FXトレーダーは待つのが仕事だけど、勘違いしてませんか?

FX侍です、こんにちは。

今回は勝てない初心者トレーダーに多い悩みを解消します。

FXトレーダーは(優位性の高いエントリーチャンスを)待つのが仕事

絶対に聞いたことがある有名な言葉。

ここまでは理解している人も多いと思いますが…
実はチャンスを待ってはいけない人もいます。

ここを勘違いしていると、稼げないトレーダーのままフェードアウトしてしまいます。

言ってる事は正しくても、鵜呑みにしてはダメな人もいるんです。

あなたが待っているチャンスは本物ですか?

FXを始めて間もない初心者の人が感じたチャンスって、高確率でチャンスじゃありませんw

これはFX侍の初心者時代を思い返しても同じことが言えます。

何となくチャンスと感じるタイミングを待ってエントリーするんですが、何かよく分からず適当に利確したり損切りしたり。
 

大事なのでもう一回言いますね。

初心者が感じたチャンスは、トンチンカンな場合が多いです。

 

待つべき優位性の高いエントリーチャンスってのは「質」に該当します。

質はもちろん大切ですが、最初っから質を求めてもダメです。

最初に必要なのは土台です。
分かりやすくいえば「数稽古」です。

あなたが今までやってきた仕事でも、スポーツでも、趣味でも同じですよね?

最初から質を求めてはダメ

例えば営業職で新入社員が来たとしましょう。

使えない新入社員のイメージ

こんな新入社員が来たらどう思いますか。

まずは現場に出て経験を積めよ!って思いませんか?

質を求めることは大切ですが、経験が伴っていなければ…ただの頭でっかちで終わります。

 

これはFXでも同じです。

勉強して知識をつけるのは大切です。
しかし頭で分かってるつもりでも、いざ実戦トレードとなるとできない事って多いですよね。

実際にポジションを持ってチキン逃げしちゃうドキドキ感、間違えて決済しちゃう操作ミス、騙しに遭ってテクニカルの限界を知るなど、色んな経験を積んでトレーダーとして成長していくんです。

まずは数稽古の中で確かなトレードスキルを身に付けるのが先です。
優位性の高いエントリーチャンスを待つのは、その後からです。

この順序を間違えてはいけません。

待つ事ができても、そもそも本当のチャンスが分からなければ、ただ時間だけが過ぎて行きますので。

で待ちくたびれて、折角チャート見てるんだからこの辺でエントリーしちゃえ!ってなるのが落ちですw

本物のチャンスを見つけるスキルを身に付ける

優位性の高いチャンスがまだ分からない人は、まずは数稽古が必要です。
多種多様なテクニカル分析の中で、自分に合うものを見つけましょう。

ぶっちゃけ、ある程度のレベルに達すればどんなインジケーターを使っても勝てるようになります。

ま、そこに行き着くまでは難易度は高いですがw

その過程で色んなブログを見たり、Youtubeを見たりしながら勉強してると思います。

でもここだけの話、日本のブログやホームページ、Youtube動画で勉強になるのはごく一部です。

無料でアクセスできる情報が多いために、それを取捨選択するスキルが必要です。
便利な時代の弊害ですねw

 

ちなみにFX侍のこのブログ。
無料で公開している内容で普通にFXで勝てるようになります。

ただしFX侍テンプレートやSindyをお使いの方と一般の読者様は区別しています。

無料公開している記事は断片的な情報になっていますが、体系的に落とし込めば普通に勝てるようになります。
そうした時間と手間をショートカットしたい方には、FX侍テンプレートやSindyをお勧めしています。

FX侍テンプレートを使えば、下記のように優位性の高いチャンスが見分けられるようになります。

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
ユーロドル15分足でのエントリーチャンス

ま、上記以外にも色々とチャンスはあるんですけどね。

明確なエントリー根拠が見える化されているので、具体的にどこまで待つのかが分かります。

FXトレーダーは待つのが仕事ってのは、このレベルに到達して通用する考えです。

 

欧米の大口が用いるテクニカル指標を組み込んだFX侍テンプレートの詳細は、下記をご覧下さい。

 
数百億を運用するファンドのトレードロジックを組み込んだSindyの詳細は、下記をご覧ください。

どちらもFX侍のトレードの根幹となっている手法です。

・経験を積みながら優位性の高いチャンスを見極められるレベルに早く到達したい
・一般読者様とは異なる特別扱いをFX侍から受けたいw

こういった方からのお申し込みをお待ちしてます。

チャートの見え方が変わるので『待つのが仕事』って意味が腹落ちしますよ。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. トレードスタイルによって異なる見るべき時間足の組み合わせ
  2. 欧州勢とアメリカ勢が入り乱れるNY時間の戦い方と注意点
  3. トレンドが出にくい東京時間は大きく動く仲値に注意
  4. テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどっちが大事?問題にビシッと回答
  5. テクニカル分析の限界と円売りが起きた原因のヒント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP