ゴールドの急騰・急落を予想する方法ってあるの?

ゴールドの急騰急落は予想できるのか?

FX侍です、こんにちは。

昨日11/23のNY時間にゴールドが300pips以上も急落してましたね。
(祝日で全くチャートを見てなかったのが幸いしたかもしれませんw)

アメリカの経済指標(PMI)がキッカケでドルの買い戻しが一気に起きたのが要因だそうです。

▼ゴールド15分足(クリックで拡大します)
11月23日NY時間のゴールドの急落

ゴールドはこういう急騰急落があるから怖いんだよな…(-_-;)

その気持ち、よく分かりますよw

で、多くの人は「ゴールドの急騰急落は予想できるのか?」って考えますよね。

結論から言うと…
急騰急落をドンピシャで当てるのは無理ですが、ある程度の予兆を捉えることは可能です。

ゴールドをトレードされる方は、今後のためにもチェックをお勧めします。

 

ちなみに…これから解説する考え方は下記とも共通する部分があります。

視野が広くなるので、今回の記事を併せて理解しておくと良いですよ。

ゴールドの急騰急落の予兆を捉える方法

ゴールドの急騰急落の予兆を捉えるには、ゴールド以外のテクニカル分析が必須です。

要するに広い視野からの分析が必要ってこと。

具体的に何を分析するのかと言えば…米ドルの動向です。

下記はFinvizの主要通貨先物チャートです。

▼主要通貨の先物日足チャート(クリックで拡大します)
Finvizの主要通貨の先物日足チャート
→Finvizの通貨先物チャートを見る(新規タブで開きます)

上記チャートの赤い矢印部分を見ると、ドルインデックス(左上)・ユーロ・ポンドがそれぞれサポレジに到達しているのが分かります。

ドルが売り込まれて上記3つが反発の可能性が考えられるサポレジに到達した結果、指標をキッカケにドルの買い戻し→ゴールド急落、という形になったと推測できます。

3つの根拠が重なったので「様子を見る」又は「新規でのゴールドロング(ドルショート)を見送る」という選択肢が考えられるポイントです。

急落が余地できなかったとしても、手控えることで資金を守ることはできますね。

 

では各チャートを個別に見てみましょう。

下記はドルインデックスです。
サポートとなっている直近安値圏の92付近で反発しています。

▼ドルインデックス日足(クリックで拡大します)
ドルインデックス日足チャート

ところで…ドルインデックスって何ですか?という方は、下記を参考にどうぞ。

 

お次はユーロドル日足。
定着できない1.9000が分かりやすいレジスタンスとなっていますね。

▼ユーロドル日足(クリックで拡大します)
ユーロドル日足チャート

最後はポンドドル。
下記は週足ですが、2018年6月以降1.3400がレジスタンスとなっています。

▼ポンドドル週足(クリックで拡大します)
ポンドドル週足チャート

このように、ゴールド以外のチャート分析をすることで、新規で入るべきか見送るべきかが見えてきます。

まとめ

どこかの記事でも書いたと思いますが、為替も貴金属もコモディティも結局はドルの動向に左右されます。

自分が取り組むトレード対象だけではなく、様々な角度からドルの強弱を分析して判断材料に加える事でトレードの結果は変わります。

実は…

チャート分析以外でも、ゴールドが下がりそうな気配はある指標から感じ取れていました(*´ω`*)
特に11月になってから資金が入ってきていないのは気になっていたので。

その指標が何かというのは、下記で学んでください。

ゴールドで成り上がりたいなら、必要最低限の知識ですので。

 

冒頭で紹介した先物チャートのFinvizって何?という方は、下記を参考にどうぞ。
為替に活用する見方を解説してます。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ゴールドの損切りの基本~アレの確定を待つメリット
  2. ゴールドのトレード手法を確立させる3つの要素
  3. ゴールドで強制ロスカットされた私はFXは辞めた方がいい?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP