あなたがFXで最終的に勝ち逃げできない理由

あなたがFXで勝ち逃げで終われない理由

FX侍です、こんにちは。

今回はあなたがFXで勝ち逃げで終われない理由を解説します。

(※トレード単位の話じゃなく、お金を残すという意味の話です)

 

例えば…
10万円から始めて、短期間で300万円に増やしました。
さて、どうしますか?

 

 

元金の10万円だけ残して出金しますか?

 

 

多分そういう人は少数派です。

 

 

実際に10万円が30倍に増えたという状況になると、多くの人はこうなるんです。

「あれ?もしかして自分にはFXの才能があるんじゃないか?」

こうやって勘違いしちゃうんですw

運を実力と勘違いした結末は、口座破綻という悲しい最終回を迎えます。

勝ち逃げできず口座破綻させる理由

FXは3年間生き残ってからがスタートライン、みたいな比喩があります。
(まずは1年とか、5年で1人前とか色んなタイプがありますが)

1年に3回ほど狂った相場が、そして3~5年に1回はパニック的な相場があると言われます。
こうした色んなタイプの相場を生き残って1人前という意味ですね。

実は、ほぼ運だけで勝ち続けられる時期ってのは存在します。

下記はドル円の1時間足。

▼約3週間に渡って上昇を続けるドル円(クリックで拡大します)
約3週間に渡って上昇を続けるドル円1時間足

昔を知ってる人からすると「お前、ほんとにドル円か?」って疑いたくなるような値幅で動いてますねw

この時期に何も難しいことは考えず、買いだけで立ち向かえば勝てますよね。

 

タラレバの話をすると…
レジスタンス抜けで買ってれば500pipsを超える利益となっています。

レジスタンスブレイクで500pipsを超える利益

こういう強いトレンド時じゃなくて、大きなレンジが好きという人が多いでしょうが。

大きなレンジなら含み損に耐えてれば価格は戻ってきますが、こういう強いトレンドは含み損に耐えきれず口座破綻させる人が増えますからね。

ま、別にトレンドが好き、レンジが好きってのは関係ありません。

 

重要なのは、運と実力のどちらで勝ったのか?という点です。

トレードを繰り返すほど、結果は実力に収束していきます。

この事実は頭に叩き込んでおいた方がいいです。

 

運を実力と勘違いしたことに気付かない人は、辞め時も分からず徐々に結果が実力に近づいていきます。

トレーダー的に言えば、MAから乖離した価格がMAに戻ってくるイメージでしょうかw

 

FXで勝ち逃げする辞め時っていつ?

FXの辞め時に正解はありません。
付き合い方は人それぞれですから。

1億円達成で辞めるのも、毎月200~300万円ほど稼ぎながら続けていくというのも全然アリ。

ただしこれは、運ではなく実力で勝った人だからこそできる話。

先程も言ったように、トレードを繰り返すほど結果は実力に収束していくので、実力がなければ時間が経つほど資金は減っていきます。

ジワジワと資金が減っていく中で運で勝っていた人は、「自分には隠されてたFXの才能があるんだから取り戻せるはず!」と思って悪手を打つことが多いです。

スキルに見合わないハイレバ、なんとなくのナンピンなど、よくある事例は下記を参考にどうぞ。

 

過ちを犯しても相場が助けてくれる状況なら、不幸にも何とかなってしまうんですw

しかし相場が変わった時にメッキが剥がれます。

・トレード手法が相場に合わなくなってロスカットを連発
・含み損に耐えきれなくなって口座破綻

こうした悲しい結末が待ち構えています。

FXで資金を残す(=最終的な勝ち逃げ)には、トレードを重ねても資金が着実に増えていくスキル(手法、考え方、資金管理など)が必須ということです。

まとめ

FXでは大半の人が負けるというのは、長期的に見れば間違いのない事実です。

短期的に勝つ人は多いですが、トレードを繰り返すほど結果は実力に収束していくので、最終的に勝ち逃げで終われる人は極少数です。

ちなみに…運と実力と勘違いの関係は、トレーダー的に表現するとこうなりますw

運と実力の違い

しかし口座を破綻させる多くのトレーダーは、実力はSMA800ぐらいなのに運がEMA20ぐらいになってます。そりゃ乖離幅もデカくなって当然ですw(あくまでイメージね)

本当にFXで資金を残したいのであれば、短期と長期の乖離幅に注目してください。

いや、短期MAを非表示にするぐらいが良いかも知れませんね。

 

正しいトレード手法や知識、考え方、資金管理の元で経験を積むことで、トレードを重ねても資金が増えていく実力を習得するんです。

それが最終的な勝ち逃げをするための唯一の選択肢です。

余裕がある人は独学でも構いませんが、効率的に学べる環境を探しているならFX侍塾が最適です。

刹那的に勝てる手法ではなく、変化する相場に対応できるトレードの核が学べます。

期間と人数限定での募集となるので、予めご了承下さい。

 

下記もチェックして下さい(・∀・)

→FX侍塾の関連記事を見てみる

EA小次郎の詳細
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. コピートレードを勧めないシンプルな訳と例外について
  2. 欧州勢とアメリカ勢が入り乱れるNY時間の戦い方と注意点
  3. セルザファクトが起こる裏側の原因
  4. セットアップとトリガー
  5. 自由度の高さがFXを難しくする

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP