユーロドルは、逆相関の関係にあります。
(ドルインデックスが上がればユーロドルは下がる、という関係ですね)

▼逆相関の関係にあるドルインデックスとユーロドル
ドルインデックスとユーロドルを重ねた比較チャート

 

実はTradingviewでは、通貨ペアを反転させて表示させることができるんです。

下記はドルインデックスにドルユーロ(ユーロドルの反転)を重ねた事例です。

▼表示方法を反転させたユーロドルを重ねて表示した事例
表示方法を反転させたユーロドルを重ねて表示した事例

ユーロドルを反転させることで順相関となり、上昇下降のタイミングのズレを発見することができます。

MT4にも通貨ペアを重ねて表示するインジケーターはありますが、こういった高機能さはTradingviewの大きな強みと言えます。

 

やり方は簡単。

重ねて表示する通貨ペアを入力する際に、EURUSDではなくUSDEURと反転させて入力するだけでOKです。

反転させた通貨ペアを重ねる方法

同様の方法でドル円ではなく円ドル、ポンドドルではなくドルポンドなどのように、様々な通貨ペアの並びを変更した表示が可能です。

ドルインデックスのような通貨ペア以外を反転させる方法

DXY(ドルインデックス)のような単一表記のシンボルでも反転表示は可能です。

下記は反転させたドルインデックスにユーロドルを重ねたチャートです。

▼ドルインデックスを反転させてユーロドルを重ねた事例
ドルインデックスを反転させてユーロドルを重ねた事例

DXY(ドルインデックス)を反転させる場合は演算を使います。

下記のように「1/◆◆」と入力することで、◆◆に該当するシンボルが反転表示されます。

▼反転させた通貨ペアを表示させる方法
反転させた通貨ペアを表示させる方法

演算コマンドはクリックすることで入力欄に代入されます。

まとめ

Tradingviewでチャートを重ねて表示する「比較チャート」を覚えれば、MT4だけでの分析より間違いなくステージが広がります。

TradingviewのMT4とは異なる操作方法に戸惑う人も多いですが、テクニカル分析の高機能さはTradingviewの方が間違いなく上です。

高度な分析=Tradingview
トレード =MT4

こういった使い分けを激しく推奨します。

 

この記事を見ながら比較チャート機能に慣れて下さい。

多分1時間も触っていればTradingviewに慣れてくるはずですよ。

 

~その他のTradingview講座~
・過去の経済指標をチャートに表示する方法

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP