ボリンジャーバンドのエクスパンションが分かるインジケーター4選

FX侍です、こんにちは。

今回は「ボリンジャーバンドのエクスパンションが分かるインジケーター4選」を紹介します。

いずれも無料インジケーターなので気軽に試してみて下さい。

BB-expansion

ボリンジャーバンドのエクスパンション部分だけを強調表示するFX侍オリジナルインジケーターです。

▼BB-expansionを表示したポンドドル15分足(クリックで拡大します)
BB-expansionを表示したチャート

特別凝ったインジケーターではありませんが、無いよりあった方が便利なやつです。
ボリバンは現在足ではピコピコ動くので、アラート機能はあえて付けてません。

ボリンジャーバンドの期間と偏差の変更ができます。
BB-expansionのパラメーター設定

色の変更はお好みでどうぞ。
BB-expansionの色の設定

ゴゴジャンにアップロードしているので、気になる方はお使い下さい。

→BB-expansionのダウンロード(新規タブで開きます)

Bollinger Bandwidth

Bollinger Bandwidthは、文字通りボリンジャーバンドの幅を表示するインジケーターです。

▼Bollinger Bandwidthを表示したポンドドル15分足(クリックで拡大します)
Bollinger Bandwidthを表示したチャート

サブウィンドウ形式はメインチャートの邪魔にならないので、好きな人も多いですよね。

エクスパンションを知るだけでなく、スクイーズ検知にも大いに役立ちます。

インジケーターのダウンロードや詳細な使い方は下記を参考にどうぞ。

00-BbAngle_v100

00-BbAngle_v100は、ボリバンに相場の勢いを加味したインジケーターです。

勢いが無い=黄色いドット
まぁまぁの勢い=黄色い実線
勢いがある=ピンクの実線

▼00-BbAngle_v100を表示したポンドドル15分足(クリックで拡大します)
00-BbAngle_v100を表示したチャート

厳密にはエクスパンションを拾うインジケーターではありませんが、相場の勢いとボリバンの形状を加味することでエクスパンションの信頼性の判断として活用できます。

まぁ要するに、ピンクの実線でエクスパンションしているのが理想という事です。

パラメーター設定では、MTF設定・ボリバンの設定・相場の勢いを判断する数値の細かな調整ができます。
特にこだわりが無ければ細かな設定はデフォルトでOKです。
00-BbAngle_v100のパラメーター

→00-BbAngle_v100のダウンロード(=ZIP形式)

bbsqueeze w Alert nmc

bbsqueeze w Alert nmcは、スクイーズを検知するインジケーターです。

こちらも厳密にはエクスパンションを拾うインジではありませんが、エクスパンション前のスクイーズを察知する使い方ができます。

▼bbsqueeze w Alert nmcを表示したポンドドル15分足(クリックで拡大します)
bbsqueeze w Alert nmcを表示したチャート

黄色のドットがスクイーズを示し、ヒストグラムは価格の方向性(モメンタム)を示しています。

パラメーターを見ると分かりますが、このbbsqueeze w Alert nmcはケルトナーATRチャネルとモメンタムを加味しています。
bbsqueeze w Alert nmcのパラメーター

 

スクイーズはボリバンの形状で判断しているのではなく、ケルトナーチャネルとボリバンの位置関係でスクイーズ(=低ボラティリティ状態)と判断しています。

▼bbsqueeze w Alert nmcのスクイーズ部分(クリックで拡大します)
bbsqueeze w Alert nmcを表示したチャート

ケルトナーチャネルの設定を変更することでスクイーズ検知の調整はできますが、よく分からない方はデフォルトで問題ないでしょう。

ちなみにケルトナーチャネルを使うトレード手法は下記で解説しているので、よければ参考にどうぞ。

 

このbbsqueeze w Alert nmcは、インジケーター通の人は「アレと似てない?」と思われるかもしれません。

そう、bb squeeze darkですね。

その気付きは正解です。
実はbb squeeze darkと中身は同じです。

▼bbsqueeze w Alert nmcとbb squeeze darkを表示したポンドドル15分足(クリックで拡大します)
bbsqueeze w Alert nmcとbb squeeze darkの比較

まぁどっちを使っても同じということですw

→bbsqueeze w Alert nmcのダウンロード(ZIP形式)

まとめ

ボリンジャーバンドのエクスパンションをブレイクアウトに活用したい人も多いでしょう。

特に欧州時間のブレイクをサクッと取れれば楽ですしね。

ただし「エクスパンション=ブレイク」という認識だけでは厄介な騙しに引っかかる可能性も大きくなります。
そこで下記で解説したダマシを避けるチャート形状は知っておいて損はありません。

 

今回のエクスパンションが分かるインジケーター以外にも、ボリバンの記事を見たい方は下記からどうぞ。

→ボリンジャーバンドに関する記事の一覧

ボリバンを突き詰めるだけでも多くのトレード手法となりますよ。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 買われ過ぎ・売られ過ぎが分かりやすいインジケーター
  2. 市場別に色分けするSessionsEXを活用したトレード戦略の練り方
  3. 高勝率のピンバーを見分ける方法と具体的なエントリー事例を解説
  4. 主要通貨の強弱が一発で分かるCCFpをトレードに活かす方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP