ボリバンタッチでサイン表示するインジケーター「3TF-Bollitouch-Alert」

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドにタッチでアラート通知するインジ

FX侍です、こんにちわ。

今回は最近ハマっている自作インジケーターの新作を紹介。

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドにタッチでアラートが鳴る5分足専用インジケーター「3TF-Bollitouch-Alert」を公開します。

・5分足を使うスキャルピング~デイトレ専用
・3つのタイムフレーム(5分・15分・60分)のボリンジャーバンドを表示
・±2σ(任意に変更可能)にタッチでドット状のサインを表示
・MT4のアラート表示、メール送信可能
・順張りにも逆張りにも利用可能

3TF-Bollitouch-Alertをチャートに入れるとこんな感じになります。

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)
3TF-Bollitouch-Alertの表示例

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドが表示され、各バンドにタッチするとドット状のサインが点灯する仕組みです。

MT4のアラート通知、メール送信機能も付けていますがON/OFFの切り替えが可能です。

トレードしている現場の人間が作ったインジなので、そこそこ使える代物だと思いますw

それでは「3TF-Bollitouch-Alert」の概要や効果的な使い方を解説します。

3TF-Bollitouch-Alertの概要

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドにタッチでアラートが鳴る5分足専用インジケーター「3TF-Bollitouch-Alert」は非常にシンプルです。

5分足・15分足・1時間足のボリンジャーバンドにタッチでサインが出るだけ。

3TF-Bollitouch-Alertの表示サイン

 
ただし1時間足のボリバンタッチの場合は、連続してサインが点灯しないようにしています。
ずーっとサインが点灯してると邪魔という理由ですw

「1時間足のサインが付いたら要チェック」という認識なので、その状態になった事が伝わればいいんです。

3TF-Bollitouch-Alertで表示される1時間足のサインの注意点

3TF-Bollitouch-Alertは、このサインが点灯した際にアラート通知・メール送信ができるってだけ。
ちなみにMT4でのアラートはこんな感じで表示されます。

3TF-Bollitouch-Alertのアラート表示例

非常にシンプルですが、効果的な使い方を知っていれば、これで十分にトレードできます。

3TF-Bollitouch-Alertのトレード手法

3TF-Bollitouch-Alertを活用したトレード手法を紹介します。

先述のように順張りでも逆張りでも使えますが、まずは念の為にマルチタイムフレームのボリンジャーバンドの見方をおさらい。

下記はローソク足を消して、ボリバンだけを表示したチャートです。

▼ユーロドル5分足(クリックで拡大します)
マルチタイムフレームのボリンジャーバンドの見方

▼ユーロドル5分足(クリックで拡大します)
マルチタイムフレームのボリンジャーバンドの見方

分かりやすいので、解説は不要かもしれませんが…

・値動きが小さいスクイーズ(収縮状態)からエキスパンション(拡散)する状態では順張りで
・大きく動いた後で落ち着いた時のスクイーズ(収縮状態)では逆張りで ※長期足の方向が安全

5分足だけでなく上位足のボリンジャーバンドの形も意識することで、より確度の高いトレードとなります。

マルチタイムフレームのボリバンについては、下記の記事も参考にどうぞ。

では、基本的な見方や考え方を理解した上で、順張り・逆張りトレードの解説を。

 

順張りトレード

3TF-Bollitouch-Alertの順張りトレードへの活用方法を解説します。

▼ユーロドル5分足(クリックで拡大します)
3TF-Bollitouch-Alertを使った順張りトレードの考え方

(多少の語弊はあるでしょうが)端的に言えば、より多くの色のサインが点灯すれば上昇(下降)の信頼度はアップするという見方をすると簡単です。

言うまでもなく、チャートは短期足から変化していきます。

5分→15分→(30分)→1時間…という具合に、小さな足からエキスパンションしていくという事です。
(5分足のボリバンがスクイーズしてるのに、15分足がエキスパンションすることは有り得ませんw)

そこで「5分足サインが点灯→15分足サインが点灯」という条件が揃ったらエントリーチャンス到来。

後は下記のどちらのトレードを狙っているかによって利確位置や見るべき場所が変わってきます。

A:5分足と15分足のエキスパンションを取る
B:5分足と15分足と1時間足のエキスパンションを取る

どちらが正解って事はありません。

ただし大きなトレードを狙うなら、1時間足のボリバンとの距離や形状も要チェックです。

ローソク足が1時間ボリバンを超えて伸びるか反発するかは、それまでの流れやサポレジ、時間帯と通貨ペア等の兼ね合いもあります。

 

逆張りトレード

3TF-Bollitouch-Alertの逆張りトレードへの活用方法を解説します。

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)
3TF-Bollitouch-Alertを使った逆張りトレードの考え方

繰り返しお伝えしているように、1時間足のボリバンが横向きになってエネルギーを溜め始めたら逆張りチャンスです。
この時、ボリバンの幅が広いと獲得できるpipsが大きくなります。

上記のチャートで黄色い四角で囲んだ場所は、1.2400というキリ番のサポートもあり、1時間足のボリバンの形状からも逆張りをしやすい局面と言えます。

左側の黄色い矢印の部分は、エキスパンションで取りやすい場所ですね。

1時間足のボリバンまでいつも価格が到達するとは限りませんが、このようなレンジの判断ができれば往復ビンタを避ける事もできますね。

大きく動いた後はエネルギー充電の為に、横横のレンジになりやすいって覚えておくといいですよ。

3TF-Bollitouch-Alertの設定

3TF-Bollitouch-Alertの設定は、項目が多いですが内容は簡単です。

パラメーター設定では、ボリンジャーバンドの期間と偏差、アラート通知・メール送信機能のON/OFFを設定します。
3TF-Bollitouch-Alertの設定画面

後はサインの色やボリンジャーバンドの線種をお好みで変えて下さい。
3TF-Bollitouch-Alertの設定画面

3TF-Bollitouch-Alertの設定で期間や偏差を変えれば、表示されるボリンジャーバンドも自動的に変わるので、別途でボリンジャーバンドのインジケーターを入れる必要はありません。

3TF-Bollitouch-Alertのダウンロード

3TF-Bollitouch-Alertは、ゴゴジャンから無料ダウンロードして下さい。

→ 3TF-Bollitouch-Alertのダウンロードページへ

先着50名様は無料ダウンロードができるようにしてあります。
(それ以降の予定は未定w)

ゴールデンウィークを利用して、過去チャートを分析してみて下さい。

きっとマルチタイムフレームのボリンジャーバンドの活用法が色々と閃くと思います(*´ω`*)

 

ちなみに以下のリンク先でFX侍オリジナルインジケーターもいくつか公開してます。
必要な方はチェックして下さい。

→FX侍オリジナルインジケーターのご紹介

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. サポレジが見えるインジ「Yesterday-OHLC」
  2. 各時間足のRSIをテキスト表示するMTF-RSI-text
  3. 乖離幅を教えるシンプルインジケーター200sma-kairi
  4. 移動平均線のクロスを通知するMA-CrossAlert-Trend
  5. リリース間近の新サインツールの開発経過
  6. アイランドリバーサルを検知するBB-island

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP