ボリバンの幅をテキスト表示するインジケーター「BB-text」

ボリンジャーバンドの幅を数値化してテキスト表示するインジケーター「BB-text」

FX侍です、こんにちは。

今回は「ボリンジャーバンドの幅を数値化してテキストでpips表示をするインジケーター」のご紹介。

この手の便利系インジケーターは、地味にトレードに重宝します。

ってことで、今回もFX侍が自作しました。
その名も…「BB-text」というそのままの名前です(*´ω`*)

「BB-text」を表示させるとこんな感じ。

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)
BB-textを表示したドル円5分足チャート
※自作のボリバンとサインツールが入っている点は無視してくださいw

シンプルなインジケーターなので難しいことは一切ありませんが、一応解説と活用方法のイメージなどを。

ボリンジャーバンド幅を数値化するインジケーター「BB-text」の概要

「BB-text」は、指定したボリンジャーバンドの幅を数値化してpips表示するMT4用インジケーターです。

設定はこれだけ。
ここで指定したボリバンの幅をテキスト表示する仕組みです。
BB-textの設定画面
ボリンジャーバンドの期間と偏差だけなので簡単です。
デフォルトでは期間20・偏差2.0という一般的な数値を入れてあります。

▼デフォルトのBB-textの表示例
BB-textの表示解説

ボリバンの幅だけじゃなく、ミドルラインまでの距離も表示してるのがポイントです。

この小さなポイントが実際のトレードで使いやすくなる秘訣ですw

ボリンジャーバンド幅を数値化するインジBB-textの活用方法

BB-textの活用方法としてイメージしたのは「ボラと利確目安を一瞬で把握する」という事です。

例えば…東京時間の鉄板手法として知られるボリバンの逆張り手法。

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)
BB-text活用事例「東京時間のボリバン逆張り手法」

この時、ある程度のボリバンの幅がなければエントリーを見送る判断も必要です。

ミドルラインが一旦の利確目安となるので、スプレッドにもよりますが最低でもミドルラインまで5pips以上は欲しい所です。

そこでBB-textのML(ミドルライン)までの距離を見れば、エントリーすべきかが一瞬で判断できます。

東京時間のボリバン逆張り手法の詳細は、以下の記事を参考にどうぞ。
小馬鹿にする人もいるでしょうが、この手法だけで稼いでいた主婦も知ってますw

 

他にもボリバンをエントリー判断に用いる手法は色々ありますね。

下記は現在開発中のピンバーサイン。
ボリバンとピンバーが重なった場所でサインが出ます。

▼ドル円30分足(クリックで拡大します)
BB-text活用事例「ボリバンを使うピンバー手法」

これも利確目安はボリバンのミドルラインなので「どれぐらいの獲得pipsが見込めるのか?」を把握する事は大切です。

ぶっちゃけ、いちいち測るの面倒ですからねw

ボリバンを使う手法の多くは、ミドルラインで利確ってパターンも多いので、ただ単にボリバンの幅だけじゃなくってミドルラインまでのpips数を表示するのは使いやすいかと思います。

BB-textのダウンロード

ボリンジャーバンドの幅を数値化してテキスト表示するインジケーター「BB-text」はゴゴジャンで販売で出品しています。

出品と言っても、無料でダウンロードできるのでご安心を(・∀・)

とりあえずBB-textに関しては、しばらく無料ダウンロードできるようにしておきます。
(そのうち気分で打ち切る可能性はありますがw)

→ BB-textのダウンロードページへ

ボラが大きいのか小さいのかパッと見で分かるので、ボリバンを使う方には地味に重宝するインジケーターだと思います。(※ボリバンが非表示でもBB-textは機能します)

 

ちなみに以下のリンク先でFX侍オリジナルインジケーターもいくつか公開してます。
必要な方はチェックして下さい。

→FX侍オリジナルインジケーターのご紹介

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 乖離幅を教えるシンプルインジケーター200sma-kairi
  2. アイランドリバーサルを検知するBB-island
  3. 移動平均線のクロスを通知するMA-CrossAlert-Trend
  4. サポレジが見えるインジ「Yesterday-OHLC」
  5. 各時間足のRSIをテキスト表示するMTF-RSI-text
  6. リリース間近の新サインツールの開発経過

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP