東京時間と一変するロンドン時間の戦い方と注意点

夕方以降に大きく動くロンドン時間の特徴

FX侍です、こんにちは。
今回は夕方以降に大きく動き始めるロンドン時間の解説。

夏時間:16時〜21時頃
冬時間:17時〜22時頃

一般的にはこのような区分けをしていますが、夏も冬も約1時間前から動き始める事が多いです。

つまり、夏時間なら15時頃から、冬時間なら16時頃からは要チェック。
その辺りから欧州勢が参入してくるので、それまで静かだった欧州通貨が顕著に動き始めるのが特徴です。

ちなみにロンドンはニューヨークを抑えて、為替市場でのシェアはナンバーワン。

為替市場のシェア
出典:Eagle FX

FXに携わるのであれば、ロンドン勢を無視することはできません。
膨大な資金で東京時間でつけた高値・安値をブレイクする動きが見られます。

16時〜19時の間に、ユーロ圏やイギリスの経済指標が発表されるので、ユーロ・英ポンドが絡む通貨ペアが大きく動きます。

市場での主流な取引通貨ペアが東京時間の【米ドル/円】から【ユーロ/米ドル】【英ポンド/米ドル】に変わるのもこの時間帯です。

それではボラティリティが大きくなるロンドン時間の特徴を解説します。

ロンドン時間の指標をきっかけにトレンドが発生

ロンドン時間の16時〜19時に発表される欧州圏の経済指標をきっかけにトレンドが付くのが特徴。

下記は指標をきっかけに大きく動いたユーロドルの事例です。

▼ユーロドル5分足(クリックで拡大します)
ロンドン時間でブレイクしたユーロドルのチャート解説

この日は17時30分にドイツの製造業購買部協会景気指数が発表予定。

注目度の高い指標前は様子見なので、東京時間を終えても値動きが無くなります。
指標の結果が市場予想を下回り、ユーロが売られて下へブレイク。
10分で40pips以上も値下がりしました。

注目度の高い指標がある日は、夕方以降にこのようにブレイクして激しい値動きになるのも珍しくありません。

 

そして既述のように、欧州時間はトレンドが付きやすいのが特徴です。
そのため、押し目買い・戻り売りというトレンドフォロー手法が機能しやすくなります。

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)
ロンドン時間にトレンドが出るポンドドルの事例

手前味噌ですが、FX侍オリジナルのテンプレートを使うと、トレンドフォローがしやすいと好評です。

ロンドン勢が好むテクニカル分析をチャートに組み込んでいるので、反発ポイントが分かっちゃいますw

ロンドン時間で東京時間の流れを否定する

基本的にロンドン、ヨーロッパ勢は性格が悪いので、東京時間の流れを一旦逆に振ることが多いですw

下記は東京時間とロンドン時間で色分けしたユーロドルのチャートです。

▼ユーロドル5分足(クリックで拡大します)
ロンドン時間と東京時間のユーロドルの値動きの比較

・東京時間の高値、安値に置かれたストップを狩る
・東京時間の流れを引き継いだかと思わせて逆に振る

こうした値動きの特徴が伝わるかと思います。

東京時間に建てたポジションは、ロンドン勢の参入後は要注意です。
ロンドン時間前に利確するのもアリですし、分かりやすい場所にストップを置かないなどの工夫も必要です。

 
しかしロンドン時間に入っても、東京時間の流れを引き継いでトレンドを加速させる事もあります。

下記はその典型となったドル円です。

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)
ロンドン時間でも流れが変わらず下げ続けるドル円チャート

この日はロンドン参入以降も、逆に振ることなく下降トレンドを継続しました。
相場を動かしている材料によっては、すんなりとトレンドフォローするケースもあります。

ロンドン時間にお勧めのトレード手法

ロンドン時間に起こるブレイクに乗るべし!

エントリー前に必ず指標や要人発言の有無を確認する
→ 前後で動きが変わる事も多い。FX侍もうっかりミスするので要注意(笑)

必ずトレンドの動きになる訳ではない
→ トレンドが出やすくなるのは事実ですが、行って来いで幅の大きなレンジの場合もある。

東京時間と戦略を変える
→ 東京時間はレンジ攻略、ロンドン時間はブレイクアウト。時間帯で狙いを変える。

 

ロンドン時間の特徴を加味すると、推奨のトレード手法は2つ。

・ブレイクアウト
・押し目買い、戻り売りのトレンドフォロー

この2つができる方であれば、ロンドン時間はボラもあって非常にトレードしやすい時間帯です。

スキャルピング気味に10pipsぐらいをサクッと抜く、デイトレ気味に30pipsぐらいを狙うなど、様々なトレードスタイルが通用します。

思うようにFXで勝てない人は、ブレイクアウトも押し目買い・戻り売りも苦手な人が多いですが、下記で紹介しているような手法を参考にして下さい。

ロンドン時間は苦労してでも攻略すべき価値はありますよ。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 急落リスクのある大型連休の立ち振舞に要注意!
  2. テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどっちが大事?問題にビシッと回答
  3. 自動売買(EA)で本当に勝てる?運用の作法や落とし穴を解説
  4. セルザファクトが起こる裏側の原因
  5. デイトレードで見るべき時間足の組み合わせを実例を用いて解説
  6. 根拠のあるトレードプランを考える!簡単な環境認識の仕方を解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP