順張り正義で逆張りは悪って本当?

順張り=正義・逆張り=悪って本当?

FX侍です、こんにちは。

今回はFX業界の常識とも言える「順張り=正義・逆張り=悪」についての話。

あなた自身は、これに対してどう思いますか?

 

…やっぱり逆張りはコツコツドカンで負けるから悪ですよね。
順張りなら平均的に勝率は7〜8割は出ますしね。

 

と思うかもしれませんが、ぶっちゃけ順張りでも逆張りでも勝てばOKです。

順張り=正義・逆張り=悪という固定概念

順張りの方がリスクが低くて、逆張りはリスクが高いのは確かに事実です。

念のために一応、順張りと逆張りの定義をしておきます。

・順張り=執行足よりも上位足の流れに沿ったトレード
・逆張り=執行足よりも上位足の流れに逆らったトレード

執行足が5分とか15分とかのスキャル〜デイトレなら、1時間足または4時間足ぐらいの方向を基準に考えます。
ま、トレンドフォローでも大局に順張りで、短期足では逆張りなんですけどねw

執行足と環境認識に用いる時間足の組み合わせについては、下記でも解説しているので参考にどうぞ。

ただし逆張りでも反発ポイントを把握しており、無闇に利益を引っ張らなければリスクは低くなります。

特に「天底を狙う欲」は逆張りで身を滅ぼす危険な考えです。

・1つではなく複数の反発ポイントを把握する
・適当な場所で手仕舞いする謙虚な姿勢w
・雲行きが怪しくなった時の逃げ足の速さ
・無闇にロットを張らない資金管理

こうしたリスクを減らす要点を抑えれば、必ずしも逆張り=悪とはなりません。

事実、FX侍は順張りと逆張りの両方を組み合わせて、短期間で資金を2倍にしていますので。

 

ただし誤解なきようにお伝えしておきますが…
薄い根拠での安易な逆張り+適当なナンピンは間違いなく悪ですよ。

逆張りで稼いでいる人は少なくない

FXで稼いでいる人は全員が順張りのトレンドフォローという訳ではありません。

意外かもしれませんが、逆張りで大きく稼いでいる人って結構いるんです。

これが冒頭でお伝えした、順張りでも逆張りでも勝てればOKという事。

逆張りでも精度を上げて、ポイントをしっかりと抑えれば勝てます。

トレードスタイルなんて1つだけじゃありません。
世間一般の書籍やサイトの内容だけが真実ならば、FXで9割の人が負けるなんてあり得ませんよ。

Aさんに合わないからといって、BさんCさんにも合わないとは限りません。

FXの稼ぎ方なんて想像以上に沢山あるって事に気付きましょう。

 

例えば下記のアイランドリバーサルは、反転する可能性が比較的高いので逆張りの目安の1つとなります。

アイランドだけで稼ぎ続けるというのは無理ですが、他のテクニカルや判断材料を加えることでそれなりの手法に昇華できます。

まとめ

順張りだから勝てる、逆張りだから負けるというのはありません。
勝てない人は何やっても負けますし、反対にどんな手法でも勝てる人はいますので。

重要なのは手法の優位性や資金管理です。

あなたが想像する以上に逆張りで稼いでいるトレーダーは存在しています。

それっぽく語られるFXの常識やルールは鵜呑みにせず、疑うぐらいが丁度いいですね。

リスクリワードは分かりやすい目安になるのでブログ内でも説明用として使ってますが、ぶっちゃけ全く気にせず稼いでいる人も多いですw

気にするのがダメって事はないですが、ルール馬鹿になるなって事ですね。

 

(´・ω・`).。oO(世間の常識が9割が負ける世界で通用するのかを考えましょ)

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 簡単すぎるMA ribbonのトレード手法
  2. 反発を示唆する長いヒゲを活用したトレード実例の根拠を解説
  3. ゴールドのトレード実例で両建て・ナンピンの使い方を解説
  4. 近日公開の新しいサイン「アプロス」のトレード結果
  5. ラウンドナンバー手前での高勝率スキャルピング

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP