超絶シンプルな押し目買い・戻り売り手法

超絶シンプルな押し目買い・戻り売り手法

FX侍です、こんにちは。

今回は海外で紹介されていたトレード手法をシェアします。

考案者はロイターやブルームバーグにも寄稿しているトレーダーですね。

超絶シンプルな押し目買い・戻り売りのトレード手法なので、これをベースに自分でブラッシュアップするのもOKです。

 

チャートはこんな感じ。

▼ドルキャド1時間足(クリックで拡大します)
超絶シンプルな押し目買い・戻り売り手法のチャート

SMA3本とストキャス5-3-3で短期だけ表示してます。(MT4で言うとメインだけでシグナルは非表示)

通貨ペア:特になし
時間足 :1時間足以上(特に記載はありませんでしたがFX侍的な推奨)

推奨時間足についての記述は原文にはありませんでしたが、シンプルな手法はできるだけ大きな足の方が通用しやすくなるので1時間足か4時間足ぐらいがお勧めです。

では手法の詳細へ。

 

ある程度の経験がある人なら、チャートを見るとだいたい想像できるでしょうがw

 

超絶シンプルな押し目買い・戻り売り手法の詳細

売りを事例にエントリー条件を解説します。

・SMA200>SMA100>SMA50の順にパーフェクトオーダーになる
・SMA100に絡む戻しが起こる(SMA100を抜けてもOK)
・ストキャスが買われ過ぎから戻す

▼売りのエントリー事例(クリックで拡大します)
超絶シンプルな押し目買い・戻り売り手法のトレードルール1

 

SLはエントリー場所近辺の高値の上、TPはリスクリワード1:3の位置に。
(海外はリスクリワードで管理する手法が多いですねw)

▼TPのSL(クリックで拡大します)
超絶シンプルな押し目買い・戻り売り手法のトレードルール2

SMAの並び順でトレンドを見てフィルターに。
戻しの位置をSMA100とし、エントリートリガーにストキャスを使うってだけです。

当然トレンド終盤で負ける事もありますが、損小利大なのでそこまで勝率が高くなくてもプラスになるのが特徴です。

 

下記はオージードルでルール通りにトレードした事例です。

▼オージードル1時間足(クリックで拡大します)
オージードル1時間足

6勝3敗の勝率66%でもプラスになっていますよね。

面倒なので細かくpips数は調べていませんがパッと見でプラスになってるのはわかります)

 

勝率アップの工夫や注意点

下記はポンド円1時間足です。

▼ポンド円1時間足(クリックで拡大します)
ポンド円1時間足

トレンドの状態によってはSMA100まで押しや戻しが来ない場合も当然あります。

条件が揃わない場合は潔く見送って他の通貨ペアを探すか、プライスアクションなど自分なりのエントリートリガーを用いるといいでしょう。

トレンド時は下記で紹介しているASCTrendなんかも相性はいいです。

 

また、TPはSLの3倍ですが決してルール馬鹿にならず、利益を伸ばす・守るという少しの工夫で成績は大きく変わります。

・ある程度の含み益が乗ったらSLを引き上げて勝ち確定にしておく
・高値(安値)を抜けてトレンドが継続するなら引っ張ってみる

利益を確保するのは簡単なのでマストですね。

利益を引っ張るなら下記で解説しているように、複数エントリーで1本はルール通りのTPで利確して、残り1本を伸ばすのが楽なのでお勧めです。

ファンダメンタルの後押しがあるとトレンドはどんどん伸びていくので、そうしたチャンスに乗れると1回のトレードで大きなリターンになりますよ。

 

まとめ

この手法はセミスイングぐらいの感覚で、多少負けることはあっても取れる時にがっぽり取る、と言うスタイルがこの手法に合っているような気がします。

ちなみに当たり前の話ですが…
昨今の円のように長期間に渡って続くトレンドの裏にはファンダメンタルの要因が潜んでいます。

そうした相場観も組み合わせながら通貨ペアを選ぶのも、大きく利益を伸ばすポイントでもあります。

ルール通りでもある程度の結果は残るでしょうが、自分なりに頭を使う余地を入れた方が面白いですよね。

コツコツ負けないトレードに終始しながら取れる時にドーンと取る。

この考えはデイトレにも言えることですが、スイングにも取り入れるといいですよ(・∀・)

 

当ブログではあなたからのトレード手法の投稿もお待ちしております。

詳細は下記をご覧ください。

当ブログでしか手に入らないトレード手法
EA小次郎の詳細

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 5分足以上で使える高勝率トレンドフォロー手法
  2. 30分足以上でお勧めの簡単デイトレード手法
  3. ブレイクアウトを狙うトレード手法まとめ
  4. ケルトナーチャネル+RSIの手堅い逆張りスキャルピング
  5. 簡単すぎるMA ribbonのトレード手法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP