インジケーターでは勝てない?インジケーターだけで勝てる?

FXはインジケーターでは勝てないけど勝ち続ける人もいる矛盾

FX侍です、こんにちは。

FXってインジケーターだけで勝てるの?
いや、インジケーターじゃ勝てないよ。

なんて疑問や意見を持つトレーダーは多いですが、事実は1つしかありません。

それは「インジケーターだけで勝ち続けられる世界じゃない」という事実です。

 

もう少し補足すると…
インジケーターだけを判断基準にしてたらどこかで大怪我するってことです。

何かのインジケーター(サインツールを含む)だけに従って勝てることも当然あります。

時には相場にマッチして「え?FXってこんなに勝てるの?」というケースもあります。
しかしそれを実力と勘違いすると、インジが相場に合わなくなった時に貯めた資金を吐き出します。

相場にはインジが合う時期、合わない時期ってのがあるんです。

趣味程度にトレードして楽しめればそれでOK!と言うなら別に何も言いません。

でもFXでそれなりに資金を増やしたいと言うなら、インジケーターだけで勝ち続けられる世界じゃないという事実をしっかりと理解しておきましょう。

色んなインジケーターが「旦那、買いだよ!」と言ってても、時には踏み止まる判断も必要となるんです。

相場が分かる人ならインジケーターだけでも勝てます

FX侍塾で先週、新しい手法を公開しました。

FX侍塾で公開した新手法のチャート

当然その詳細はシークレットですが、6つのインジケーターからチャートは構成されています。

で、ぶっちゃけこのチャートは勝てます。

ただし『全てのインジケーターの方向性が揃ったらエントリー』という短絡的な使い方だけでは勝てません。

しかし逆に言うと、相場が分かっている人なら『全てのインジケーターの方向性が揃ったらエントリー』で勝てちゃうチャートです。

だからこそFX侍塾の半分が折り返したタイミング(=相場への一定の理解ができた)で、この手法を配布したんです。

 

イメージ的には…

・勝てない人=インジの色変わりでエントリーすれば良いと考えている
・勝てる人 =インジの色変わりはあくまで判断基準の1つと考えている

この違いは想像以上に大きな差です。

勝てない人はEA的な発想、勝てる人は裁量の発想ですね。

例えば、全てのインジが揃ったとしても…

・明らかな高値圏や下降トレンドの最中で買いますか?
・明らかに方向性が決まっていないレンジで買いますか?

こういう状況で「ちょっと待てよ…」という判断ができなければ、どんなインジケーターを使っても勝ち続けることはできません。

その判断が裁量判断であり、相場への理解といえます。

そういう訳で、相場が分かっていなければどんなインジケーターを使っても勝てません。
逆に言えば、相場が分かっていればインジケーターで勝ち続けられます。

この決定的な違いは絶対に理解しておきましょう。

まとめ

インジケーターは「エントリートリガー」と「エントリーフィルター」の2つに分類できます。

インジケーター自体は非常に便利なものなので、目的に合うものを使うのは全然アリです。

世界のトップトレーダーも普通にバリバリ使ってますからね。

じゃあ勝てない人との違いは?といえば、インジケーターに対する比重の置き方です。

自分がまだ知らないインジケーターがトレード成績を劇的に改善してくれるんじゃないか…
なんて淡い期待を抱いているなら1日も早く目を覚ましましょう。

裁量スキルが無いのをインジケーターが埋めてくれる訳じゃありません。

判断を補助してくれる便利なモノってだけなんです。

 

 

裁量スキルが無いのをインジケーターが埋めてくれる訳じゃありません。

裁量スキルが無いのをインジケーターが埋めてくれる訳じゃありません。

大事なので繰り返しましたw

ここを勘違いしないようにして下さい。

 

勝てずにもがいている人はインジケーターに打開策を求めがちですが、根本原因はそこじゃないってパターンが多いのでご注意下さい。

本気で現状を打破したいなら、FX侍塾が最適ですよ。

 

FX侍塾4期の募集は終了いたしました。

次回の募集は2022年11月以降となります。(確定では御座いません)

 

EA小次郎の詳細
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. カップウィズハンドルで反転を狙うコツと注意点
  2. トレンドの強さを計るインジケーターの見方と設定
  3. 優位性のトレードの必需品「エントリー根拠」って何個いるの?
  4. 大衆心理と大口目線から紐解くロールリバーサルが起こる理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP