Instant Profit Scalperを使うスキャルピング手法

Instant Profit Scalperを使う鉄板スキャルピング手法

FX侍です、こんにちは。

今回は「Instant Profit Scalperを使うスキャルピング手法」を解説します。

リペイントせず、早めに転換を捉えてサイン通知する人気のインジケーターですね。

▼Instant Profit Scalperの基本ルール(クリックで拡大します)
Instant Profit Scalperの基本ルール

右下にトレンド方向が表示され、黄色が下降、ピンクが上昇というシンプル構成。
トレンドの切り替わりでアラート通知、メール送信が可能という利便性も人気の理由です。

Instant Profit Scalperを開発したのは、スキャルピングで著名なKarl Dittmann氏。
下記にSNSアカウントへのリンクを掲載しておくので、気になる方はどうぞ。

→Karl Dittmann氏のtwitterアカウント
→Karl Dittmann氏のフェイスブックアカウント

トレンドフォロー型サインとして優秀ですが、単一のチャートで使うのはお勧めできません。

Instant Profit Scalperが効果を発揮するトレード手法を解説します。

Instant Profit Scalperのスキャルピング手法の詳細

Instant Profit Scalperのスキャルピングは、マルチタイムフレームで上位足のトレンド方向に沿ったトレードが鉄板です。

海外のサイトでは、推奨は1分足・5分足・15分足で、1つ上の時間足も見ましょうというのが定説です。

しかしこれまでFX侍がInstant Profit Scalperを使ってきた中では、5分・15分・1時間の組み合わせがベストです。
ボラティリティが高くなり、トレンドが付きやすくなる欧州時間以降がお勧めです。

実際のチャートがこちらです。

▼FX侍がInstant Profit Scalperを使う際のチャート画像
FX侍のInstant Profit Scalperのチャート画像

画面左側から5分・15分・1時間足を順番に並べて、その時々で表示させる通貨ペアは変更します。

5分足のスキャルピングであっても、必ず1時間足の方向性は確認した方がいいです。
Instant Profit Scalperの表示ではなく、実際の1時間足の流れに沿ったトレードの方が楽ですので。

基本的にはInstant Profit Scalperのトレンド方向が全て合致した時にエントリーです。

しかしロット数の調整する事で、利益額を大きくすることができます。

・実際の1時間足のトレンド方向とInstant Profit Scalperのトレンド方向が合致→大きめのロット
・実際の1時間足のトレンド方向とInstant Profit Scalperのトレンド方向が逆 →小さめのロット

こうした調整は基本です。
要するに、本来の流れに順張りなら強気で、逆張りなら控えめにってことです。

Instant Profit Scalperの実際のトレード画像

下記は実際にInstant Profit Scalperでトレードした画像です。

株が終わる15時少し前にポンドドルが動き始めたので、買いエントリーしました。

▼ポンドドルでのエントリー事例1(クリックで拡大します)
Instant Profit Scalperでエントリーした際のチャート画像

資金の小さなテスト用口座でエントリーしたので、ロットが小さいですがw

チャートを見ていた時に上段ポンドドルの15分足が買い方向に変わり、全ての時間足が揃ったのでエントリーしました。

最大10pipsほど利益が乗りましたが、結果的にはトレーリングに掛かって5pips程で利確でした。
本来は下方向の流れの中でも逆張りなので、あまり引っ張ることはできませんね。

 

その後、再び買いチャンスが来たのでエントリーしました。

▼ポンドドルでのエントリー事例2(クリックで拡大します)
Instant Profit Scalperでエントリーした際のチャート画像2

15分と1時間は既に買い方向でしたので、状況的には5分足のトレンド転換待ちです。
しかし自分で引いたラインで反発したので、Instant Profit Scalperの転換より早くエントリーしていますw

この時、ポンドドルはこんな感じでラインを引いて見ていました。

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)
エントリーしたポンドドルの5分足チャート

一旦ブレイクした後の押し目買いですね。
ただし繰り返しますが、本来の流れの逆張りなのであまり粘れる場所ではありません。

その後のチャートを見てみましょう。

▼ポンドドルのエントリー後(クリックで拡大します)
Instant Profit Scalperでエントリーしたポンドドルのその後

最大15pipsほど利益が乗りましたが、結果的にはトレーリングに掛かって7pips程で利確でした。

利確後に大きく下げて行ったので、小さくても利確で正解でしたね。

本当は1時間足の本来の流れに沿ったトレードを掲載したかったのですが、タイミング的に逆張りトレードになっちゃいました(*´ω`*)

Instant Profit Scalperまとめ

Instant Profit Scalperは、既述の様にマルチタイムフレームで使うことで威力を発揮します。

ただし5分足のスキャルピングでも、1時間足のトレンドを見ておくのがポイントです。

ポンドドルのリアルトレード事例の様に、1時間足の本来の流れの逆張りではあまり利益は伸びません。

・実際の1時間足のトレンド方向とInstant Profit Scalperのトレンド方向が合致→大きめのロット
・実際の1時間足のトレンド方向とInstant Profit Scalperのトレンド方向が逆 →小さめのロット

こうした利益を伸ばす為の工夫が必要です。

そして利益を伸ばすだけではなく、利益を守る工夫も必要です。

・利益が5pipsほど乗ったらSLを建値に移動させる
・トレーリングストップも活用する

こうした細かな工夫によって、小さくコツコツ取ってトレンドが出た時に大きくドカンと取るInstant Profit Scalperの利点を最大限に引き出せます。

小さなpipsをスキャルピングで積み重ねてもよし。
トレンドに乗っかって大きな利益を狙うのもよし。

使いこなすには多少の慣れが必要かもしれませんが、無料で手に入るシステムでは非常に優秀です。

正直言ってあんまり詳細を教えたくないインジケーターなので、この記事はそのうち非公開にするかもしれませんw

ダウンロードは下記からどうぞ。
→Instant Profit Scalperのダウンロード

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. ピボットを活用した簡単なサポレジトレードのやり方を解説
  2. ラウンドナンバー手前での高勝率スキャルピング
  3. ロールリバーサルの優位性を利用した高勝率な逆張りエントリー事例
  4. 騙しの少ない最強の時間足である日足の転換点を使うトレード手法
  5. ピンバーが作られる工程の裏側を大衆心理と大口目線で考える

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP