今週のアプロスのサインを公開

今週のアプロスのサイン状況を紹介

FX侍です、こんにちは。

今回は最近のアプロスがどんな場所でサインを出しているかを紹介します。

ツイートできる余裕がある時は、アプロスのトレードを呟いてます。

アプロスのトレードに関するツイート

ただFX侍はアプロス以外にもトレード手法が色々あるので、最近はどれがアプロスで取ったトレードか自分でも分からなくなる事があります(^_^;)

という訳で(どういう訳だw)

アプロスが気になっている方も多いようなので、今週のサイン状況をお見せします。

今週のアプロスでのサイン状況

全部で12通貨ペアを載せました。
各チャートはクリックで拡大表示します。

意外とサインに従うだけで勝ってる場所も多いですが、本来はマニュアルの内容でサインの取捨選択をします。サイン通りでもそれなりに勝てるのがアプロスの凄い所でもあり、怖い所でもあるんですw

ドルストレートの通貨ペア

▼ユーロドル(EUR/USD)
ユーロドルでの直近のアプロスのサイン

▼ポンドドル(GBP/USD)
ポンドドルでの直近のアプロスのサイン

▼ドルスイス(USD/CHF)
ドルスイスフランでの直近のアプロスのサイン

▼ドル円(USD/JPY)
ドル円での直近のアプロスのサイン

▼オージードル(AUD/USD)
オージードルでの直近のアプロスのサイン

▼キウイドル(NZD/USD)
キウイドルでの直近のアプロスのサイン

▼ドルキャド(USD/CAD)
ドルキャドでの直近のアプロスのサイン

ま、ドル円はあまり推奨しておらず相変わらずの動きですが、しっかりトレンド判断すれば見送れます。
それ以外のドルストレートは損切りにならず勝ってますね…あ、全勝かなw

クロス通貨ペア

▼ユーロ円(EUR/JPY)
ユーロ円での直近のアプロスのサイン

▼ポンド円(GBP/JPY)
ポンド円での直近のアプロスのサイン

▼ユーロポンド(EUR/GBP)
ユーロポンドでの直近のアプロスのサイン

▼ユーロオージー(EUR/AUD)
ユーロオージーでの直近のアプロスのサイン

▼ポンドオージー(GBP/AUD)
ポンドオージーでの直近のアプロスのサイン

ドル円の動きが相変わらずなのでクロス円はやりにくいチャートですね。
まぁやりにくい通貨ペアで無理してトレードしなくても、他の通貨ペアをやればいいので問題はないんですけどねw

まとめ

ドル円以外のドルストレートで顕著でしたが、アプロスはサイン通りにトレードしても損切りに掛からず勝ってしまうケースが少なくありません。

これがアプロスの凄い所なんですが、開発者としては怖い部分でもあるんです。

だってサイン通りで楽に勝ってしまうと、しっかりチャート見なくなるでしょ?
「あ、サイン出たから入ろっと(・∀・)」というのは本意ではありません。

明確な基準でトレンド判断を覚えた上で、確度の高い押し目買い・戻り売りを習得して欲しいというのがアプロスの本来の目的です。

アプロスの募集ページでも書いた「トレードとしての正解」を覚えて欲しいんです。

 

だけど、適当にサイン通りにトレードしても勝てちゃうと…ぶっちゃけトレンド分析しなくなるでしょw

そうなると悪い癖が付きますし、トレーダーとしてのスキルが落ちていきます。

 

そうではなく、トレンド判断マニュアルの内容でチャートを分析できるようになれば、多少の負けはあってもトータル収益が伸びていくのは間違いないと確認してます。

トレンドを見る眼が鍛えられるので、チャートを見るのも楽しくなります。

「あ、ここで入れば勝てるじゃん(・∀・)」
「ここはトレンド終盤だから要注意だな(*´ω`*)」ってのが見えるようになるので。

それがアプロスの真髄です。

根拠のある自信を持ってトレードができるようになりたい!

そんな方からのお申込み、お待ちしてます。

FX侍塾のご案内
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ピボットを活用した簡単なサポレジトレードのやり方を解説
  2. 15日間で資金が2倍になった口座で意識したポイント
  3. Tether Lineを使うトレンドフォロー手法
  4. FX侍の新手法のトレード結果を公開

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP