日足で20~30pipsを狙う朝5分で抱いて!手法

日足で20~30pipsを狙うトレード手法(朝5分で完結)

FX侍です、こんにちは。

今回は「朝5分で完結する日足を使うトレード手法」をシェアします。

スマホでもOKなので、早起きの会社員や主婦にピッタリです。

それほどトレードチャンスは多くありませんが、そこそこ簡単に20~30pips勝てるのでお小遣い稼ぎにはいいかと。

 

この手法は「朝5分で抱いて!」という名前のトレード手法です 照

朝5分で抱いて!手法のイメージ
 

名前はふざけてますが、内容はちゃんとしてるのでご安心下さいw

インパクトがあるので、もう覚えましたね?

朝5分で抱いて!手法のクイズ

まずはちょっとクイズを出します。

下記のポンドドル日足チャートで20~30pipsほど取れそうな場所はどこでしょう?

ポンドドルの日足チャート

いきなりのクイズで難しいかもしれませんね。

ちなみにヒントは手法の名前に隠されています(*´ω`*)
別に適当な名前を付けてる訳じゃないんですよw

では次のユーロドルの日足ではどうでしょう?

ユーロドルの日足チャート

じゃあ回答を出しますね。
(最初から出せよw)

ポンドドルは下記の通り。
1ヶ所は負けかチャートを見てれば同値撤退ぐらいでしょうかね。

ポンドドル日足での朝5分で抱いて!手法

ユーロドルはチャンスが少なく、1勝1負ですね。

ユーロドル日足での朝5分で抱いて!手法

何となく漠然とでもイメージが付いたでしょうか?

では手法の詳細を解説します。

朝5分で抱いて!手法の詳細

では朝5分で抱いて!手法の詳細を解説します。

日足のローソク足が下記のようになったら手法の発動です。

朝5分で抱いて!手法の詳細

FX侍は包み足って言いますが「抱き足」とも呼ばれるローソク足形状なので「朝5分で抱いて!」という名前になりましたw

朝5分で抱いてるか確認して20〜30pipsを取る手法って事です。

冬時間7時(夏時間6時)に前日のローソク足が確定するので、その少し後で日足をチェックすればOK。
陽線で包んだら買い、陰線で包んだら売りです。

スマホでもできるので朝ご飯を食べながら、通勤電車の中でもトレードできちゃいます。

まぁ余程の動きがない限り、日足の確定前でも条件が整っていたらエントリーしてもいいですね。
エントリー後はTPとSLを入れて放置するだけなので簡単です。

 

実際のポンドドルのチャートで解説すると下記のイメージです。

▼ポンドドルでの朝5分で抱いて!手法の解説
朝5分で抱いて!手法のチャートでの解説

手法の内容さえ分かってしまえば簡単ですね。

もう少し縮小したチャートで見ると、朝5分で抱いて!手法はこんな場所で使えます。

▼朝5分で抱いて!手法が使えるポンドドルの場所
ポンドドルでの朝5分で抱いて!手法

毎日チャンスが来る訳じゃないので、複数の通貨ペアをさくさくチェックしましょう。
ただしボラのないドル円とかドルスイスは避けた方がいいですね。

 

朝5分で抱いて!手法の注意点

陽線で包んだ翌日に陰線となっても、20~30pipsぐらいなら日足のヒゲで利確されるケースも多々あります。

つまり方向性が変わったとしても、日足のノイズで十分に逃げる余地があるのが特徴です。

ただし以下のような注意点は抑えておきましょう。

・エントリーして2日経っても利確できなければ建値か微益で逃げるのが推奨
・実体の無いコマ足のようなローソク足を包んでも信頼性は低い

要するに…「方向性が出ずにレンジになったら逃げる」「日足の流れを打ち消すローソク足でなければ確度が低くなる」ってことです。

まとめ

日足を使うトレード手法はチャンスこそ少ないですが、それなりの精度が担保できるのが特徴です。

サブ的な手法でお小遣い稼ぎには結構役立ちます。

ご自身で過去検証してみると「意外と行けるな…(・∀・)」って感触を掴めるはずです。

下記でも日足のトレード手法を解説しているので参考にどうぞ。
今回の朝5分で抱いて!手法と通ずる部分があります。

 
サブ手法じゃなくてメインで使えるトレード手法が欲しい!という方は「アプロス」をお勧めします。
ただのサインツールと思うでしょうが、マニュアルの中身がドロドロに濃くなってますw

特に「トレンド判断マニュアル」は裁量トレードにも大いに役立つ内容になってるのでお勧めです。

サインツールアプロスの紹介
FX侍テンプレートの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 15分足スキャルピングForexSmartScalper
  2. 3本の移動平均線とMACDだけの簡単トレンドフォロー手法
  3. ゴールドのトレード実例で両建て・ナンピンの使い方を解説
  4. 業界の呪縛から抜け出すMTF分析のいらないトレード手法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP