3つの焦りがFXで負ける最大の要因

FXで負ける最大の要因は…3つの焦りである

FX侍です、こんにちは。

今回は諸悪の根源である「3つの焦り」について。

FXで負ける(勝てない)最大の要因は焦りに起因します。

・1日でも早く稼ぎたいという焦り
・損失を直ぐに取り返したいという焦り
・マイナスになる前に薄利でも目先の利益を確保したいという焦り

あなたも思い当たる節がありませんか?

これらを解決策は『正しいトレード手法を身につける事』しかありません。

1日でも早く稼ぎたいという焦り

もっと簡単に勝てるトレード手法があるんじゃないか…
どんな相場でも勝てるサインツールがあるんじゃないか…

誰もが1度は思うことですね。

1日でも早く稼ぎたい、結果を出したいという焦りから「まだ知らない何か」が劇的に結果を変えてくれると思う人は多いです。

でも裏技的なショートカットなんてありません。

一定レベルのトレーダーが何かをきっかけに一気に飛躍することはありますが、大したスキルもない初心者が一気に勝てるようになる魔法はありません。

確かに…
あなたが知らない今よりも良いトレード手法が存在する可能性は大いにあります。

(ただし手法の中身がどうなのかって判断するには相応のスキルが必要って問題はありますが)

しかし確実に言えることは、(それなりの優位性も実績もある)トレード手法を手にしたなら、腰を据えて最低でも1ヶ月はその手法に取り組むべしって事。

最低でも1ヶ月と言いましたが、3ヶ月ぐらいは1つの手法に集中すべきですね。

下記の記事も参考にどうぞ。

 

FX侍塾でもある程度ノウハウに沿って正しいトレードができるようになるまで、早い人でも2ヶ月ぐらいは掛かります。(1期生のKさんが最近覚醒し始めたという例もあります)

理解度や経験値、取り組める時間に個人差があるので、トレード手法を学んでから結果に繋がるまでに人によって時間差が出るのは仕方がありません。

 

知識だけで勝てる世界じゃない

FXは知識があれば勝てるって世界じゃありません。

例えば、こんな護身術の本を渡されたとしましょう。

護身術のイメージ

本を全部読めばもう大丈夫!強くなってるはずだよ!
ちょっと腕試しにプロの格闘家と戦っておいで!

って言われたらどうします?

(*`Д´)っ))ナンデヤネンッ!!ってなりますよねw

 

でも何故かFXになると、知識(手法)を知っただけで直ぐに勝てるようになるって勘違いしちゃうんです。

重要なのは…
相場の本質に近い知識を知り、時間をかけて何度も繰り返し実践して習得すること。

そうする以外、FXで本当に勝ち続けるスキルは身に付きません。

 

ちなみにFX侍塾のサポーターであるTさんは、トレーダーとしてトップクラスの成績を安定した勝率で出し続けています。(そんなの嘘でしょwって言うぐらいの成績をリアルに出してます)

しかもTさんのFX歴は約1年。

知識の量だけで言えば、勝てずに何年もくすぶっているトレーダーの方がTさんより色んな事を知ってます。

もう1回言いますね。

重要なのは、相場の本質に近い知識を知り、時間をかけて何度も繰り返し実践して習得する事です。

 

損失を直ぐに取り返したいという焦り

FX侍塾で教えている正しいトレード手法を実践しても、残念ながら負ける時もあります。

勝ち負けに目が行く気持ちは分かりますが、実は正しいトレードができているかが最も重要です。
(正しいトレードが身に付けば結果は後から嫌でも付いてきます)

しかし負けを直ぐに取り戻したいという焦りで、傷口を広げてしまうというのはよくある話。

ショックを受けた人のイメージ

・普段のトレード手法を無視した無茶なエントリーを繰り返す
・通常よりもロットを上げて一気に損失を取り返そうとする

こうした身の丈に合わないトレードで、損失を広げた経験がある人も多いはずです。

こういう悪手を踏まないために「感情的にならない」ってのはよく言われる話ですが、ちょっと具体性に欠けますよね。

 

そこでお勧めの具体的な対処法は『1日の平均獲得pips数を把握しておくこと』です。

自分の力量で平均して1日20~30pipsぐらい取れると把握していれば仮に負けても「今日の損失は●日で取り返せる」と客観的に判断できます。

損失を冷静にリカバリーするイメージ

ただしこれを把握するためには、しっかりとしたトレード手法を身に付けることが大切です。

逆に言うと、正しいトレード手法を身につければ「焦り」に起因する負けを極限まで減らすことができるってことですね。

負けるのは誰でも嫌ですが、ある程度は仕方がないと割り切るしかありません。

大事なのは目先の勝ち負けではなく『正しいトレードができているか?』という点です。

下記も参考にどうぞ。

 

薄利でも目先の利益を確保したいという焦り

あ~ローソク足の動きが怪しい…マイナスになるのは嫌だなぁ…
  ↓
薄利でも利確しちゃおっと…
  ↓
何だよ!持ってれば利確されたじゃん!

こういう経験ありますよね。

エントリー後のターミナルに表示される損益金額に一喜一憂。
ローソク足を大きく表示して、ちょっとでも逆行したら一気に不安になる。

損失の増減で一喜一憂する人のイメージ

FX侍も初心者時代によくやりましたw

最初のうちはこれでもいいんですが、この段階からずっと抜け出せないのは大問題。

この状態は目先の稼ぎにフォーカスし過ぎているんです。

利益は少なくても確実に手に入れたい。
損失はチャラになるかもしれないから我慢。

このようにメンタルを理由に決済していると、永遠にトレード手法は身に付きません。
(というか想像以上に資金が減っていくはずです)

利確も損切りもトレード手法に準ずるテクニカルを根拠にしなければいけません。

先程も言ったように、正しいトレード手法を身につけることで「焦り」に起因する負けを減らせます。

っていうか、FXで勝てるようになるにはそれしかないんですけどね。

トレードの根拠がメンタルである以上、FXでは勝てないと思った方がいいです。

 

まとめ

FXで負ける最大の要因は「3つの焦り」です。

・1日でも早く稼ぎたいという焦り
・損失を直ぐに取り返したいという焦り
・マイナスになる前に薄利でも目先の利益を確保したいという焦り

この中でも最も厄介なのは「とにかく早く稼ぎたいという焦り」です。

これがトレーダーを狂わせます。

隣の芝生が青く見えたり、手法の目移りをしたりと、FXで勝つというゴールからあなたを遠ざけます。

そして正しいトレード手法を身に付けることに悪影響を及ぼします。

 

重要なのは、相場の本質に近い知識を知り、時間をかけて何度も繰り返し実践して習得する事です。

要するに、みんなが嫌いな努力の継続ですw

天才とは努力する凡才のことである
アインシュタイン

努力せずに何かできるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうだと思う
イチロー

もちろん、生まれつきの能力の問題もまったく無視はできない。それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。
トーマス・エジソン

世界の偉人も継続する努力の必要性を説いています。

努力する覚悟は十分あるけど、その具体的な方法が分からない…
という方は、FX侍塾を猛プッシュでお勧めします。

 

FX侍塾4期の募集は終了いたしました。

次回の募集は2022年11月以降となります。(確定では御座いません)

 

EA小次郎の詳細
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 急落リスクのある大型連休の立ち振舞に要注意!
  2. 押し目買いが難しいと感じる5つの原因と3つの改善法
  3. 安く買う・高く売るの間違い
  4. FXで勝てるようになるきっかけ
  5. その過去検証は意味ないです

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP