コピートレードを勧めないシンプルな訳と例外について

コピートレード(先出しの真似)は止めた方がいい理由

FX侍です、こんにちは。

今回は先出しトレードに便乗するコピートレードについて。
(※別アカウントに紐付けするコピートレードとは別です)

こういうコピートレードの話です。
先出しのコピートレードのイメージ

Twitterみたいな誰でも情報発信できるSNSとかで見かけますが、個人的には得体の知れない人のコピートレードはお勧めしません。

前に読者さんとのメールのやり取りで「FX侍さんのコピートレードならやってみたい」というお声も頂きましたが、後述する理由でFX侍は先出しトレードはしないと決めています。

コピートレードは止めた方がいい理由

最も大きな理由は「状況が変わった時の対処法が分からない」という点です。

相場観や損切りレベルを提示してくれているならまだいいんですが、ただ単にポジションを建てたという情報だけでコピートレードするのは危険すぎます。

相場は何がきっかけとなって急変するか分からないリスクがあります。

何も考えずにコピートレードをしていると、流れが変わった時に「●●さんが言ってたから…」という理由で、当初の目線を変えることは難しいです。

要するに判断も丸投げして乗っかっているだけなので、どうすればいいのか分からないんですね。

何も考えずコピートレードに乗った人の末路のイメージ

こんな状態になったら投資(投機)の世界からは足を洗った方が身のためです。

仮に流れが変わった時に、先出しトレードの配信者が早々に手仕舞いしたとしましょう。
その判断を全て解説するのは無理がありますし、その間にも相場は動いています。

自分の頭で考えるのを放置したら、それはただのギャンブルです。

コピートレードの配信者には相当なレベルが求められます。

 

まぁ偉そうに言ってますが…
実はFX侍が日本株をやっていた頃、Twitterの先出しトレードに乗って痛い目に何度も遭いました 照

いわゆる煽り屋の類なんですが、得体の知れないただ有名なだけの人物の煽りを「本当かもしれない…」という淡い期待で乗ってしまうんです。

その背景には、自分で考えず楽して儲けたいというクソみたいな根性があったんですね、今思えばw

その授業料は東京証券取引所に収めてきましたよw

FXと株では市場規模が違うので素人の煽りで為替は動かせませんが、根本の「コピートレードで楽して儲けたい」という気持ちは同じです。

得体の知れない人の先出しトレードに乗るのは止めましょう。

ギャンブル的なお小遣い稼ぎならお好きにどうぞ。
そのうち大きなしっぺ返しが来ると思いますが。

本気でFXに取り組むのであれば、何のプラスにもなりません。

その人の相場観やトレードから何かを盗むつもりで参考にする程度ならOKですけどね。

コピートレードをしても問題ない場合

得体の知れない人物のコピートレードは止めた方がいいのは記述の通りですが、逆に言うと確かな実力のトレーダーなら問題ないかと。

ただ、その辺の限られた世界でのちょっとした有名人レベルはお勧めしません。

世界規模で実力を認められた知名度のあるトレーダーならOKです。

そんな人いるの?(・・ハテ?

と思われたかもしれませんが、FX侍のブログで既に紹介済みの人物がいるじゃないですかw

このお二方ですよ。


世界的に実力を認められ、知名度も抜群です。
※SNS界隈だけの有名人は知ってるのに、こうした本物を知らない人も残念ながら多いですが…

FX侍もこの二人のメルマガに関しては、コピートレードで良い思いをさせてもらってますw

どのように活用するかは人それぞれですが、ただ単にコピートレードするより「相場観の解説・エントリー根拠・利確損切り根拠」をしっかりと学ぶ姿勢でメルマガを読んでいると得られるものは大きくなります。

まとめ

コピートレードで勝てれば確かに楽ですが、トレーダーの成長を妨げる要因にもなります。
トレードから何かを学ぶ、盗むという姿勢が必須です。

バカラ村氏・西原さんのコピートレードをする場合は当然ですが、タイミングが合わなかったり自分の相場観と合わずに見送る時にでもチャートにエントリー位置は記録して、自分なりに背景を考えています。

こういった一手間で仮に負けたとしても知見を貯めることができます。

ただのアナリストは論外として、現役トレーダーのコピートレードをするにしても、そこから何が吸収できるかを考えましょう。

投資の世界は玉石混交なので、真似する相手はしっかりと見定めた方がいいですよ。

FX侍塾のご案内
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. サインツールを使っても勝てない理由と対策
  2. セットアップとトリガー
  3. 未来を見通す相場観の養い方
  4. 根拠のあるトレードプランを考える!簡単な環境認識の仕方を解説
  5. セルザファクトが起こる裏側の原因
  6. 東京時間と一変するロンドン時間の戦い方と注意点

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP