その過去検証は意味ないです

その過去検証、あんま意味ないで!

FX侍です、こんにちは。

「トレードスキルを磨くためには過去検証が何より大事!」

耳にタコの養殖場ができるほどよく聞く話です。

 

あ、そうそう。
2021年に世界初のタコの養殖場がカナリア諸島にできましたが、これまで多くの科学者が「タコには知性がある」という理由で養殖に反対してきた経緯があるそうです。

へー(・∀・)ですねw

 

話を戻しましょう。

検証が大事なのは言うまでもありませんが、『過去』検証って言葉に惑わされている人が多いです。

よく推奨されている過去検証のやり方はこんな感じ。

1.練習ソフトを使う(フォレックステスターやMT4裁量トレード練習君プレミアムなど)
2.MT4のストラテジーテスターを使う
3.適当な位置にチャートを戻して検証する

2番3番はお金は掛かりませんが、1番は有料ソフトを買わないといけません。

世間一般的には1番の有料ソフトを勧めていることが多いですね。

という訳で、そうした過去検証にあまり意味が無いことを解説します。

 

あ、無料でできる意味のある検証方法もお伝えするのでご安心下さい。

多くの過去検証に意味がない理由

有料の練習ソフトは実際のリアルタイムで動くチャートと同じイメージでトレードができる。
デモトレードとは比較にならない速度で練習ができる。

まぁこんな文句で練習ソフトを推奨してる人が多いですね。

確かにデモとは言えトレード経験が積めるので、効率的にスキルアップしているはあるでしょう。

しかし本当のトレードはそんなんじゃ無いですよね。

その時々でセンチメントや注目される経済指標は変わります。
そして米ドルが強いとか、資源国通貨が弱いとか、米金利が上昇してるとか、バリアがあるとか…

こうした様々な要因を加味して色んな通貨ペアを比較し、最も確率の高い合理的なシナリオができた通貨ペアでトレードするはずです。

リアルな相場の温度感は過去検証じゃ分かりません。

 

え?そんなの気にしてないって?

そうですか…(´・ω・`)

でも気にした方がトレードに対する自信度が変わりますよ。

一応、参考記事のリンクを貼っておきますね。

いや~ファンダメンタルとか難しくて…(^_^;)
って人も多いでしょう。

確かにそれなりのスキルがあればテクニカル分析だけでも勝率8割9割ぐらいは出せます。

とは言え、ただ単に練習ソフトを使って「インジケーターが●●になったから買い!」とか、「このチャートパターンだから売り!」みたいな検証は全く意味がありません。

その行為はEAで完結できます。

EAでは分からない相場観を入れるからこそ裁量トレードなんです。

過去検証でEAのようなトレード経験を積んでも意味はありません。

 

無料でできる意味のある検証方法

1.MT4を開きます
2.普段どおりに通貨ペアをチェックします
3.「エントリーできそうだ」と思った通貨ペアの画像を保存します
4.時間が経ったらその通貨ペアの値動きの答え合わせをして下さい

価格が止まるサポレジを加味して、チャートに値動きのシナリオを書いて、数時間後(又は翌日)に復習。

非常にシンプルですが、これが最もリアルトレードに近い検証のやり方です。

監視する通貨ペアが多ければチェックするのも大変ですが、その処理能力も磨いていかないと本当のトレードチャンスを厳選できるようになりません。

過去ではなく『今』の市場のリアルな温度を感じながら、自分の見立ての正確性を図るんです。

デモでエントリーしてもOKですが、別にエントリーしなくてもやり方次第で検証の効果は得られます。

自分のリアルトレードの復習方法は下記でも解説していますが、これを上手く活用するってことです。

練習ソフトで気楽にポチポチやるより、リアルと同じ環境で揉まれた方が遥かに実践力が付きますよ。

 

言いたいことは分かりますw

結局はデモトレードって事でしょ?
それは時間が掛かるから、時短効果がある練習ソフトを使うんですよ!

と言いたい人が多いことは想定済みですw

まぁ世間的に多い勝率6割程度のトレーダーを目指しているなら、練習ソフトを使って効率的にスキルアップしているに浸ればOKです。

ただバーチャルに慣れ過ぎると、いざ本番になった時に「こんなはずじゃなかった…」となる可能性大です。

リアルの相場はお金の奪い合いです。

「はぁ!?何だこの値動き!!」ってのはしょっちゅうです。

本気でFXでお金を稼ぎたいなら、少しでも早く現場で経験を積んだ方がいいのは間違いありません。

・練習ソフトでの過去検証 =座学
・紹介した今の相場での検証=ほぼ実践

感覚的にはこれぐらいの違いがあります。

 

1日でも早くリアルトレードで稼ぎたい!という焦りがあるかもしれませんが、FXにおいて焦りは禁物です。

「練習ソフトで1ヶ月トレードした人」と「今回紹介した方法で半年間検証を続けた人」

1年後に生き残っている確率、稼げた金額は大きな差が付いているはずです。

記事の流れからどっちがどうってのは伝わりますよねw

 

ま、練習ソフトを買っちゃう人が大半だと思いますが、努力するなら意味のある努力をした方がいいですよ。

EA小次郎の詳細
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 絶対にやってはいけない典型的な負けるトレード
  2. 天底を狙うとダメな理由
  3. FXで勝てない多くの人に欠けているあるスキル
  4. FXで勝てるようになるきっかけ
  5. FXの勉強ノートはiPad+Onenote+手書きがお勧め
  6. 勝ち組トレーダーの習慣

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP