ボリンジャーバンドを使うトレード手法まとめ

ボリンジャーバンドを使うトレード手法まとめ

FX侍です、こんにちは。

今回は当ブログで紹介した手法の中で「ボリンジャーバンドを使うトレード手法」をまとめました。

トレード手法だけでなくテクニカル的にも重要な見方も紹介しているので、ボリバンを使う上でかなり重要な内容です。

ボリンジャーバンドのトレード手法

▼MTFのボリンジャーバンドを使うブレイク手法
MTFのボリンジャーバンド を表示したチャート画像

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドを使ったブレイク手法です。
ブレイクだけでなく、逆張りが機能しやすいボリバンの見方も解説してるので参考にどうぞ。

 

▼bollitoucherを使うブレイク手法
検索結果 ウェブ検索結果 bollitoucher(ボリタッチャー)を表示させたチャート

bollitoucher(ボリタッチャー)を使ったブレイク手法です。
先ほどのMTFの手法と通づる部分がありますが、ドットが表示されるので分かりやすいです。

 

▼ボリンジャーバンドとRSIで10pipsを狙うブレイク手法
ボリンジャーバンドとRSIで10pipsを狙う15分足トレード手法のチャート

ブレイクを確認してから乗っかって、サクッと10pips程度を狙う手法です。
ブレイクに乗り遅れた!という場合に備えて身に付けておくと便利な手法ですね。

 

▼短期設定のボリンジャーバンドを使うブレイク手法
一般的なボリバンと短期設定のボリバンの2種類を表示させたチャート画像

Bollinger Bandwidthを使うブレイク手法です。
ボリバン通の人が好んで使うインジなので、慣れると使いやすいです。

 

▼GimmeeBarを使う逆張り手法
GimmeeBarを表示したユーロドル30分足チャート画像

GimmeeBarという反転を示唆するテクニカルを使うトレード手法です。
上位足のトレンドに沿った方向で使うと、いい感じで押し目・戻りを捉えます。

ボリンジャーバンドで知っておくべきテクニカル

知らなきゃ損するボリバンの使い方を紹介します。
サポレジを見つける使い方を知らない人は多いですが、かなり役立つはずです。

▼順張りと逆張りの有利な方を見極める方法
値動きの勢いを見るためのボリンジャーバンドの設定

順張り・逆張りの有利な局面の判断方法を2つ紹介しています。
基本中の基本ですが意外とコレを無視して負ける人も多いです。

 

▼サポレジゾーンを見つける方法
ボリンジャーバンドを使ってサポレジゾーンを見つける方法

ボリバンを使って意識されやすいサポレジを見つける方法を紹介しています。
サポレジ発見が楽になるFX侍オリジナルインジケーターの使い方も要チェックです。

 

▼アイランドリバーサル通知インジケーター
アイランドリバーサルで反転する事例

先程のサポレジ発見の記事でも紹介したインジケーターです。
アイランドで利確する人も多いので、一旦相場が調整に入るケースが多いです。

まとめ

エクスパンションに注目してブレイクを狙う使い方がボリンジャーバンドでは一般的です。

しかし今回紹介したGimmeeBarやアイランドリバーサルを活用することで、上位足の流れに沿った押し目買い・戻り売りに使うこともできますし、サポレジを見つけるという使い方もできます。

意外と知らないだけで、ボリバンの使い方は幅が広いんです(・∀・)

どこかの記事でも触れたと思いますが、ボリバンだけで億を稼ぐトレーダーもいます。

ボリバンは噛めば噛むほど味がでるので、じっくり腰を据えて使い方を研究するのもお勧めですよ。

 

エクスパンションを見やすくしたい!って方は、下記を参考にどうぞ。

 

その他のトレード手法については下記でまとめているので参考にして下さい。

→ MACDを使うトレード手法まとめ
→ RSIを使うトレード手法まとめ
→ 移動平均線を使うトレード手法まとめ
→ 時間足別のトレード手法まとめ
→ 押し目買い・戻り売りを狙うトレード手法まとめ
→ ブレイクアウトを狙うトレード手法まとめ
→ プライスアクションを使うトレード手法まとめ

FX侍塾のご案内
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 順張り正義で逆張りは悪って本当?
  2. ナンピンのコツをトレード実例で解説
  3. RSIとボリンジャーバンドを使って15分足で10pipsを狙う

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP