FXはデイトレとスイングトレードのどっちがいいの?と迷う人へ

FXはデイトレとスイングトレードのどっちがいいの?と迷う人へ

FX侍です、こんばんは。

今回はデイトレードとスイングトレードについて。

「初心者はデイトレよりもスイングトレードの方がお勧め」みたいな使い古された言葉ではなく、FX侍塾をやってきた中で見えてきた実情をシェアします。

 

本題に入るに【デイトレとスイングトレードの定義】をしておきます。

・デイトレ=15分足程度の短期足を使って10~20pipsを狙う
・スイング=1時間足以上の長期足を使って大きな値幅を狙う

スタイル自体に明確な定義はありませんが、FX侍はこんなイメージで分類しています。

使う時間足と狙う値幅で分けてます。

では早速本題へ(・∀・)

デイトレとスイングトレードの違い

デイトレとスイングトレードの大きな違いは2つあります。

1つは、実践できる回数の違い。
もう1つは、資金効率の違い。

それぞれ具体的に解説します。

実践できる回数の違い

例えば、15分足のデイトレと4時間足のスイングで比べた場合、単純にトレード回数に大きな差が生まれます。

時間足が大きくなれば、トレードチャンスは必然的に少なくなります。

勝てるトレーダーは更にチャンスを精査しますが、負けるトレーダーは「もう待てない!」と無理やりエントリーしちゃいます。

長期足だから裁量判断が不要ってことじゃないんです。

待ちに待ったチャンスが来てもそこで一旦踏み留まれる「忍耐力の有無」がデイトレ以上にスイングトレードには求められます。

 

そして意外と見落としがしですが…
デイトレに比べて実践経験が少なくなるという点もスイングの特徴です。

FXは手法さえ知れば勝てる!って世界じゃありません。

知識として分かっているのと、実際に自分のお金を使ってトレードするのは別次元です。

自信を持って使いこなすには、訓練が絶対に必要なんです。
下記でも解説してるので参考にどうぞ。

デイトレに比べて経験を積むスピードが遅いというのは、スイングの特性として覚えておきましょう。

 

資金効率の違い

スイングトレードは含み損がデイトレに比べて大きくなるので、必ずロットを落とします。

(こうした最低限の資金管理ができない人はデイトレでもスイングでも破綻します)

つまり、スイングはチャンスも少なくロットを抑えめにするので、必然的にデイトレよりも資金の増加スピードが遅くなります。

デイトレでの100pipsに比べてスイングの100pipsでは、利益が少なくなるのが普通です。

 

デイトレとスイングトレードのどっちがお勧め?

デイトレとスイングの違いを見ると、スイングは駄目なの?と思うかもしれませんがそれは誤解ですw

結論から言えば、両方やるのが理想です。

デイトレにもスイングにも双方の良さがありますから。

◆デイトレの良さ
・資金の増加スピードが速い
・チャンスがスイングに比べて多い

◆スイングの良さ
・デイトレよりも簡単
・比較的安定した勝率が出る
・チャートを監視する労力が少ない

双方の特性を活かしながら、デイトレとスイングの両軸で資金を増やすのが最も理想形です。

というか、FXに取り組み方は自由なので別に●●だけ!って自分で制限を掛ける必要はありません。

それぞれに良い所があるので、取り入れればいいんです。

 

そういう訳で、FX侍塾ではデイトレとスイングの両方のノウハウを提供しています。

デイとスイングの両方でがっぽり勝ってる塾生さんもいますし、スイングだけで週700pips取っちゃう塾生さん(しかも勝率9割)もいます。

ちなみに余談ですが、今は塾で密かにスイングトレードブームが来ていますw

非常にシンプルな手法ですが、そこそこ勝てるんですよね(*´ω`*)

そしてスイングでも利益を最大限大きくする考え方も伝えているので、塾での立ち位置的にはスイングはサブ手法ですがこれで大きく勝つ人もいるんです。

 

向き不向きという視点

FXに取り組む方、それぞれに時間的な制約があります。
みんな大人ですから、仕事もありますし家事や育児もあります。

夜2~3時間しかPCに向かえないって人も多いでしょうが、そういう人は下記を参考にどうぞ。

しかし細切れの時間でしかPCに向かえず、その限られた少ない時間でデイトレのチャンスが来ないって人もいますよね。(PC見れる時間が動きにくい時間帯ばっかりとかね)

本当にFXで勝ちたいなら限られた時間の中で創意工夫をするのは当然なんですが、それでも限界があって難しいという人もいるでしょう。

睡眠時間を削るのが安全に関わる仕事もありますし。

そういう本当に時間が取れない人はスイングトレードが負担も少なくお勧めです。

PCからスマホにサインを通知するようにしておけば、スキマ時間を作ってスマホを見ればOKですから。

 

他のトレーダー事情を知らない人も多いと思うのでお伝えしておきますが…

勝ってるトレーダーの中でも時間が取れないという人は想像以上に多いです。

時間のあるなしはFXの成績と必ずしも比例しません。

勝ってる人ほど意外と泥臭く、スキマ時間を見つけて有効活用しています。

 

まとめ

一定レベルの裁量スキルを習得できれば、資金が伸びる速度はデイトレの方が圧倒的に速いです。

無茶なハイレバで資金を増やすという話ではなく、安定して20pipsを取れば十分です。
詳細は下記のシミュレーションをどうぞ。

そこに資金がコツコツ増えるスイングトレードを加えれば、デイトレでの負けをカバーしてくれます。

要するに、負けた時の資金の落ち込みが無くなるイメージですね。
(負けなければ単純に資金の増加スピードが加速するだけですw)

 

いや~、両方やるのが良いのは分かるんだけど手法が無いんだよね…(*´Д`)

という方は、FX侍が提供する武器がお勧めです。

デイトレには15分足のアプロス。
15分足専用サインツール「アプロス」の詳細を見る→

スイングには4時間足のニュージーラリア。
AUD/NZD専用の4時間足サイン「ニュージーラリア」の詳細を見る→

どちらも真剣に取り組めば結果は出るはずです。

 

独学ではなくスクール形式で手法を学びたいなら、FX侍塾が激しくお勧めです。

既に実績のあるデイトレとスイングが学べます。

FX侍塾の関連記事を見てみる→

 

FX侍塾4期の募集は終了いたしました。

次回の募集は2022年11月以降となります。(確定では御座いません)

EA小次郎の詳細
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ロールリバーサルの優位性を利用した高勝率な逆張りエントリー事例
  2. 今週のアプロスのサインを公開
  3. 含み損の塩漬け対策「両建て手法」の使い方
  4. Tether Lineを使うトレンドフォロー手法
  5. インジケーターの色変わりでトレンド転換を狙うと負ける

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 井上
    • 2022年 5月 03日

    お忙しい中恐縮ですm(__)m

    アプロスは、まだ入手出来ますか?

    よろしくおねがいしますm(__)m

      • FX侍
      • 2022年 5月 03日

      井上様
      コメントありがとうございます。

      アプロスは今でも配布しておりますので、
      よければ申請をお待ちしております(・∀・)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP