FXの勝ち方が分からない人に必要なたった2つの要素

FXの勝ち方が分からない人に必要な2つの視点

FX侍です、こんにちは。

今回は「FX初心者で勝ち方が分からない人に必要な2つの視点」をお教えします。

それは『方向性』『反発ポイント』です。

ぶっちゃけ…
このたった2つの視点をしっかりと理解するだけで、成績は大きく変わります。

勝てるトレーダーがどんなチャートでも勝てるのは、2つの視点をマスターしているから。
逆に勝ち方が分からない初心者は、どちらかのスキルが圧倒的に不足しています。

勝つ為のポイント1:方向性(トレンド)を見る

方向性(トレンドの向き)を見極めるスキルがFXで勝つために必須です。
FXで勝ち方が分からない人は、まずはこのトレンド判別のトレーニングをお勧めします。

方向性さえ間違っていなければ、エントリーした位置が下手くそでも含み損に耐えていれば、最終的にはトレンドが助けてくれます。

極論ですが、この精度が高ければ負けません。

▼ユーロドル1時間足(クリックで拡大します)
高値掴みをしても上昇トレンドが助けてくれる事例

裁量トレードだけではなく、自動売買(EA)でも核となるのは「トレンドを見極めるフィルター」です。

つまり方向性を見定める事が、FXで重要なウェイトを占めます。
トレンドフォローができているなら、最低でも勝率70%以上は出ます。

この方向性(トレンド)を見るのが、環境認識と言われるチャート分析に該当します。

 

環境認識のやり方は色々ありますが、一般的なのは長期足の分析です。

ただし環境認識のやり方は人それぞれに個人差があっても問題ありません。
要は方向性を見極めるのが目的なので、手段は色々あっても良いんですよね。

下記のように、執行足の縮尺を小さくして全体の流れを見ても全然OKです。

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)
全体の流れを見るために縮小表示したユーロドル15分足チャート

重要なのは「どうすれば優位性の高い方向性を正しく見極められるか?」という点です。

その目的が果たせるなら、どんなチャートを見ても構いません。

移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリック、平均足、MACD、通貨強弱…など色々ありますが、自分がトレンドを見極められるテクニカルであれば何でもOKです。

方向性を間違えなければ、クソポジも助かる可能性は高いです。
※損切りしなければ助かる!とは意味合いが違うので勘違いはしないようにw

勝つ為のポイント2:反発ポイントを知る

買いと売りのどちらに優位性があるか方向性を見極めた後、押し目買い・戻り売りする場所を探ります。

大局の上昇トレンドに乗る押し目買いでも、実際にエントリータイミングを図る5分足などでは下落中に買いを入れる形になります。

どこで反発して上位足のトレンドに戻っていくか?
押し目買い・戻り売りに適したポイントを短期足で探ってエントリーします。

押し目買いのイメージ

反発ポイントを探る精度が高ければ、押し目買い・戻り売りのチャンスが増えるだけでなく、ポジションを建てた直後から含み益が増えていくようになります。

 

ただし押し目買い・戻り売りが苦手な人が多いのも事実。
その理由は、上位足に対してトレンドフォローの順張りでも、短期足では逆張りのように感じるからです。

上位足の大局のトレンドと短期足の短期トレンドの違い

この感覚の差が分からず、短期足で下がっているから売りだ!というのはFX初心者あるあるですね。
大局のトレンドに逆張りなので、高確率で失敗する逆張りのパターンです。

具体的な反発ポイントって?

反発ポイントとは、いわゆる「サポレジ」です。

上昇トレンドであれば、サポートで買いが入って反発し、大局のトレンドに戻っていきます。
(下降トレンドであればレジスタンスで売りが入るので反発して、更に下落していきます)

サポレジのイメージ
方向性を見極めて、反発ポイントとなるサポレジでエントリーすれば、FXで負けることはありません。

というか、それがFXで最も楽な勝ち方です。

このサポレジとなる場所を探すために、様々なトレード手法が存在します。

下記にいくつか当ブログ内の参照記事を載せておきます。
移動平均線を活用した押し目買い・戻り売りだけでなく、バンド状のカスタムインジケーターを使う方法もあります。

 
まぁ、ここに載せた以外に本当に使えるサポレジがあるんですが、それはFX侍テンプレートをお使いの方だけの秘密です。

まとめ

FXの勝ち方が分からない人は、『方向性』『反発ポイント』を見極めるスキルを付けましょう。

まず大切なのはこの2つです。

自分がFXを勉強する際には「どちらの知識を学ぼうとしているのか?」を考えると、吸収効率が変わります。

ただ、大半の勝てないトレーダーは、方向性(トレンド)を見るスキルが欠けています。
ここを徹底的に磨くことで、エントリーが下手でも負けにくいトレードになります。

ダウ理論の概念は、トレンド判断に必須なので覚えておきましょう。

 

反発ポイント(=サポレジ)を知る方法は、様々なトレード手法を学ぶことで引き出しが増えていきます。

世の中には無数にトレード手法があるので、その中から『再現性があって自分でも真似できる手法』を取り入れて練度を上げましょう。

そういう試行錯誤をびゅーんとショートカットしたいのであれば、FX侍テンプレートをお勧めします。

え…ナニコレ、ずるい…
今までの苦労は何だったんだ…

ってぐらい反発ポイントがびしびし当たります。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. FX侍公式Youtubeチャンネル
  2. デイトレードで見るべき時間足の組み合わせを実例を用いて解説
  3. 1日20pipsで1億円に到達するのは1年半後
  4. FXで負けてばっかりの人のイメージイラスト
  5. FXで勝てない多くの人に欠けているあるスキル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP