ゴールドの損切りの基本~アレの確定を待つメリット

ゴールドの損切りは○○のローソク足の確定を待つべき理由

FX侍です、こんにちは。

ゴールドはボラの大きさが魅力ですが、ボラに振り回されてしまう人も多いです。

げ!あっという間に50pipsも逆行しちゃった!
含み損ヤバいから損切りしとくか…(T_T)

こういう考え方でゴールドを触ると間違いなく失敗します。

そこで今回は、ゴールドのボラを活用する為の損切りの考え方を解説します。

実は…FX侍テンプレートで上手にゴールドを取引されている方から頂いたメールが参考になる内容だったので、皆様にシェアするのが今回の記事の目的です。(もちろん許可は得てますのでご安心を)

ローソク足の確定を待って損切りするメリット

ゴールドの損切りは『上位足の』ローソク足の確定を待ってからの判断がお勧めです。

直近でそういった事例があったので紹介します。

わずか5分で120pipsほどの急落したシーン。(高値からだと200pips弱の下落)
ロングを持ってた人は100pipsぐらい含み損になっても不思議ではありません。

▼ゴールド5分足での急落(クリックで拡大します)
ゴールド5分足での急落

直近安値も割り込んでいるので、ここで損切りを判断しても間違いとは言い切れません。
(※ただし含み損の大小を基準に損切りをするのは間違いです)

 

ですが…

急落が止まった場所にはサポートがあったんです。
これはFX侍テンプレートを見ていれば分かります。

▼急落した場面のゴールド15分足(クリックで拡大します)
急落した場面のゴールド15分足

5分足だけで判断していればサポートは割れているように見えるでしょうが、1つ上位足の15分足で見ていればサポートで踏ん張っているように見えるはずです。

5分足を見ている人でも毎時10~15分、25~30分、40~45分、55~00分というように、15分足・30分足・1時間足など上位足が確定する時間帯のローソク足には要注目です。

ローソク足の1本1本は全てが同じ重みではなく、上位足の確定と重なる足は重要度が高いという事です。

それが分かっていれば、広い視野で損切りすべきか否かの判断もできますよね。

ドルの動向やゴールドの流れといった環境認識があった上での判断なのは言うまでもありませんが、執行足だけを見て短絡的な損切りは止めた方が賢明です。

後はしっかりとサポレジを見極めるテクニカルが必須です。

その点でFX侍テンプレートは優秀です 照

まとめ

ゴールドに限らず、損切りはトレーダーの永遠のテーマとも言えます。(利確もですが)

どこまで行っても完璧はありませんので。

しかし特にゴールドの損切りで重要なのは、ボラの大きさに対する恐怖心を判断基準にしないという事。

損切り幅に唯一の正解なんてありませんが、損切り後に冷静に再エントリーできるかという点も重要ですね。

例えば先程の急落で100pipsの損切りをしたとします。
しかし冷静にサポートでの反発を確認した後で再びロングすれば、下記のようにある程度は取り返せます。

▼急落した戻していくゴールド15分足(クリックで拡大します)
急落から戻していく場面のゴールド15分足

ゴールドの含み損の大きさにビビって損切りをするのは、ロット管理が適切ではありません。

もう少し、資金的にも余裕を持ってトレードするのをお勧めします。

 

大事なので繰り返しますが、流れとサポレジを把握した上でトレードしないと駄目ですよ。

それが分かりやすいのがFX侍テンプレートという訳です。

昨日の記事でもお知らせしたように、近々テンプレートの配布条件を厳しくする予定なので、気になっている方がいらっしゃればお早めにどうぞ。



当たり前ですが、ゴールドでもしっかり使えます。

 

→その他のゴールドに関する記事一覧を見る

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 知らなきゃ絶対損するゴールドのアノマリー
  2. ゴールドの急騰・急落を予想する方法ってあるの?
  3. ゴールドとドル円の相関をトレードに活用する方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP