ゴールド価格と相関するゴールド関連株式(金鉱株)

FX侍です、こんにちは。

今回はゴールド価格と相関するゴールド関連株式(金鉱株)について。

ゴールドと金鉱株が相関するのは当たり前なんですが、相関が崩れる時もあります。
真剣にゴールドと向き合うのであれば、関連株式も判断材料として使うと良いでしょう。

ちなみに金鉱株とは、金の採掘や精錬で利益を上げる企業の株です。
各社で採掘コストに違いがあり、金価格が業績にも大きく影響します。

見方を変えて、ゴールドよりもボラが大きい金鉱株をトレードするのもアリですが、それは本題とズレるので省略します(´ε` )

主要なゴールド関連株式

金鉱株は様々ありますが、主要な銘柄を紹介します。

ニューモント(NEM)
世界最大手のアメリカの金鉱会社で、金鉱株の中で唯一S&P500に採用されています。
金鉱株の中でまずは抑えておくべき銘柄です。
→ニューモントのチャート(TradingViewが開きます)

バリック・ゴールド(GOLD)
世界2位のカナダの金鉱株で、2020年8月にバフェットが保有している事で話題になりました。
ニューモントとバリックが金鉱株の二大巨塔という認識でOKです。
→バリック・ゴールドのチャート(TradingViewが開きます)

アングロゴールド・アシャンティ(AU)
ゴールドの豊富な産出国である南アフリカの金鉱株。
→アングロゴールド・アシャンティのチャート(TradingViewが開きます)

その他、カナダの中堅金鉱株であるアグニコ・イーグル・マインズ(AEM)なども比較的有名です。

まだまだ銘柄は沢山ありますが、株のブログではないのでこの辺でw

ゴールドと金鉱株の相関性

ゴールドと上述の金鉱株を1枚のチャートで見てみましょう。

▼ゴールドと金鉱株の日足(クリックで拡大します)
ゴールドと金鉱株の価格推移
※金鉱株は価格差が大きく値段で比較しにくいので、2020年の始まりを起点として%表示にしています。

ゴールドと金鉱株が相関して動いている様子が分かりますね。

 

見た感じで高い相関性は分かりますが、具体的な相関係数を見てみるとこんな感じ。

▼ゴールドと世界最大手ニューモントの相関性(クリックで拡大します)
ゴールドとニューモントの比較チャート

ちなみにチャート下部のインジケーターは、上側は正の相関・下側は負の相関を意味します。
(価格に連動するインジケーターではありません)

こういったチャートを見ながら、様々な思いを巡らせて頭を使うのが大切です。

 

自分ならこう活用するかな…(-ω☆)キラリ

って何かアイディアは浮かびましたか?

 

実は既に相関のトレードへの活用方法は下記で紹介済みなので参考にして下さいw

相関係数を表すインジケーターの使い方も解説してます。

まとめ

ゴールドのトレードに指数を用いる人は多いでしょうが、個別銘柄を使う人は少ないです。

スキャルピングやデイトレといった短期トレードに活用するのは難しい面もありますが、環境認識的な大局観としての判断材料の1つとしては十分に使えます。

テクニカルだけでもいいんですが、個人的には様々な角度からの分析をお勧めします。

世界のあらゆるモノは繋がっているので、下記でも紹介したように至る所に相関性は潜んでいます。


今年はゴールドで勝つぞ!と意気込んでいる方も多いと思いますが、ボラに目がくらんで安易にトレードするとやられる可能性大なので、くれぐれもお気を付け下さい。

FX侍塾のご案内
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ゴールドの損切りの基本~アレの確定を待つメリット
  2. ゴールドで強制ロスカットされた私はFXは辞めた方がいい?
  3. ゴールドのスキャルピング
  4. ゴールドのトレード手法を確立させる3つの要素

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP