アイランドリバーサルを検知するBB-island

ボリンジャーバンドのアイランドリバーサル通知インジケーター

FX侍です、こんばんは。

久しぶりにオリジナルインジケーターをご紹介します。
無料ダウンロード方法は記事後半で。

今回は「ボリンジャーバンドのアイランドリバーサルを通知してくれるインジケーター」です。

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)
BB-islandを表示したチャート

アイランドリバーサルが発生すると、星印でサインを表示するシンプルなインジケーターです。
ボリバンの期間・偏差は変更可能、アラート通知・メール送信といった機能が付いてます。

ではインジケーター「BB-island」の解説を。

BB-islandの詳細

BB-islandは、ボリバンのアイランドリバーサルを検知してサイン通知をしてくれます。

アイランドリバーサルが確定後、次の足の始値でサインが出ます。
サインはリペイントしません。

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)
BB-islandのロジック解説

パラメーター設定はこれだけ。
BB-islandのパラメーター設定

デフォルトでは、アラート通知とメール送信機能はOFFになってます。
必要に応じて適宜変更して下さい。

アラートをTrueにすれば、下記のように通知されます。
アラート通知画面

下記が表示設定。
サインの色や大きさ、ボリバンの色や線種などをお好みで変えて下さい。
BB-islandの表示設定

BB-islandを入れるだけで、ボリバンも一緒に表示されるようになっています。
パラメーターを変えた時に一緒にボリバンも変われば、個別に設定するより楽ですからね。

邪魔だったら色の設定で「none」を選べば非表示になります。

設定はこれだけなので簡単です。

アイランドリバーサルの解説

一応アイランドリバーサルの簡単な解説をしておきます。

株式チャートではよく目にしますが、離れ小島を意味するのがアイランドリバーサルです。
目先で短期調整に入る兆候を表すチャート形状です。

▼ダウ日足(クリックで拡大します)
ダウのチャートに登場したアイランドリバーサル

ただしFXでは週明けを除いて、基本的には株のように窓が開きません。
そこでボリンジャーバンドの外側にはみ出したローソク足をアイランドリバーサルと呼びます。

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)
ボリンジャーバンドでのアイランドリバーサルの事例

 
アイランドリバーサルはボラが拡大してボリバンを突き抜けた後、ローソク足が小さくなった時に出現します。
利確の目安にしているトレーダーも多いので、短期的に調整に入る可能性を示唆します。

下記はアイランドをきっかけに反転している事例です。

エントリーとして利用するなら、短期的には逆張りでも上位足のトレンド方向に入るといいでしょう。

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)
アイランドリバーサルで反転する事例

 
下記はアイランドが出てもトレンドが加速していく事例です。

強いトレンドの際には逆張りサインではなく、順張りサインとして使うといいですね。
アイランドの足をブレイクでエントリー、という使い方もできます。

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)
アイランドリバーサルでトレンドが加速する事例

BB-islandのまとめ

BB-islandは、エントリー後の利確目安サインとして使うのが理想的です。
ただノーポジの時は、上位足に沿った短期逆張りサインやブレイクの目安としても使えます。

ゴゴジャンにアップしてあるので、下記のリンク先から無料ダウンロードして下さい。

→BB-islandのダウンロードページヘ(新規タブで開きます)

今の所は配布数量などは決めていませんが、そのうち気分が変わるかもしれませんのでお早めにどうぞw

 

その他にもFX侍オリジナルインジケーターをいくつかご用意してます。
現役トレーダーが作っているインジなので、そこそこ使えるはずです。

→FX侍オリジナルインジケーターのまとめページへ

よければチェックして下さい。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 乖離幅を教えるシンプルインジケーター200sma-kairi
  2. ボリバンタッチでサイン表示するインジケーター「3TF-Bollitouch-Alert」
  3. サポレジが見えるインジ「Yesterday-OHLC」
  4. ボリバンの幅をテキスト表示するインジケーター「BB-text」
  5. 移動平均線のクロスを通知するMA-CrossAlert-Trend
  6. リリース間近の新サインツールの開発経過

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP