トレンドフォローのつもりで勝てなくてキレる人のイメージ

トレンドフォローで勝てない人に欠けている視点

FX侍です、こんにちは。

今回は「トレンドフォローしているのに勝てない」という人への解決方法をお教えします。

自分ではトレンドフォローのつもりでも、そもそもトレンド判断が間違っている人が少なくありません。

意外と思い当たる人も多いんじゃないかと(*´ω`*)

よくあるトレンドフォローなのに勝てない事例

まずはよくあるトレンドフォローの失敗例を。

下記はユーロ15分足です。
高値と安値を切り上げているので上昇トレンドと判断。

▼上昇トレンドと判断したユーロドル15分足(クリックで拡大します)
上昇トレンドと判断したチャート

上昇トレンドと判断したので、押し目買いのチャンスを伺います。

売られ過ぎで買いたいので、RSIとストキャスを入れてみました。
どちらも売られ過ぎに突入した後で反発してきたので、押し目買いのチャンス到来!

▼RSIとストキャスで押し目買いのチャンスを伺う(クリックで拡大します)
オシレーターを入れて押し目買いをした事例

・ダウ理論に基づいた完璧なトレンド判断
・売られ過ぎからの反発を狙う完璧なタイミング

いや~完璧な順張りトレードをしちゃいましたな(・∀・)

と余韻に浸るものの、その後のチャートを見てみると…

 

ズルズルと下がっていき、建値にすら価格は戻ってきませんでした…

▼完全に押し目買い失敗した事例(クリックで拡大します)
トレンドフォローで押し目買い後のチャート

ほらな!トレンドフォローでも勝てないんだよ!
だったら逆張りの方が分かりやすくていいじゃねーか(# ゚Д゚)

って言いたくなるんでしょうが、そもそもトレンド方向の判断が間違っています。

最もかんたんなトレンド判断

順張りのトレンドフォローでは、方向性の判断が鍵を握ります。

最もかんたんなトレンドの判断方法は、チャートの縮尺を小さくすることです。

下記は先程のユーロドルを縮小して表示したチャートです。
これで全体の流れを見ても、さっきの押し目買いはトレンドフォローだったと言えるでしょうか?

▼縮尺を小さくしたユーロドル15分足(クリックで拡大します)
チャートを縮小したユーロドル15分足

さっき上昇トレンドだと判断した場所は、普通に考えて下降トレンドでの戻りですよね。

【チャートを最大化で表示+縮尺を小さくして流れを見る】

この僅かな作業だけでも、トレンド判断は圧倒的にしやすくなります。

 

下記のように複数通貨ペアを監視している人もいるでしょう。
しかし分割表示された小さなチャートだけで判断する人は特にトレンドを見誤るリスクが高いです。

何となく一通りのテクニカルも覚えて、初心者の殻を抜け出そうとしている人に多いパターンですね。

▼複数通貨ペアを監視する画面のイメージ
複数通貨ペア監視時の注意点

小さなチャートで全てが完結できれば楽チンだし…という気持ちは分かりますが、最大化+縮小表示という一手間を面倒と思わない方がいいですよ。

 

また、初心者の人に多いのがチャートを拡大表示して見るタイプ。
ローソク足の動きをよく見たい!という心理がそうさせますが、流れが分からなくなるので止めましょう。

▼初心者にありがちなチャートの拡大表示
チャートを拡大表示して見たくなる初心者への注意

こうした拡大表示でトレンド判断をした結果、既述のようにトレンド方向を見誤る最大の原因となります。

そして目の前のローソク足の動きに振り回されると、高確率で資金を失います。
買ったら下がる、売ったら上がるという逆行現象については、下記を参考にどうぞ。

まとめ

トレンドフォローで勝てない人の対策として鍵を握るのは「トレンド(方向性)の正しい判断」です。

最もかんたんな方法が、チャートの縮尺を小さくして全体を見る事でしたね。

これだけで近視眼的な見方から抜けられるので、方向性を見誤ることが格段に減るでしょう。

 

トレンド判断は問題ないけど、エントリーポイントが分からずに勝てない…という人も意外と多いです。
要するにフィルターは大丈夫だけど、トリガーに問題があるパターンですね。

押し目買い・戻り売りは短期的に見れば逆張りとなるので、エントリーに躊躇しちゃう人も少なくありません。

「流れは下だけど、直近で上昇してるから入り辛い…」という感じですね。

下記はリリース間近の新サインツール「アプロス」のサインだけを取り出したチャートです。

▼アプロスのサインだけを表示したユーロドル15分足
新しいサインツール「アプロス」のサンプル画像

どのサインも勝っていますが「ここから入って本当に下がるの?」という場所が戻り売りのポイントです。

短期的な流れに逆らうという点で、トレンドフォローにやり辛さを感じて勝てない人も結構多いんですよね。

ただし方向性を見誤らなければトレンドフォローで少なくとも勝率60%は担保できます。

ぜひ試行錯誤しながらトレンドフォローを習得して下さい。
ショートカットしたい方は、「アプロス」のリリースをお待ち下さいw

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 天底を狙うとダメな理由
  2. サインツールを使っても勝てない理由と対策
  3. ビギナーズラックで大勝した人の末路
  4. ロットの壁を壊して見える景色を変える方法
  5. テクニカル分析の限界と円売りが起きた原因のヒント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP